2019年02月15日

この時になぜ?! 日韓友好を叫ぶ理由、それは可能なのか 《徳野会長》



190215 84moon_web.jpg


最近の韓国と日本の関係は、
相容れない溝ができているようですが──

私たち家庭連合では祝福結婚によって
多くの韓国人と日本人の家庭が誕生していて、
現在韓国には、7千組、
日本には、2千600組が生活しているといいます。

ちょっと前になりますが、昨年秋に行われた
韓日・日韓家庭特別集会において
徳野会長が語られたみ言の一部を紹介します。


「怨讐を愛する」という精神で、日韓の友好親善一体化の促進に
もっと努力していく必要があります。

この問題については、日本人の立場から話しても限界があり、
韓国人の立場から話しても同様に限界があります。

私自身、次のような実体験があります。


韓国から平和大使たちを迎えたときのことです。
 
(前述のように)私は、真のお父様を中心とする集会での経験から、
日本の歴史的罪の重さを不足ながらも自覚しているつもりです。

それで韓国から来日した平和大使たちの前で、
「日本の歴史的な罪に対して本当に申し訳なく思います」と言って
深々と頭を下げたのです。

彼らは感動し、心の底から喜んでくれました。
「こんな日本人がいる。
やはり文鮮明先生が教育して育てた団体の責任者は違う」と。
 
その場に日本のVIPたちも参加していました。
その人たちは基本的に反共主義者です。裏を返せば、
どちらかといえば考え方が保守的で愛国心の強い方が多いのです。
私が頭を下げる姿を見て、
逆に日本のVIPたちから不信や不満の声が出たのです。
 

この例に見られるごとく、私が日本人の立場で発言し、行動しても
天のみ意にかないません。
また韓国人の立場で発言し、行動したとしても、天のみ意にかなわないのです。

もつべきは「天一国の民」という観点、すなわち天一国の民という
人生観、人間観、世界観です。
日韓の壁を越えたグローバリズム、
真の父母様を中心とした「人類一家族」の視点です。

真の父母様を中心として、私たちはみな兄弟姉妹であり、一つの家族です。

そのような次元に立たない限り、同じ食口、同じ祝福家庭といえども、
日韓、日米といった民族の壁を越えることは簡単ではないと理解しています。

皆様が日本人の対象者やVIPを渉外し、教育していくうえで、
このような視点が必要だと思われます。

『祝福家庭』91号(2019年冬季号)読みどころ紹介
講話・徳野英治会長
「日韓一体、南北統一の架け橋に」
2018年韓日・日韓家庭特別集会のみ言より


掲載されている『祝福家庭』を読むと、お父様やお母様、
ご子女様の証し、分派問題など、
分かりやすく興味深いお話をされています。

最後は、南北統一や現在の反日問題に触れ、
韓日・日韓家庭の使命について、
「韓国文化の宣教師」そして
「真の父母の宣教師」になってほしいと〆られています。


日本と韓国は、今恩讐の思いが噴き出ています。
報道を見ると、どちらかというと韓国の方が多いような。。。

それは、1919年3月1日に行われた独立運動、
ちょうど100周年がもうすぐ近づいているからなのかも知れません。

前にも書いたと思いますが、
やはり、愛国心が強ければ強いほど、
他国に対して、敵対の思いが強くなるような気がします。

路傍伝道をしていると、
私たちを韓国人だと
「お前たちは韓国へ帰れ!」
そのような罵倒を浴びせかけられることがあります。
本当に悲しいです。

当然日本人ですから、日本を愛しています。
しかし、それと同時に韓国も愛しているのです。

お父様は恩讐の国同士の交叉祝福をしてくださいました。
日韓、韓日家庭のカップルが、世界で一番多いのが、
家庭連合のカップルであるに違いありません。

平和を愛する「世界人」を目指している私たちです。
その方たちを中心に、日本と韓国の架け橋になり、
未来志向の関係を築いていけるように、
これからも努力していかなければ、と思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

神様の次に感謝すべき人は?! 誰かの犠牲の上で、今の私たちがある!! 《金元弼先生》



new_AK005.jpg


名医とは、
たくさんの人を
犠牲にしたということが前提になる。



金元弼(ウォンピル)先生の『伝統の源流』
今回は、「犠牲の上にある今の私」です。


皆さん、先生のことを考えてみましょう。

韓国の元老の牧師さんたちが、先生を訪れました。
その時、先生は彼らに、
「実を言えば、あなたと私は敵です。
あなたは私に反対して、韓国から追い出そうとしました」
とお話ししました。


ヤコブには十二人の息子がありましたが、
十一人の兄弟はヨセフを殺そうとして追い出しました。
ところが殺そうとしたヨセフが総理大臣となってから、
彼らはヨセフの所へ来て謝りました。
ヨセフは、自分を殺したのと同じ立場のその兄弟を許しました。

なぜ許すことができたのでしょうか。
それはヨセフが親に侍らなければいけないはずなのに、
彼がいない時に、兄たちが侍ってくれたというところを見て許したのです。


ユダヤ教とかキリスト教が、先生に反対しました。
それと同じです。

しかし、先生はどのようにして愛する心をもたれたのでしょうか。

統一教会をなくそう、滅ぼそうとし、
先生を追い出そうとしたことは、許されるものではないのですが、
6000年の歴史を通じて、ユダヤ教とキリスト教が
神を支えてこなかったならば、どうなっていただろうかと考えるときに、
許すことができるというのです。


ですから自分を中心としないで、あくまでも神を中心としてこそ、
許しの心が出てくるのです。

ただ漠然と、「愛さなければいけない、愛さなければいけない」
というのでは駄目なのです。

「なぜ兄弟を愛さなければいけないのか」
「なぜ人々を愛していかなければいけないのか」
そういう心をもたないと、許しの心をもつことはできないのです。


皆さんが、過去を振り返って
「私はたくさんのことを習い、悟りました」と言えるようになるまでには、
それぐらいたくさんの人を傷つけたお陰だということを忘れてはなりません。

もし、先生が私の代わりにチームを指導したならば、
あのようにしなかったはずなのに、と考えるだろうと思います。
それはいいことです。


これをもっと分かりやすく、印象的にするために、名医の話をしましょう。

ある人が医学大学を卒業しました。
彼はお医者さんになって患者を診るようになり、
学校で習ったとおりに人を診断し、治し始めました。
最初はよく分からないところがあって、学校で習ったとおりにやりました。
ところがかえって効果がなく、患者は非常に苦しみました。
それでもう一つのことを試みましたけれども、また駄目でした。

このようにして彼は、いろいろな経験を積みました。
それから後は、人をよく診断して治すようになったのです。
それで彼は、名医と呼ばれるようになりました。

名医とは、たくさんの人を犠牲にしたということが前提になるのです。
お分かりですか。

名医になった人は、まず誰に感謝しなければいけないのでしょうか。
自分でしょうか、自分を教えた先生でしょうか。
もちろん、そうでしょう。

しかしそれよりも前に、自分のために犠牲になったたくさんの人たちに、
感謝の気持ちを返さなければいけません。
悟るとは、人を犠牲にしてできるものなのです。



とても深いみ言ですね。。。
今、自分の置かれている人間関係において、
何かその人を理解できない状況に直面した時、
まずは、「神様がその人をどう見ているのか」
そのことを先立てていかないといけないな、
そう思わされました。

今も自分の姿を見れば、足りないと思うのですが、
もっと若いときのことを考えると、
「あの時、このように話していれば・・・
こういう風に、講義をしていれば・・・」
そんな悔いが多く出てきます。

ですから、金元弼先生の語られるように、
昔出会った人たちに感謝の念を捧げたいと思いました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

独生女が、世界の頂上に進言! 「この道(真の家庭運動)しかない!」 【WorldSummit2019SEOUL】



190213 20190208.jpg


先日ソウル・ロッテホテルで行われた
ワールドサミット開会式および世界平和頂上連合創立式。

韓国と世界の頂上に語られた、真のお母様のみ言です。


今日私たちは歴史的な新しいミレニアムの、
希望に満ちた未来、世界平和のために
これ以上遅らせることのできない
核心の位置に立っています。ここに集まった
皆様は、この時代が望み未来が望む先駆者です。

今日世界で起きている多くの問題は、
歴史において反復され悪循環が続いています。
人類は平和な世界を願ってきましたが、
そのような結果を迎えることができずに、
今日もそのような勝利のひとときを願っているのです。

皆さんは分からなければなりません。
この宇宙の主人であられる創造主、
神様の本質を分からなければなりません。

一言でいえば、今日の人類は神様とは距離が遠いのです。
歴史を通じて多くの義のある人々、
宗教指導者が努力して来ましたが、神様の本質が
分からなかったために彼らの夢は成就しませんでした。



神様は私たちの真の父母です。父母を知りながらも
父母の前に進み出ることができない人類に
なってしまいました。この誤った歴史を正しく直して
天の摂理の本質を語って下さることのできる人は、
ただ人間として勝利したメシヤだけです。

イエス様がまた来て小羊の婚宴をすると言われました。
それは何を意味しますか。
人類の真の父母になるということなのです。
それならば、2000年前に誕生することが
できなかった、独り娘を探さなければなりません。

今年はこの国の独立のために、3.1運動が起きてから
100周年を迎える己(つちのと)(い)の年です。
私たちの義なる先祖たちが、この国の独立のために
多くの犠牲を払いました。

この韓民族は天の摂理の完成を成すことのできる、
独り娘を誕生させた民族になったことを、
皆さんは知らなければなりません。

私は摂理が分かるので、1960年に真の父母の位置に
進んでいきました。キリスト教が真の父母の環境圏に
なっていれば、既にずいぶん前に人類が念願し天が
望まれた人類一家族の夢が成就していたでしょう。
しかし真の父母であるために、どん底から出発しました。

人類を天の父母様の血統に切り替える役事と摂理が、
皆さんが知っている家庭連合の祝福結婚です。
祝福結婚をすることでサタンと関係なく族譜が変わり、
天の父母様の本来の血統であると認められるのです。
その奇蹟のような祝福がなされたのですが、
未だに「灯台もと暗し」ではいけないでしょう。



皆さんは、特に前・現職首班の方々は、ひとつの国を
指導する方々です。健康な国と言われるためには、
国民の家庭が健康でなければなりません。
ですから家庭連合は健康な家庭を強調します。

この運動が、全世界の五大洋六大洲に広がっています。
特に昨年1年の間に、アフリカ大陸で奇蹟のような
多くのことが起りました。

ひとりの義なる国会議員がこの国へ来て、
真の父母様の誕生を知りました。そして誓いました。
その国はイスラム国家であるセネガルです。
何の宣教基盤もなかったその国に行き、
私は大統領に会い頂上会議をしました。

これが人間の力だと思いますか。
天がどれだけ人類を息子娘として抱きたかったのか、
キリスト教基盤のある数多くの国々に反して、どうして
そのようなイスラム国家で、愛を伝えたのでしょうか。

人類は今、答を得ました。

今は故人になった父のブッシュ大統領は、在任時に家庭
の価値を強く教育することができなかったことが恨に
なると語りました。私が1995年日本で真の家庭運動
の大会をした時も、共に講演してくださいました。

この真の家庭運動だけが、今日世界いたる所で起こる
すべての問題を解決することのできる道なのです。
それで私は世界を巡回し、多くの事をしました。
天は私に義なる予言者たちを送ってくださいました。



天の父母(神)様の事情を76億人類が分かるように
しなければなりません。

ここに集まった頂上の皆様は
故国に帰ったら、国家のメシヤになってください。

これ以上戦争と葛藤がない平和な世界を成す道は、
私たちが天の父母(神)様に侍り、真の父母の教えで
人類一家族になることです。すべての国々は天の父母様
の前に真の兄弟として一つにならなければなりません。
それでこそ、天の父母様が望む地上天国になるのです。



私はこの民族に願います。これ以上「灯台もと暗し」の
光を見ることのできない民族になってはいけません。
天が祝福したこの国です。

私たちは過去、イエス様に侍ることができなかった
民族に対する歴史を見ました。それならば
この民族が進まなければならない道は何でしょうか。
南北統一も良いです。
しかしこの民族がしなければならないことは、
天の父母(神)様に侍る道が優先です。
今日参加したこの国の為政者たちは反省して下さい。

「先のものが後になり、後のものが先になる。」
と言われました。
イエス様が十字架に掛けられる時、
天国の門の鍵をペテロにくださいました。
それは何を意味しますか。誤った地上において
解決しなければいけない、ということです。

それなら今日皆さんは、天の摂理の前に、真の父母様の
顕現について、真の父母様のみ言と一つになって生きる
人生を過ごさなければなりません。

この道だけが永存される天の父母様に侍り、
人類が永存する道であることを肝に銘じ、私とともに
天の父母様に侍る人類一家族の平和世界を成して行く
ことを、懇切に願い祝願いたします。


World Summit2019 開会式および世界平和頂上連合創立式
真のお母様のみ言
天一国7年 天暦1月4日(陽2019.2.8)
蚕室ロッテホテル 3階 Crystal Ballroom
これは、み言の抜粋・要約であり、詳細は下に掲載します。
文責:ten1ko2


お母様のメッセージ、本当に素晴らしいですね。
現職・前職の大統領、国家元首を始め、
多くのVIPの前で堂々とみ言を宣布された真のお母様でした。

この中で、クリスチャンの方も多くおられたと思います。
そういう人たちの前で、キリスト教が失敗した、
さらには、独り娘、のみ言を語られた真のお母様。。。

耳痛く感じた人もいたかも知れません。
しかし、お母様のみ言を素直に聞いた方もいたことでしょう。
そういう方たちが「国家メシヤ」として実践してくだされば、
天運が到来する、ということを確信いたします。

「灯台もと暗し」と二度も語られた真のお母様。
韓国に対してのみ言かとは思いますが、
私たちも同じです。
貴重な今この時に、天が願う歩みをすることが、
国を、世界を動かす土台になることを信じて、
歩んでいきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


World Summit2019 開会式および世界平和頂上連合創立式 真のお母様のみ言

尊敬する内外貴賓の皆様、特に前職・現職の首脳と各界指導者の皆様、平和大使、
そして世界平和国会議員連合の会員の皆様、歓迎します。
今日私たちは歴史的な新しいミレニアムの、希望に満ちた未来のための、
世界平和のためにこれ以上遅らせることのできない核心の位置に立っています。
ここに集まった皆様は、この時代が望み未来が望む先駆者であることに
間違いありません。

今日世界で起きている多くの問題は、歴史において反復され悪循環が続いています。
人類は平和な世界を願ってきましたが、そのような結果を迎えることができずに、
今日もそのような勝利のひとときを願っているのです。
皆さんは分からなければなりません。

この宇宙の主人であられる創造主、神様の本質を分からなければなりません。
神様はご自身の形象に似せて天地万物を創造され、最後にご自身の夢を成し得る
人間を創造されました。男と女でした。

彼らには成長期間に責任を果たすことのできる機会を与えました。人間始祖は絶対的に
神様とひとつになり、ひまわりのような姿で成長しなければならなりませんでした。
しかしそのようにできませんでした。人間始祖の時ならぬ時の欲心によって、
創造主神様とは関係のない立場に今日の人類がいるようになったのです。

一言でいえば、今日の人類は神様とは距離が遠いのです。
人類歴史を通じて多くの義のある人々、宗教指導者が努力して来ましたたが、
神様の本質が分からなかったために彼らの夢は成就しませんでした。

神様は私たちの真の父母です。父母を知りながらも
父母の前に進み出ることができない人類になってしまいました。
そのために全知全能であられ、始まりと終りが同じで永存される天の父母様は、
ご自身が立てられた創造原則において人間に責任をくださったために、
人間の中で勝利した「私の息子だ、娘だ」と言える人間を探し出すまで、
願わなかった救援摂理歴史をせざるを得ませんでした。

それが4000年という悠久な歳月を通じてイスラエル民族にイエスキリストを
送って下さいました。しかし悲痛にもイスラエル民族はもちろん、
イエス様を誕生させたマリアまでもイエス様の本質が分かりませんでした。
どうして4000年という悠久な歳月を通して誕生させたイエスキリストが、
十字架の聖血で救援を得ることができると話すことができるでしょうか。

十字架につけられながら「また来る」と言われたイエスキリストを待ちながら、
聖霊の役事で使徒たちによってキリスト教が始まります。
しかし 2000年の間歴史が流れて来ながら多くの過ちを犯し、多くの問題を作りました。
神様に侍るキリスト教が、神様が死んだと言う共産主義が出てきました。
この誤った歴史を正しく直して天の摂理の本質を語って下さることのできる人は、
ただ人間として勝利したメシヤだけです。

今日までも世界のいたる所で多くの義のある人々が平和な世界に憧れながら、
死を覚悟しても出てきています。
ところで大きい国であれ小さな国であれ、主人がいません。
宇宙の主人となられる創造主神様が私たちの真の父母になるという、
天の父母様に侍る運動をしなければならないのです。

特別にこの国は、天が選択し祝福した国であることに間違いありません。
イエス様が十字架に帰りながら「また来る」と語られました。
また来て、小羊の婚宴をすると言われました。
それは何を意味しますか。人類の真の父母になるということなのです。

それならば、キリスト教文化圏で2000年前に誕生することができなかった
独り娘を探さなければなりません。
天が選択して準備した民族がそのみ旨を奉ずることができなくなった時には、
蕩減が残るようになります。
私たちは歴史を通じて、イエス様を十字架に追い払ったイスラエル民族が
どのような蕩減を受けて来たのか、私たちは知っています。

祝福は責任を伴います。
今日この韓民族もまた、天の摂理を分かり責任を果たすことのできる位置に
立たなければなりません。この民族は、長い歴史を通じて一回も
外勢に侵略を受けなった時期がありません。
戦争が嫌いで平和を愛する民族だったために、そのような苦痛がありました。

今年はこの国の独立のために、キリスト教の民族主義者と学生たちによって
3.1運動が起きてから100周年を迎える己(つちのと)亥(い)の年です。
私たちの義なる先祖たちが、この国の独立のために多くの犠牲を払いました。
先ほども話したように、この韓民族は天の摂理の完成を成すことのできる
独り娘を誕生させた民族になったことを、皆さんは知らなければなりません。

1943年に私が生まれました。1945年にこの国が解放されました。
そして1950年にこの国は6.25動乱を迎えました
その時の状況は南北に割れ、民主と共産に分けられました。
ところで南韓の民主主義は体制を整えることができなかった状態で
6.25動乱が起きてしまいました。それでどうなりましたか。
南韓の民主主義が残ることができない状況になりました。

神様は創造原則において、人間には成長期間を与えられました。
1943年に生まれ、摂理の完成を見なければならない独り娘が、
ある程度成人になるまで天は保護しなければなりませんでした。
それで奇蹟のようにUN16ヶ国の勇士達が聖戦で血を流したのです。
どれ程有難く感謝すべきことだったでしょうか。

しかし天の摂理が分からないこの民族は、その有難みをどれだけ悟ったのか分かりません。
しかし私は摂理が分かるので、1960年に真の父母の位置に進んでいきました。
キリスト教が真の父母の環境圏になってくれていれば、既にずいぶん前に
人類が念願し天が望まれた人類一家族の夢が成就していたでしょう。

しかし真の父母であるために、どん底から出発しました。
本来天の息子、娘にならなければならない人類でしたが、堕落によって
神様の息子、娘になることができませんでした。
そのような人類を天の父母様の血統に切り替える役事と摂理が、
皆さんが知っている家庭連合の祝福結婚です。
祝福結婚をすることでサタンと関係なく族譜が変わり、
天の父母様の本来の血統であると認められるのです。
その奇蹟のような祝福がなされたのですが、
未だに「灯台もと暗し」のようになってはいけないでしょう。

今日集まった皆さんは、特に前・現職首班の方々は、ひとつの国を指導する方々です。
健康な国と言われるためには、国民の家庭が健康でなければなりません。
ですから家庭連合は健康な家庭を強調します。
この運動が今日、全世界の五大洋六大洲に広がって行っています。

特に昨年1年の間に、アフリカ大陸において奇蹟のような多くのことが起りました。
ひとりの義なる国会議員がこの国へ来て、真の父母様の誕生を知りました。
そしてその方は誓いました。
自分が故国に帰ったら、この事実を知らせると言ったのです。
その国はイスラム国家であるセネガルです。

何の宣教基盤もなかったその国に行き、私は大統領に会って頂上会議をしました。
これが人間の力だと思いますか。
天がどれだけ人類をご自身の息子娘として抱きたかったのか、
キリスト教基盤のある数多くの国々に反して、どうしてそのようなイスラム国家で、
ひとりの義なる予言者を通じてその国に愛を伝えたのでしょうか。

人類は今、答を得ました。
私は過去アメリカで40年の間宣教活動をしました。
今は故人になったお父さんのブッシュ大統領は、自身が在任時に家庭の価値を
強く教育することができなかったことが恨になると語りました。
私が1995年日本で真の家庭運動の講演をした時であります。
その時お父さんのブッシュ大統領夫婦が日本に来て、
大会に一緒に賛同してくださいました。
この真の家庭運動だけが、今日世界いたる所で起きている
すべての問題を解決することのできる道なのです。
それで私は世界を巡回し、多くの事をしました。
天は私に用意された義なる予言者たちを送ってくださいました。

天の父母様の事情を76億人類が分かるようにしなければなりません。
ここに集まった頂上の皆様は故国に帰ったら、国家のメシヤになってください。
これ以上戦争と葛藤がない平和な世界を成す道は、私たちが天の父母様に侍り、
真の父母の教えで人類一家族になることです。
すべての国々は天の父母様の前に真の兄弟として一つにならなければなりません。
それでこそ私たちが成そうとし、天の父母様が望む地上天国になるのです。

私はこの民族に願います。これ以上「灯台もと暗し」の言葉のように、
光を見ることのできない民族になってはいけません。
天が祝福したこの国です。
愛国歌でも「神様が保護して下さるので、私たちの国万歳」と言っています。
そのような民族が天の父母様に侍ることができない位置になればどうなりますか。

私たちは過去、イエス様に侍ることができなかった民族に対する歴史を見ました。
それならば摂理の完成時代において、この民族が進まなければならない道は
何でしょうか。
南北統一も良いです。
しかしこの民族がしなければならないことは、天の父母様に侍る道が優先です。

今日参加したこの国の為政者たちは反省して下さい。
「先のものが後になり、後のものが先になる。」と言われました。
イエス様が十字架に掛けられる時、天国の門の鍵をペテロにくださいました。
それは何を意味しますか。
誤った地上において解決されなければいけない、ということです。

それなら今日皆さんは、天の摂理の前に、真の父母様の顕現について、
真の父母様のみ言と一つになって生きる人生を過ごさなければなりません。
この道だけが永存される天の父母様に侍り、人類が永存する道であることを肝に銘じ、
私とともに天の父母様に侍る人類一家族の平和世界を成して行くことを
懇切に願い祝願いたします。

天一国7年 天暦1月4日(陽2019.2.8)
蚕室ロッテホテル 3階 Crystal Ballroom



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする