2022年01月16日

アボジが幼少から、困っている子供を見ると見過ごせなかったのは 《史吉子先生》



220116.jpg


史吉子先生のみ言より、
「お父様が神様の召命を受け入れられる」(前半)です。


お父様は16歳の時、主の召命を受けられました。

お父様は8歳の時から、既に
驚くべき能力を見せてくださいました。

ところがお父様には、一つ残念なことがありました。

お父様の祖父の弟である文潤国氏は、
キリスト教の牧師でしたが、
愛国運動をしながら多くの苦難を受けました。

これを見て来られたお父様は、
「どうして、わが国はこんなふうに弱いのか?
 力があまりにも無い。
 日本人たちにやられながら生きるのが、口惜しい。」
と、このように感じられたそうです。


220116_2.jpg


お父様は幼少の頃、近所の子供たちを連れて歩きながら、
熱心に鳥を捕まえたり、うなぎを捕まえたりしました。
お父様は、なぜそうされたのでしょうか?

お父様のみ言を通してみると、
お父様の同じ年頃の子供たちのためでした。

当時、韓国人は食べるものがありませんでした。
それで幼い子たちが、「お兄ちゃん。僕、肉が食べたい。
甘いものが食べたい。」と言ったそうです。

なぜかと言えば、日本人たちが全て奪って行ったからです。

お父様は、その子たちに肉を食べさせたいと考えられました。
それで、穴を掘って木の枝を渡した罠を作っておき、
手を叩きながら口笛を吹かれたそうです。

そうすると、空を飛んでいた様々な鳥が飛んで来て、
頭を下にしたまま落ち、罠に突っ込んで来たそうです。
そうして捕まえた鳥を焼き、
お腹いっぱい食べさせたとのことです。

火で焼いた鳥の肉を食べた後は、
子供たちの口に炭がついて、真っ黒になりました。

それでも鳥がたくさん残るので、
子供たちと一緒に鳥をズボンの内側に入れて帰り、
近所の人たちに分けてあげたのですが、
村に戻って来るまでに、ズボンの中にいた鳥が
逃げられず、もどかしいので、お父様のお腹を
嘴でつんつんつついたり、糞をしたりしたそうです。

お父様はその鳥のせいでとても辛くて、
この鳥たちを早く分けてあげなくてはと、
村まで走って行かれたそうです。


その子供たちの中に、お父様の従弟であられる
文龍基長老がいました。

文龍基長老は自分もお父様のように鳥を捕まえようとして、
その場所に来て手を叩き、口笛を吹いたそうです。

しかし、いくらやっても一羽も飛んで来なかったそうです。
お父様が鳥を捕えられたのは、 霊的な能力だったのです。


幼少の頃からお父様は、心から人のために生きられました。

南米の土地をたくさん購入されてからもおっしゃったのは、

「私がどうして幼い時から友達に食べさせ、
 どんどん施そうとしたのか分かるか?

 それは神様もそうであり、
 メシヤも生命をもって生まれた
 人間を飢え死にさせてはいけないからだ。」


とおっしゃいました。

人間が飢え死にするのが、 神様にもメシヤにも
一番苦痛に感じることだそうです。

それで神様が、 あの小さい村の
困っている子供たちに食べさせる練習をさせたのです。


お父様は、獄中生活を6回もされました。

それで、色々な悲しいことの中で一番悲しいことは、
「ひもじい悲しさ」だとおっしゃいました。

ですから、お父様は
「絶対に人のお腹をすかさせてはいけない。
 私が死ぬ前に、人が飢えて死ぬ現象は
 必ず解決しなければ。」


と決心されてから言うのです。

お父様は最近でも、

「人類の飢餓問題は、
 私が解決してから逝かねばならない!」


と、痛切に感じておられます。


お父様が買われたブラジルの土地は、
太陽の光と水が豊富で三毛作が可能だそうです。
米を1年に三回収穫することができると言うのです。

それでお父様は、

「ブラジルに農地を作っておいて、
 北朝鮮の人や全世界のお腹をすかせた人は
 皆来なさいと伝えなさい。

 土地をタダで分けてあげて、農業ができるようにして、
 飽きるほどにお腹いっぱい食べさせなければ。」


とおっしゃいました。
そう言われながら、
神様が幼い頃からそういう練習をさせたんだ
とおっしゃいました。

お父様は、そういうメシヤとしての生涯を
ご自分も知らないうちに歩んで来られたのです。

史吉子/ 著「原理によるみ言の証」
第1章総序論
「お父様が神様の召命を受け入れられる」


「ご飯は愛である」と言われた真のお父様。

興南刑務所で生命よりもご飯一つ粒が貴いといわれる環境で
ともに過ごした囚人たちにご飯半分を分け与えられました。

人にご飯を食べさせることが
どれだけ重要なことか、骨身にしみて
感じておられた真のお父様でありました。

世界の飢餓を解決されるため、
お父様の思いを引き継がれて、
お母様も最前線で歩んでおられることに、
心から感謝いたします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:21 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

40日開拓 マイクとのぼり、伝説の伝道ルックの始まり 《松本ママ奮戦記》



220115.jpg


松本ママの「信仰は火と燃えて」より
「父よ、彼らを赦したまえ」前半です。

40日の開拓伝道、寝るところもなく
サバイバルの5日が過ぎようとしています。


伝道を始めて5日目、この日も一日中
話を聞いてくれる人を探して、足を棒にして歩き続けました。

4日間の睡眠不足もあって、夜の10時ごろには
もう疲れ果ててしまいましたが、12時までは活動することにしていたので
まだ休むわけにはいきません。

もう一軒行ってみよう、そう思って気を取り直し、
疲れた足を引きずりながら再び歩き始めたのです。

ふと顔を上げると、目の前に教会が見えました。

夜の11時ごろでしたが、その教会は、いつ誰が来ても
入れるように、表のドアが開かれていました。

「こんばんは」と声をかけて入ってみると、
電気はついているのですが、何の返事もありません。

私は靴を脱ぎ、黒板とショルダーバッグを持って、
静かに2階に上がってみました。

2階は広々とした礼拝堂で、誰かいたら、
そこに泊めてもらって話をしたいと思っていたのですが、
シーンと静まりかえっています。

重い荷物を下ろし、礼拝堂の窓から外を見ると、
町のネオンが薄ぼんやりとくたびれたように見えました。

ああ、もう12時ごろだなあ。
そう思うともうどうにも眠たくて、立っていることができません。

そこで「天のお父様、私は今晩この礼拝堂で
泊めさせていただきます。
明日の朝、この教会の牧師に会いましたら、
どうかこの天のみ言(ことば)を語ることができますように、
そして牧師がみ言を受け入れることができますように」と、
切実な気持ちで泣きながら祈ると、
礼拝堂の椅子の上に横になりました。

そして、久し振りに屋根の下で、
気持ちよく眠ることができました。


ところが、ぐっすりと一眠りしたころ、
すすり泣きながら祈っている声で目が覚めたのです。
もう夜明けかと思ったのですが、外はまだ暗く、午前2時ごろでした。

その声は、韓国の言葉で
「主よ来たりませ。あなたの約束の日は近づいてまいりました。
どうか一日も早く来て、この世を救ってください」
と泣きながら祈っているではありませんか。

それは韓国人のおばあさんの声でした。
私は起き上がっておばあさんのそばに近寄り、
声をかけてみました。

「おばあちゃん、今の祈りは聞かれますよ。
神様は主をすぐ遣わしてくださいます。
今、私は天から啓示を受けました。
あなたが求めている主は、もうあなたのすぐ近くにいます」。

「本当ですか。あなたはどこから来たんですか」。
おばあさんは、驚いて聞き返しました。

「私は、もうすぐ主が来られることを知らせるために、
東京からやって来たのです」

そう言いながら、私はピアノの後ろに置いてあった
黒板を持ってきて、講義を始めました。

おばあさんは真剣に聞いていました。
そして、私を、神様から遣わされた偉い伝道師として
迎え入れてくれたのです。

 
その日から、私はそのおばあさんの家に泊めてもらうことにしました。

家といっても、焼け跡にトタンで造った小さな小屋で、
しかも畳を二枚敷いて小さな台所をつけただけのものでしたが、
私にとっては、畳の上で寝られるというだけで、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

おばあさんは、金さんといって8年間も信仰をもっているクリスチャンで、
たった一人で日雇い人夫をしながら、
再臨の主を待ち望んでいたのです。

まさに5日間の苦労の土台の上に、神様が会わせてくれた人でした。


その翌日伝道費がなくなったのでくず屋をやろうと思い、
金ばあさんにくず屋を紹介してもらいました。

リヤカーとはかりを借り、もんぺをはいて
麦わら帽子をかぶり、元気な声で
「おばあちゃん、行ってきます」と言って出掛けたのです。

すると金ばあさんが、「オーッ」と泣き出して私を呼び止め、
「あなたをそのままくず屋に行かせたら、私は天罰を受けるよ」
と言って貯金通帳を出し、それを全部献金するから、
くず屋に行かないで伝道してくれと頼むのです。

通帳の中を見ると、おばあさんが毎日働いて、
100円、200円と貯めたもので、15,000円ほどたまっていました。

私は感謝の祈りを捧げて、そのうち13,000円を受け取ると、
YMCAの青年会館に行きました。

聖書研究会をするからということで、
午後3時から5時まで、40日間
この場所を貸してもらうことにしたのです。
一日の借り賃が300円で、1カ月分を払い込みました。

そして、早速西川先生に手紙を書いて、5日間の歩みを報告し、
パンフレットを送ってほしいとお願いしたのでした。
数日後、聖書研究会をやる場所を印刷したパンフレットが、
速達で送られてきました。

残りのお金でマイクを買い、パンフレットを
両方のポケットに入れて、それから本格的な伝道が始まったのです。

毎朝8時から10時までと夕方5時から6時までは、
駅で路傍伝道をしました。

左手に真っ白なのぼりを持ち、右手にマイクを持って、
道行く人に呼びかけるのです。



210515-1961.07matsumoto.jpg

松本 道子・著(光言社・刊
『信仰は火と燃えて―松本ママ奮戦記―』より)

https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=13157
信仰は火と燃えて 6
父よ、彼らを赦(ゆる)したまえ
(blessed lifeより)


松本ママの開拓伝道の証し。。。
本当に壮絶な歩みです。

限界の限界の中で、
金おばあさんとの出会いがありました。

神様は、松本ママの精誠を覚えられ、
ちゃんと準備しておられたのでした。

野宿をされながら、
夜12時まで伝道活動をされた松本ママ。

開拓草創期、このような基準で歩まれた
大先輩がおられたからこそ、
今の家庭連合の発展がありました。

そのことを肝に銘じながら、
私たちも、それぞれの与えられた環境圏での愛する歩み
また、神氏族メシヤ最前線の歩みを
なしていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:57 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

「今さら遅い」からと何もしない人 神が働かない人・あるある 《蝶野部長*精誠篇》4



220114.jpg


蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長
「精誠篇(せいせいへん)」の続きです。


5 私の思い:『いまさら遅いな』

そしてこれです。「いまさら遅い」

「もうそんな話は、20年前に聞きたかった」
とよく言うんですね。
でもそういう人は、だいたい今からでもやらないんですが。

で、聞くたびに、もっと前から聞いてれば
よかったということを、いつの時代も言うんですね。

今日からやったら最速ですよ、皆さん。

でも、「家庭教育部なんて昔なかった」とかね、
「教会は作るのが遅かった」とか言うけど、
過去を見てとやかく言い人は、
だいたい今からでもやらないんですよ。

今聞いて、今始めたら、私の人生にとってみたら
最速最短だと、『よし!』と思う人はいいんですよ。
ここが、皆さん、分水嶺ですよ。

で、この「思い」があったので、皆さんが、
摂理されなかったということを知らなければならない。


お父様が、何で人の蕩減条件が見えるでしょうか。
霊視ができる人でも、蕩減条件て見えないですよ。

日本の持ってる蕩減条件というのは、これは
蕩減を晴らした人、蕩減がない人しか
蕩減条件は見えません。

ですから、皆さん、私たちに
蕩減条件の棒グラフが見えませんよね。
憑いてる悪霊はたまに見えたとしても(笑)
蕩減条件は見えないわけですよ。

ところがそれが全部見える方法を
今日お話しするということになります。

言ってみれば、これは皆さん、
実はこれが私の「蕩減情報」なんですよ。
私が蕩減すべき私の蕩減内容を、
私が感じているという状態なんですよ。

これが全部この人の持っている
蕩減の内容なんですよ。


お母様は蕩減を早く晴らしなさいと言いますよ。

国家的には、私たち摂理で頑張っていくわけですけども
個人のものを置き去りにしてはいけない
ということになるわけですね。

逆にいうと、個人のものが晴れてくると
私が神に摂理されてくるので、
(また、)神様に教えられるので
良心と会話ができるようになってくると。

そうなってくると、これは万物とかですね
いろんなものを果たせる、
そういう人になっていくということですよね。

蝶野知徳・精誠篇1 

父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
このみ言は、2018年に蝶野部長が
広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られたものです。
(文責:ten1ko2)


私たちに与えられた環境は、
天から与えられた最善のものである、
そのことをしっかり受け止めていきたいと思います。

あの時、もっとこうだったら・・・
そのような思いがいろんな場面で浮かんできます。

また、私個人においても、
子女たちにこういう教育をしておけばよかった・・・
そのような後悔の念が
ふつふつとわいてくることがあります。

過去を悔やむより、今を受け止め、
そして、今現在の最善の道を選択して、
取り組んでいくしかないのだ、と思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)