2017年07月24日

家庭に恩讐が?! 教会で受けた恵みを、家に帰って失わないためには?!  《李ヨハネ先生》



19750420.jpg


李ヨハネ先生のみ言、
最後に近づいてきました。
今回は、「家庭問題に勝つ方法」です。


では最後に、そういう中でどのように苦痛を扱っていくか
という問題について話してみましょう。


イエス様にとっては、神のみ言を
分かつ対象がいないことが最も大きな苦痛でした。
神はこのように語れと言われたのですが、
そのように語ることができませんでした。

ですから神の前に罪人のようだったのですね。
神が命令されたとおりにできなかったのですから。

そうかと思えば、人々の前にも罪人のようでした。
安息日に病気を治したので、
ユダヤ教徒の前には罪人だったでしょう。
ユダヤ人が受け止めきれないことをされたからです。

その人たちが受け止めきれないことをされたイエス様は、
どんなに苦しかったことでしょう。

とりわけ安息日でも羊が穴にはまれば
引き上げてやらねばならないのではないだろうか
と説得された聖句(マタイ一二・11)があるのを見ると、
イエス様の気の毒な事情が推測されます。

痛々しい患者を見ると、治さねばならず、
ユダヤ人は安息日を侵したとしきりに言い、
神と人の間にはさまって、こうもできず
ああもできず苦労されたのが分かります。


私たちも家庭のことを考える時、
家庭のすべてがみ旨を中心として、
このようになったならいいと思うのに、
全然見込みがないように思えて、
これを流してしまうこともできず、
つかんでいることもできない時があるでしょう。

家庭をうまく率いていかなければならないのですが、
み旨として見ると、悩み苦しむ時があるのではないですか?

そういう苦痛を最小限一回くらいは背負うようになります。
それをよく背負わなければならないのです。


その時は、その場で問い詰めたり、
相手ゆえにもどかしがらないでください。

そういう時は、
「私がどれほどお父様の心を煩わせたのか、
今こそ分かりました。
このようにぶつかってみて、はっきり悟るようになりました。
右手が正しい道だと教えてあげるのに、
しきりに左側だと我を張ります。
このように何も分からない人間を率いてこられた神様は、
どれほど苦労が多く、心を煩わされたでしょうか」

このようにまず神を慰めてさしあげてください。
これが正に勝つ方法なのです。
煩わしいといってやたらに自分を捕まえてもどかしがると、
その人ゆえに自分まで罪を犯します。

ですから大抵の人が教会に来て恵みを受けながら、
家に帰ると、みなこぼしてしまうのです。
家に怨讐が待っています。

家にいる人は、自分が教会に来て恵みを受けて帰ると、
必ずその恵みを損おうとします。
以前にたくさん経験されたでしょう。

職員修練会での説教 
『み旨による私』より
1977年5月23日 中央修練所



人というものは、自分の思うようには動かないものですね。。。
特に、家族、子供たちを見つめながら思わされます。

「天の願い、基準からみると、うちの子供たちは・・・」
そう思いつつ、要求することもできず、
「結局は自分が問題なのだ。。。」
そんな風に思うこともあったりします。

ヨハネ先生は、こういうときほど、
「神を慰めてさしあげてください」と言われています。

天の心情を求めつつ、
もちろん、現状にとどまることなく、
しかし、要求することなく、
本心が動くように導いていきたいな、
そんなことを思わされています。

長くなりました。
あと、一回です。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

聖霊の実体来たれり!! 43年後のマジソン大会 God Bless America!の意味?!



20170715_02.jpg


43年前、真のお父様が大会を勝利された
アメリカ、マジソンスクエアガーデンで、
この7月15日
「アメリカ和合統一前進大会および孝情文化祭」が
盛大に行われました。

そこで語られた真のお母様のみ言を紹介します。


尊敬する内外の貴賓、平和大使、学界、政界の指導者、
ACLC聖職者の皆様!
家庭連合の祝福家庭食口の皆さん!
未来の指導者として成長している
青年連合の学生の皆さん!

私はきょう、祝福をうけたアメリカの責任
について話そうと思います。



天は「また来る」とおっしゃられた
再臨のメシヤの基盤を準備する祝福した国として
アメリカを立てられました。

建国から200年という短い期間に
世界の強大国となりました。
天の祝福があったがゆえに可能でした。



イエス様は「また来る」と言われました。
霊的にのみ来られては、
人類の真の父母となることができません。
肉身をまとって来られなければならないのです。

再び来て「小羊の婚宴」をするというので、
キリスト教文化圏内から
独り娘が誕生しなければなりません。
天はこの独り娘の誕生のための準備を始められます。

アジアに韓民族を選ばれました。
キリスト教基盤を中心として、
1943年に独り娘を誕生させました。

天はこれ以上待つことのできない
世界の問題を解決するためには、
真の父母の顕現が必要でした。
そうして1960年に真の父母が誕生しました。

しかし、キリスト教圏が(真の父母の)基盤と
なることができませんでした。
底から這い上がってこなければなりませんでした。



これまで家庭連合は世界120ヵ国以上に
祝福家庭を誕生させました。

堕落した人類として、
神様の前に帰って行くことはできません。
人間のうちで勝利した真の父母によって
生まれ変わらなければならないということです。

それが家庭連合で行う祝福です。
この祝福家庭たちがこの国に満ち溢れ、
世界に満ち溢れる時、
その時、まさに神様の夢、人類の願い、真の父母様の願い、
人類一家族の夢が実現されるのです。

その日は遠くありません。



摂理の中心である韓国と日本と、真の父母様によって
アメリカを長子国家として祝福しました。

この三ヵ国が一つとなり、孝情の心情文化革命を基盤とし、
アジア太平洋文明圏時代を開き、
五大洋六大州に祝福家庭たちの足取りが、
青年連合の若者たちが、世界の前に灯火、光となる時、
世界74億人類がその光に向かって
一つに集うことの出来る
そのような環境を作っていかなければなりません。



真正なる自由・平等・平和・統一・幸福な世界は
遠くにあるのではありません。

きょうここに集まった皆さんが真の父母と一つとなり、
ために生きる真の愛を、皆さんの周辺で、氏族で、
教会で、国で実践する時、一つの世界は
必ずや私たちの手で作ることができます。

この場に集まった皆さん!
私と一つとなり、世界の灯火となり、暗き世の中を照らし
神様の懐に導く皆さんとなることを願います。

神様が祝福されたこのアメリカが、
まちがいなく「God Bless America!」
その本質を忘れず、皆さんが勇気百倍で
世の中の光となることを祝願いたします。




20170715_01.jpg



1972年に渡米された真の父母様が
たった2年間で基盤を作られ、
1974年9月18日に歴史的なマジソン大会を勝利されました。

それから2年後には、建国200年行事で沸き立つアメリカで
ヤンキー大会、ワシントン大会を大勝利されるのです。

5月の東京大会、6月のタイ大会に続いて
米国においても、お母様は聖霊の実体として
独り娘、真の母として、お父様と一体となった真の父母として
堂々と勝利した姿を見せてくださっています。

God Bless America!と語られていますが
全世界を祝福してくださっている真の父母様。

私たちも2020年に先駆けて
これから2年後には、米3大大会のような国家的な大勝利を
お見せしていかなければならないでしょう。

そのためにも、お母様の勝利の運勢を相続しつつ
中断することなく前進していくしかないと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

〜小室先生聖和を悼んで〜  お父様と富士山に登ったら?! 《夢の証し》 



196203 komuro hiroyuki.jpg
1962.3


天から声がしました。

「小室よ、泣かなくてもよい。
伝道はわたしがするのだから、
心配しなくてもいい」



小室宏之先生(777 双祝福家庭)が、7月17日に聖和されました。
久保木修己初代会長の霊の祖父であり、
霊の血統圏から5名の会長を輩出されるなど、
草創期に伝道で大きな功労を立てれられ、
キリギスタン国家メシヤとしても活躍されたということです。

以前、小室先生の草創期や信仰の証しは
11回に分けて掲載したことがありますが、
そのうちの一つを紹介したいと思います。


私たちが霊界に行っても、神様が分かるとは限りません。
この地上で常に神様の愛を瞬間的に分かる自分をつくって、
初めて霊界に行って神様の愛が分かるのではないかと思うのです。

真のご父母様と個人的にかかわりを持ったことは、
1969年以降もありましたが、夢の中でも、
真のご父母様との関係を深めることができました。


かつて、このような夢を見たことがあります。
それは、高い山に兄弟がみんなで登る夢でした。
夢の中で、真のお父様が、先頭切って登っていかれるのです。

そして、頂上から真のお父様が、
「みんな、後ろを振り向くんじゃないぞ。
お父様目指して、お父様だけを見詰めて登って来なさい」
と、叫ばれました。

私は、なぜ、真のお父様が、そのように言われるのかと思って、
瞬間的に後ろを振り向きました。
すると、鯨よりも大きななめくじが、ふもとから登ってきて、
ゆっくり登っている兄弟をのみ尽くしているのが見えたのです。

急いで登っている兄弟は、追いつかれません。
だから、「後ろを振り向かず、さっさと登るように」
と、真のお父様がおっしゃったことが分かりました。

そうして、富士山よりも高い山の頂上で、
真のお父様が叫んでおられるという夢でした。
この夢が、現在でも信仰生活を送るうえでの教訓となっています。


もう一つ紹介したい夢は、私が興進様に会食に招かれたという夢です。

そのとき、とてもうれしく思ったのですが、
会食の席に着くと、興進様が私に、
「生前、どのようなことをしてきたかを証ししなさい」と言われたのです。

私は、それを聞いて、会食どころではなくなりました。
誇るべき実績を持って霊界に行かなければ、
恥ずかしくて会食にも行けないことが分かったのです。

天が、「小室よ、生きているときに、愛の心情で天に宝を積みなさい」
と言われる夢だったと思うのです。


昨年(2001年)12月、天宙清平修錬苑に
「世界入籍祝福家庭夫特別修錬会」に参加したとき、
大母様は「長く生きると思ってはいけません。
あと一年で霊界に行くとしたら、
どのように一瞬一瞬を生きなければならないのか」
というような意味のことをおっしゃられました。

私は今、その言葉をいちばん肝に銘じて歩んでいます。



実は記事はだいたい前日の夜に下書きをして、
あとは家内に託すのですが、
お父様の夢の記事を書いて休んだら、
私自身がお父様の夢を見ました。。。

食口たちにみ言を語られている場面でした。
何かと思ったらアベル・カインのみ言でした。

「日本のアベルカインは間違っているんだよ。
アベルはカインを愛さないといけない。
また、カインはアベルを批判してはいけない。
お兄さんを支えてあげないといけないんだ」
そんな内容だったと思います。
今日の記事には全く関係がないのですが。。。

小室先生の霊の血統に
5人の会長がおられるなんて、凄いですね。
一人の精誠が大きく実を結ぶんだな、と改めて思いました。

なお生前の功労が認められ、
真の父母様より小室宏之先生に下記のような
“祝 祖国光復必勝奉身代表者”という
揮毫が下賜されたとのことです。

享年78歳でした。
心からご冥福をお祈りいたします。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする