2020年07月07日

(証し)腰まで積もった雪の夜、泣きながら祈っていたのは・・・





先日、柴沼先生のWEB説教
「孝情の泉から湧く水を飲みましょう」
https://youtu.be/cPetABWDcYY
この中で読まれた証しに心を打たれました。

430家庭で、アフリカの世界巡回師
金鎮文先生がイーストガーデンで
体験された証しです。


(金鎮文先生は、)1981年10月から、世界巡回師として
アフリカを巡回しました。

翌1982年初め、宣教の報告のために
アメリカ、ニューヨーク、イーストガーデンの
真の御父母様をお訪ねいたしました。
雪が降りしきる寒い日でした。

その夜はイーストガーデンに泊ったのですが、
眠りについてから、
一、二時間後、目が覚めました。

外から、人の泣き声が聞こえるのです。
外はとても寒く、降った雪が凍ってしまいました。

声のする方に行ってみると、
そこは聖地でした。
なんと、真の父母様がお二人で、
腰まである雪の中に立って、祈祷しておられたのです。

お母様はその時、情進様をお腹に宿しておいででした。
お二人とも泣きながら祈っておられました。

その時聞こえてきた父母様のお祈りの大半は、
前線で闘う宣教師たちのものでした。

「もし原理がなければ、全世界的、歴史的に見て、
 私が一番悪い人間です。
 可愛い子供たちをみんな奪ってきて、
 難しいところに送ったからです。

 しかし、原理があるから、
 私はそうしなければなりませんでした。
 ですから、どうぞ、苦労している宣教師たちに協助してください」


このように祈っておられました。

私は祈られている御父母様の背後に行って、
涙を流し続けました。

(文責:ten1ko2)


宣教師たちに対する
真のお母様の思いは、
自叙伝「平和の母」にも綴られています。(140ページ〜147ページ)

父母の心情で宣教師たちを見つめる真の父母様。
子供たちに苦労の最前線を歩ませることに対して、
本当にいたたまれない思いを持っておられます。

私たちも足りないながらも、
前線活動を行うことに対して、
背後に真の父母様の祈りがあることを
決して忘れてはならないと思います。

そして、そのように私たちを押し出される真の父母様は、
何よりも神様の願いであり、神様を解放するために、
最前線の道を与えてくださっているのです。

柴沼先生の説教もとても胸打たれる
素晴らしいお話しです。
お時間のある方、ぜひ、お勧めいたします。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

いつでも無料『幸せ教習所』、最高の教官は・・・?! 《浅川先生・自叙伝講話》



200706.jpg


浅川先生の、真のお父様の自叙伝講話より
「良心は幸福の先生」です。


では、人生を正しく導く先生はどこにいるのでしょうか?

もう子供も孫もいる人は、父母も、先生も、
友人も数少なくなっています。

真の幸福教習所があれば、すぐにでも
行きたいところですが、ありません。

(まこと)の父母、先生、友人がいなければ、
幸福になれないのに、どこにもいない。
どうしたらいいのでしょうか?

心配ご無用です。
幸福に導く真の先生はいます。

それもあなたのすぐそばにいるのです。
いつでも会えます。
そして的確に指導してくれます。
あなたが謙遜に耳を傾ければ、ではありますが……。

それが、あなたの良心なのだと
文鮮明(ムンソンミョン)先生は言われるのです。


「自分の最も親しい先生は自分の良心です。
 最も親しい友人よりも貴く、
 父母よりも貴いものが自分の良心です」


(自叙伝、234ページ)


私たちを最も愛し幸福に導こうとしている真の先生。
それが、「良心」だというのです。


運転免許や英会話習得のように教習所に通って、
授業料も払わなくてよかったのです。
ある意味では、とってもお得なことではありませんか。

必要なことは、良心に耳を傾ける謙遜さと、
それを実践する勇気さえあればいいのです。

良心は、私たちの事情を熟知していて、
直ちに「これをしなさい、それはしてはならない」
と指導してくれます。

時には温かく、時には厳しく指導してくれます。


したがって、真の幸福になるためには、

「『良心』に、『私は今、
 正しく生きているか?』
 といつも尋ねなければなりません」


(同、234ページ)

それゆえ、良心が「やるな」と絶叫しているのに、
あえて実行すれば、良心を泣かせることになります。

自分のために二十四時間働き続けている良心を
悲しませ、傷つけることになるのです。
それは、自分の人生を不幸にすることになるのです。

文鮮明先生は

「良心を悲しませることは、
結局、自らを悲しみに陥れることです」

(同、234〜235ページ)

と警告されています。


ところで、良心は、いつも
「真の愛に生きなさい。
 自分を犠牲にして、神様と人のために生きなさい」
と命じます。

この良心の命令に、私たちは素直に従えないときがあります。
なぜなら、もう一つの心があるからです。
私を不幸に陥れる心、すなわち自己中心の心です。

この心は自分のために人を犠牲にすることさえ要求します。
「自分さえよければいいではないか」と強調します。
この心を、良心に逆らう心なので、邪心といいます。

邪心は、人のために生きようとすると、
「面倒くさい」、「何の得になる」、「時間の無駄だ」、
「疲れる」、「ばかくさい」、「もっと自分を大切にしろ」
などとささやきかけ、良心の行く手を妨害します。

確かに、良心の命じることは、「ばかくさい」、
「何の得にもならない」ことが多いのです。

 
文鮮明先生の若き日の逸話があります。

「学校に行く途中、息も絶え絶えの人に
 出くわしたことがあります。

 かわいそうに思うと足が止まってしまい、
 その人を背負って二キロほど離れた
 病院に向かって走り出しました。

 運良く財布に入っていた学費の残りで
 治療費を払うと、
 あとはもうすっからかんです。

 今度は自分の学費が払えなくなり、
 学校から督促を受けることになりました。
 それを見て、友人がお金を
 一銭、二銭と集めてくれました。
 その時の友人は生涯忘れられません」


(同、121ページ)
文鮮明先生は常に良心に従って生きてこられて、
「平和を愛する世界人」になられたのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『心の書写〜文鮮明師自叙伝に学ぶ〜』より)
【第七章】私は今、正しく生きているか
良心は幸福の先生


自己牧会プログラムでも紹介しているように、
良心は誰にでもあるものであり、
良心を中心として行動することにより、
善なる生き方を送ることができるし、
平和な世の中、天国実現への道が開かれます。

ただ、お母様も語られているように、
「万民が天の父母様を知らなければならない」のです。
なので、厳密に言えば、神様を中心とした良心、
すなわち本心を中心に生活することが必要であると思います。

真の父母様の言われる「良心」と「本心」は一致しています。
しかし、私たちの「良心」は、原理講論によると、
「自分が善であると考える」ものです。

神様の願われる「良心」
正確に表現すれば、「本心」に従って、
生きる者になっていきたいですね。。。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:32 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

6千年60年目に会ったから、今日は皆の「夢の記念日」! 《未来指導者へのみ言》



200705-20200627.jpg

(※タイトル「皆」は「みんな」と読んで下さい)


天一国国立大学(鮮文大)の
学生(未来指導者)たちに語られた
真のお母様のみ言です。


皆さんにとても会いたかったです。
6000年ぶりに、真の父母様の摂理の
60年目にして、きょう出会ったのです。

多くの(記念)日がありますが、
この日を何の日と命名しましょうか?
(日本語で語られながら)「ゆめのひ(夢の日)」です。


天の父母様の夢と真の父母様の夢を成して、
地上で天の父母様に侍り、
愛と喜びと頌栄の子女として、 本来
天の父母様が願われた夢を成し遂げたといえる
そのような地上天国をつくって差し上げなければ
ならないことが、真の父母は勿論であり、
祝福家庭、特に皆さん
二世・三世の願いにならなければなりません。



それではどのようにしなければならないでしょうか?

アダム・エバが成長期間に
自分を中心とした考えで堕落をしましたが、
皆さんは独り娘・真の母とひまわりのように
一つになった位置で立派に成長して、
平和と統一の環境圏を
つくり出さなければならないのです。



肉身の生涯は100年を越えるのが簡単ではありません。

創造主は永遠性をもって永遠な世界を夢見られたために、
地上でどのように成長して
どのような生涯を生きて感じながら、
お互いに愛しあって一つになり、天の父母様に
喜びと頌栄を捧げるかを考えなければなりません。

私の考えが天の父母様の考えであり、
天の父母様が願われることを私が悟り、
して差し上げる、孝子・孝女・忠臣の生涯を
地上で感じなければなりません。

地上で学ばなければなりません。
地上生活がなぜ重要なのかを話しました。

天の父母様の願いを成し遂げて差し上げる
位置であるために、天上の生涯を
地上で成して進まなければなりません。



そうであれば私たちの生涯には、いくら大変で
疲れてつらくても、不平・不満はありえません。

なぜなら私たちの夢がもっと大きいからです。
その夢は成し遂げれば成し遂げるほど、
結果的に皆さんが福をたくさん受けるようになるので、
一つも損害がないという話です。



私が皆さんに会ったきょうが、皆さんとしては
真の父母に60年目にしてこのように近くで会うのです。

皆さんは私の息子娘です。
このように60年という時間をかけずに、
これからは1分1秒を惜しみ、一緒に暮らして、
天の父母様に侍って生きなければなりません。

その生涯がどれだけ興奮して、感謝して、
嬉しいことなのか見せてあげる
生涯を生きなければなりません。



皆さんによって、「世界の復帰、
世界摂理をすべて成した」というその位置で、
天の父母様と共に一日中、数日、数年を感謝し、
頌栄を捧げようと努力し待つ、
独り娘 真のお母様です。

手伝ってくれるでしょう?
皆さんは、絶対信仰、絶対愛、絶対服従、
真の愛でしょう?
ありがとうございます。



200705-20200627 (2).jpg

天地人真の父母様主管 
天一国国立大学未来指導者特別集会
天一国8年天暦5月7日(陽6.27) 孝情文和苑
(HJグローバルニュースより)


天一国国立大学となった鮮文大は、
今は、お孫様たちが、共に学んでおられます。

日本からも、多くの二世・三世たちが留学しています。
今年も大勢入学したことでしょう。
韓国で海外からの留学生が最も多い大学という
不動の実績があるのも、
日本からの留学生ゆえです。

この日集められたのは
おそらく神学科の学生たちかと思いますが、
「未来指導者」という呼び方にも、
期待度の高さを感じます。

その初々しい、まだ韓国語もマスターしていない
新入生たちのために、
お母様も、一言だけでも日本語で
語ってあげたいと思われたのかもしれません。

初めて会うお母様。
本当に「夢の日」となりました。

お母様は二世たちに対して、
特別な願いを託しておられることを感じます。

一世の親世代の私たちは、み旨の最前線で歩んできました。
しかし、肉体年齢はどんどん増えていきます。

天が期待しておられる二世・青年たちを
最大限バックアップしつつ、
私たちも、心は「永遠の青年」という思いで、
頑張っていきたいですね。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)