2017年09月20日

(証し)何よりも天を優先する! 真の父母様の道、最前線 《鄭元周補佐官》1




お母様と子女様.jpg


5周年聖和祝祭の時に、
2017 天一国指導者総会がありました。

鄭元周(チョンウォンジュ) 総裁秘書室長が
貴重な証しをされています。
3回に分けて、紹介します。
(文責:te1ko2)



今日は、皆さんと共に、
「侍る」ということについて、考えてみたいと思います。
なぜなら、天一国は、天の父母様、真の父母様に「侍る」
天宙大家族を意味することだからです。

それでは皆さん、侍るとは何でしょうか?
私は、光栄にも一生を通じて侍らせていただいています。
しかし、正直に告白しますと、
まだ、侍るということをよく知らないのです。
なぜなら、侍るというのは、侍る主体でなく、
侍る対象のためにするからなのです。

たとえば、両親に対して、自分としては、
良く侍ったと思ったとしても、
侍る対象である両親にとって、迷惑であれば、
良く侍ったとは言えないのではないでしょうか?

侍ること、その心持ちと姿勢を
実は、真の父母様から学びました。
様々な困難を乗り越えてきたことも、すべて、
真の父母様が天の父母様に対し、侍ってこられた伝統、
孝情の伝統を学びました。

さらには、天の父母様を解放して、
失った父母の位置を復帰して差し上げ、
死亡圏で苦しんでいる人類を天の父母様に戻していく、
そのために骨がきしみ肉が震える苦難に打ち勝ち、
父母を失った孤児の身に陥った人類を導き、
世界救援の道を歩んでこられた真の父母様の
犠牲の道を見てきました。



ここで、二つの証しを紹介したいと思います。

真のお母様がある子女様のために
学校に行かなければならないことがありました。
「両親のうちどちらか一人は必ず来るように」
そのように、数日前に学校の先生から言われていました。

そして、学校に行く日の早朝、
お父様がお母様に次のように言われたのです。
「今日、天の摂理のため、南米にいかなければならない。
オンマ、荷造りをして、早く行こう」

その時、お母様はお父様に、静かに事情を伝えました。
「今日は、学校に行く事情があるので、午後に飛行機で行きます」

ところが、お父様は人情と天情について、
また、人倫と天倫についてみ言を語られました。
そして、
「子供のことはほかの人に任せて!
天の大事のために南米に行かないといけないんだ」
お父様は、強い口調で語られたのです。

聞いている私はとても胸が痛み、
そして、お母様の表情を見ました。
すると、お母様は涙を胸に鎮めて
表情を一つも変えずに、荷造りをして、
お父様と一緒に南米に向かわれたのでした。



真の父母様は、天のみ旨、摂理を優先させるべく、
真の子女様を犠牲にせざるを得ない、
そんな道を歩まれました。
今回の証しもそのうちの一つだと思います。

今、お母様においても、
真の子女様との関係の中で、
複雑な問題が生じています。
そこだけに意識と心情を投入されれば、
解決できる内容もあるかもしれません。

しかし、何よりも天を愛し、み旨を愛しておられるので、
そういったところ以上に私たちを愛し、
導いてくださっておられます。

そして、お母様は何の思いもないのではなく、
『涙を胸に鎮めて』歩まれていることを
私たちは忘れてはいけないと思います。

明日に続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




















posted by ten1ko2 at 10:10 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

自分と家庭のことをしつつ、隣の人に家庭完成させてあげる?! 《金元弼先生》天国4



308207_234682586678591_177455977_n.jpg


金元弼(ウォンピル)先生の講話、
今日は『天国創建のために』の4回目、
「他の人を救うために」です。


子供はみな、父母から学びますから、子供に問題があれば、
結局、父母に問題があるということになるのです。
父母が苦しみ、いろいろ解決できない問題があれば、
必ず、子女がそれで苦しみます。

子女にそういう苦痛を与えない父母になるためには、
どうしたらいいかということを考えなければなりません。


それは、強制的にやる方法もありますし、
何とかして説得してやる方法もありますが、
とにかく祝福家庭はすべて、神が願う家庭として
成長するようにしていかなければだめなのです。

ですから「死ね」と言うのではなく、
「生きながらやりなさい」と言うのです。

家庭生活をしながら、神のみ旨をやるように、ということです。
この調和が難しいのです。

心情的に幼いと、この調和ができないのです。


ある人は、一回に二つの仕事をすると、
頭がこんがらがって何もできないという人がいます。
これと同じです。

自分が家庭生活をしながらみ旨をやるという、
二つの仕事を一緒にしなければだめです。
そういう訓練をしなければなりません。

ですから私たちは自分のことを一生懸命にやるだけで
良いとは言えないのです。

自分のことをやるのは当たり前のことであって、
次に自分の隣の人を生かすことまでしないと、
責任を全うしたとは言えないのです。


先生が今までやってこられた、先生個人として完成するということ、
それはもちろん最小の目標です。

そして、先生が家庭を完成させるということも、それが最終の目標ではないのです。
個人を完成し、家庭を完成する目標は、
結局、世界の人々を救うことが目標です。

自分の個性完成、自分の家庭完成、これはまだ易しいのです。
しかし、いかにして他の人を完成させるか、これはもっと難しいことです。

自分のことは自分でやれるからいいけれども、
他の人のことは自分でやれないのです。
ですから助けてあげて、その人ができるようにしなければなりません。
他の人を完成させて、他の家庭を完成させるようにすること、
これは最も難しいのです。


だからこそ先生は、それをまたしてこられたわけなのです。
私たちも同じです。

自分の完成だけが問題ではなくて、家庭完成をしながら、
隣の人をいかにして個人完成させ、家庭完成させるかです。
これをやって初めて、私たちの使命は全うされるのです。


私たちがみ言を語るのも、説教をするのも、すべてそのためです。
人に聞かせて、その人がそのようにするためにやるのです。

このように、人を生かすことが神の願いです。
神が私たちを救ったのも、私たち個人の救いが目的ではないのです。
私たちを通して、次の人を救うことが目的なのです。
私たちはたいていそれを忘れているのです。

キリスト教もみな、自分だけの完成、個人の救援で終わりです。
しかし私たちは、隣の人を導くことがいかに難しいかを知って、
それをやらなければいけません。
これをやって初めて私たちは、
自分の目的、目標、責任分担が完遂されるというのです。

ですから模範を示すことが責任分担です。
模範を示しながら、他の人がそれについて行けるようにすることです。

その両方をして初めて、責任を全うできるというのです。
これをはっきり知っておくべきです。

天国創建のために 
1986年4月4〜7日 
ドイツ・カンベルグ修練所(日本人修練会)



私たちの団体は、世界基督教統一神霊協会から、
世界平和統一家庭連合に名称変更しました。

ただ名称を変えただけでなく、
私たち自身も意識と行動を
はっきりと変えないといけない立場です。

私の家庭完成は、もちろんのこと、
伝道する人たちに対して、
家庭完成を成していくこと。。。

昔から言われてきたことではありますが、
今は、本当にそういう時代であることを
はっきりと認識していかないといけないのだと思います。

続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

天国に行ける人とは?! 心情の器を広げ、霊界自由人になろう! 《金元弼先生》天国3



21518_1021434177917730_807683117346088758_n.jpg


金元弼先生のみ言。
今回は、「心情世界での自由人」です。


それから先生は、必ず週に一回は説教することによって、
宗教指導者としての資格を維持してこられました。
いろいろと他のことをたくさんやっておられても、
週に一回は必ず説教をされます。

指導者がそういう立場を保つと、
霊界が協助するようになっているというのです。

そして私たちは特に、霊界と天のお父様と真の父母と、
いかに関係を保つか、これが一番重要です。
何をしても、どんな仕事をしていても、
いつでも天のお父様といかに心情的な関係を保つかです。

これは各個人が研究してやるべきです。
これがないと、根がなくなってしまったのと同じです。
根がないと栄養分が入ってこないのです。

私たちの根は、神と真の父母です。
ですからいかにこの関係を保つかです。
これが保たれれば、いつも生き生きとして生命力が保たれますが、
これが断たれると、生命力がなくなってしまうのです。

そして心情世界で自由になれる人、心情世界を自由に往来できる人、
どこでも私たちが心情的に交流できる人、
そういう人を多くもつことが大事であるというのです。


遅かれ、早かれ一度はみな霊界に行くのです。
その霊界で、いかに自由な人になれるかです。
神の子とは自由な人です。
霊界に行って完全な自由をもっていないと、神の子と言えないのです。

この世界は神の子のために造られましたから、
結局、神の子になれば、どこに行っても自由な立場に立てるようになるのです。
特に霊界に行ってはそうなのです。

しかし、霊界に行って自由な立場に立つためには、
この地上において、その自由な立場を経験し、
そういう基盤をもたなければだめなのです。

その自由な立場とは何かというと、
それはもちろん肉体の自由もありますが、
大切なのは心情的な自由です。
心情的にいかに、だれとでも交流できる立場をもつかです。


ですからこの地上において、多くの人と交流できる心情圏の広い人が、
霊界に行っても広い領土をもつようになるのです。

昔も領主は広い領土をもちたかったものです。
それは何かというと、心情圏の広さを意味するのです。
そういう心情基盤をこの地上でつくった人が霊界に行けば、
そのくらいの広さを、自由にどこへでも行ける立場に立つのです。

つまり地上で生活したその心情圏が、
そのまま霊界の心情圏になるわけです。
地上で、こういう人とは交流できるけど、
ああいう人とは全然だめだ、これではだめなのです。

どういう人とでも付き合える、どういう人とでも心情的に交流できる、
そういう心情の広さをもたなければ、霊界に行っても、
限られた分野にしか行けないのです。

ですから地上で、360度どこにでも通じる心情をもった人にいかにしてなるか、
これが信仰生活において一番重要なことになるのです。
そうするために、神の心情をもたなければならないのです。


人間の個人的な心情をもっては、いかにしてもそうできないのです。
神は広いのです。

すべての人は神の子女ですから、神はすべての人の前にお父様です。
ですから父母というものは、自分の子女と通じるのです。

子女が父母を知らない場合はあっても、
父母は自分の子女がかわいいし、そのすべてを愛するのです。
そして全人類に対してその心情をもった方が天のお父様ですから、
天のお父様が一番心情が広いわけです。

すべて神が造ったものだから、神はどこでも通じないところがないわけです。
私たちはそういう神の子ですから、そういう神に似て、
だれとでも、どこでも心情が通じることができる、
そういう人になることが大事です。


時々、センター(教会の寮)の中で生活できない食口がいます。
一人でアパートに生活し、人と一緒にいられないという人、それはだめです。
そういう人は霊界に行ってもそうですから、地獄に行くしか道がないのです。

ですから、私たちの教会は本当に幸福だというのです。
新しい食口も一緒にセンターに住むし、
また、他の所に行ったり、来たりします。
いろいろな環境を経験できていいのです。

どこでも適合していける広い心情をもった人、
いかにそういう人になるかです。
アメリカに行っても、韓国に行っても、ドイツに行っても、
どこに行っても通じる広い心情圏を、いかにつくるかです。

天国創建のために 
1986年4月4〜7日 
ドイツ・カンベルグ修練所(日本人修練会)



私たちの根である、天の父母様、真の父母様に通じることができれば、
全てに通じることができる、ということだと思います。

昔は、ホーム生活を通して、いろんなタイプの人に出会いました。
そういう人たちとの交わりも、訓練期間だということですね。。。

今は、教会での兄弟姉妹との交わり、
そして、なんといっても伝道を通して、
霊の子女を愛することが、
心情を広くさせ、深くする道であると感じます。

不定期に続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする