2020年09月30日

(証し)「私はただスピーチをするために、この国に来たのではない」 お母様が大統領を渉外?! 《ドミニカ共和国》



200930-20191215.jpg


ドミニカ共和国の国家メシヤ
河野高志先生(777家庭)が
お母様の証しをしてくださっています。


1996年
ドミニカ共和国の国家メシヤを拝命して以来、
同国の救いのために歩んできました。

その中で忘れられないのが、
1999年5月、
「真の家庭世界化前進大会」で
真のお母様がドミニカ共和国に
来てくださったときのことです。

お母様は首都サンドドミンゴの大統領府で、
当時のレオネル・フェルナンデス大統領(42歳)に
お会いになり、み言を語られました。

お母様は終始ユーモアを交えながらも、
ズバリ、核心を突くメッセージを語られました。

「若くてハンサムな大統領だと聞いていましたが、
実際はもっとハンサムですね。
日本の宣教師たちを保護し、
ご協力くださって本当にありがとうございます。

私は35か国80か都市を巡回中です。
このサントドミンゴは68番目にあたります。

私はただスピーチをするために
この国に来たのではありません。

この国を世界の模範的な国家にするために、
あらゆる協力をしたいと思い、やってきました。

そのために、この国の家庭連合の責任者を
一緒に連れてきました。

どうか政府も一緒に協力してください。
大統領は一国のお父さんです。
その夫人はお母さんです。
国民には父母が必要です。

大統領は今、お独りだと聞いていますが、
この国のためには、結婚しなければなりません。

今、大統領は
心に決めた人がいらっしゃるのですか?

そうでなければ
私と私の夫が協力してあげましょう!

ご存知のように私と夫は、
世界的に何億双も祝福結婚式を
主宰、推進しているからです」(要旨)

自ら先頭に立って
大統領を伝道しておられる
お母様の姿を目の当たりにして、

私は、
『これはもう、死んでも
この国を復帰する以外に、
真の父母様に親孝行する道はない!』
と心に深く感じ、この時私は、
この国に永住することを決意したのです。

河野高志



この時、お母様とお会いされた
レオネル・フェルナンデス大統領は
三期大統領を務められました。

お母様から、祝福結婚の話をされていましたが、
その後はどうなったのか、気になるところですが。。。

フェルナンデス大統領の後、後継者として指名されたのが、
現在のダニーロ・メディーナ大統領であり、昨年末に行われた、
『2019中南米・カリブサミット』において、
その代理として知事が出席しています。

このサミットには、
前・現職首脳18人、国会議長12人、国会議員約30人など
著名な中南米の指導者をはじめ、
ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、グアテマラ、ドミニカなど
中南米33カ国を含む43カ国から500人余りが参加しました。

お母様の名代として、善進様がメインスピーカーとして
おくられました。
(写真参照)

間近でお母様の熱心な姿に接した
河野先生が、ドミニカ共和国に
永住する決意をされた、
本当に素晴らしいことだと思います。

お母様は、今でこそ国家的義人たちを
何人も渉外されていますが、
その当時から、すでに、そうだったのだと
感動しました。

具体的な活動内容はわかりませんが、
おそらく、河野先生の20年間にわたる精誠が、
実りを結んでいるのであり、
お母様の心情が、河野先生の歩みに
引き継がれているのを感じるのです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:20 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

塩の味を失わない信仰者となるために 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



200929.jpg


李ヨハネ(イ ヨハン)先生のみ言、
「信仰・希望・愛の路程」より
『神学校にいる間にしなければならないこと』を紹介します。


皆さんが神学校にいる期間を、塩を作る過程に例えるなら、
海の水を集めて水分(堕落性)を蒸発させ、
塩辛い塩の塊(本性)を作る期間だということができます。

ですから皆さんの感情がロゴスの心情と化し、
み言の意欲を持って自分の感情を
よく誘発できる人にならなければなりません。

堕落性はすべて取り除き、
心情にしみ込んでみ言の心情だけを
誘発することのできる人にならなければなりません。

 
神学校にいる間、涙ぐましい悔い改めをしなければなりません。

希望の力と愛の心を持ち、
そして神学校と関係を持ったことを貴重に思って、
講義時間のたびに慕わしさを持って
会うことができなければなりません。

本当に慕わしさの実体、心情の塊になり、
どんな状況の中に追いこまれても、
塩辛さを持って征服していく愛のメシヤ、
贖罪させるメシヤにならなければならないのです。

そして父母の心を持って、
僕の生活を実践することができなければなりません。

そのような人になるための教育期間が
神学校にいる期間だということを、
皆さんはよく知っているはずです。

 
このような路程を準備できないで卒業すれば、
この世に俗化されてしまいます。

こうなると哀れです。
神学校の課程を踏んで教会を任されたら、
塩辛さを出さなければならないのに、
塩辛くなれないなら、その指導者は哀れです。

 
今朝、このような考えがなぜ浮かんだのかといえば、
イエス様の路程を通してです。

イエス様は主従関係の立場を徹底して持ったかたとして、
対象のために多くの涙を流し、哀れみを施しましたが、
行き過ぎた心霊役事のために、彼らが受け止めることができず、
「悪霊につかれた者」「ペルゼブルに触れた者」
という烙印を押されてしまいました。

ですから先生は、イエス様はもっと知恵深く
しなければならなかったのだと言われました。

 
相手を塩辛さで染めなければならないのに、奇跡を行ったがために、
弟子たちは自分のことはそのままほうっておいて、
イエス様が出世されることだけを願いました。

彼らは愛の味、塩の味に染まりませんでした。

ですから、主が十字架で亡くなられるようになったとき、
みんな逃げてしまう結果になってしまったのです。
結局は、父母の心情が子供たちにうまく教育されなかったのだということができます。


李耀翰 
「生活の中の心情復活」
 (『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題) 

信仰・希望・愛の路程  
一九八五年十月二十九日(火)統一神学校
この説教はチャペルの時間に語られたもの


『相手を塩辛さで染める』
とてもいい言葉ですね。

イエス様が起こされた奇跡信仰ですが、
結果的には、現象だけを求めた弟子たちが、
塩の味に染まらなかったことを考えると、
私たちも参考にすべきことか、と思います。

真の父母様の心情に通じていないと、
環境に流されてしまったり、
お母様のみ言を不信してしまったり、
という風になってしまいます。

私自身においても、
問われる内容か、と思います。
やはり、孝情の心情で、
真の父母様と完全心情一致していきたいと思います。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

待ちわびる神様を、見るに堪えないのです… 米・中への注文 《希望前進大会のみ言》



200928-20200927 (2).png


昨日オンラインで行われた
第2回100万希望前進大会での
平和の母、真のお母様のメッセージ、
長いですが、要約してお伝えします。


尊敬する前・現職首脳、各界指導者、そして
天の父母様聖会のもと、摂理の完成のため走っている
宗教指導者、祝福家庭の皆様!
愛しています。

季節はいつの間にか、これから5日後には
一年の中で最も大きな名節(記念日)、
秋夕(チュソク)を迎えます。

韓民族は、天を崇拝し、
豊かな穀物を与えてくださった天に感謝し、
先祖に侍り、父母や兄弟が集い、満月を眺めながら、
これから近づく太平聖代(の世)に向かって、
愛を分かち合う、とても美しい風習を持つ民族です。

人類は創造主、神様とは関係のない利己主義、
自己中心的な欲心(欲望)をもって、
人類歴史は葛藤と戦争の歴史であったといえます。
今日もその戦争は続いています。

しかし人類は必ず元の位置に戻らなければなりません。
そうするためには宇宙の中心となる創造主、神様が
人間の父母になろうとされたということを
悟らなければなりません。

今回、予期せぬ新型コロナウイルスだけでなく、
気候変動による集中豪雨や強力な台風、山崩れや山火事が
絶えず世界の至る所で起こっています。

今日の現象は、文明と科学の発達によって、
生活が楽になったかもしれませんが、
予期できない二酸化炭素、排気汚染物質…
これは未来の子供たちが、健康に生活できるかという
心配が大きいというのです。

今日を生きている人類は、これ以上の分裂と
一つになれない欲心(欲望)を捨てなければなりません。

特に今回一番大きな被害を受けた国はアメリカです。
中国です。どのようにしなければなりませんか。

国民を愛する指導者であるならば、多くの人命被害と
財物を失うようなこのような事態にこれ以上
直面しないように、人間中心の解決方法ではなく
天の声を聞かなければいけません。

すべての天地万物は、創造の循環に従って進んでいます。
しかし、人間が妨害してはいけないのです。

人間が、これ以上本然の価値を失った
無知な立場にいるなら、人間の未来はもとより、
この地球の未来も保障されることはできません。

私はこれ以上、天が待ち耐えてこられた姿を、
見るに堪えないのです。
世界の指導者はひざまずいて
天の声を聞かなければならないでしょう。

堕落しなかったとしたら、本来、人類は、
永遠性をそなえ創造されました。
創造主は私たちの父母です。
父母の前に進めない人類になったということです。

今からでも気をしっかりとして、
父母を探し、出会ってこそ、
人類の未来があり、地球の未来もあるのです。

この地球、大陸の40%が砂漠化している
ということを聞きました。胸が痛いことです。
生命が生きていく上で最も貴重な空気を
供給することが危ぶまれています。

そこで、私は13億の人類を擁する中国に言いたいです。
領土を広げるために投入している莫大な資金を
中国にあるゴビ砂漠を緑地化することに使ったら、
どれほどの祝福でしょうか。

世界のすべての国が創造主である天の父母様の
子供になるその日、約200ヵ国が、天の父母様の下で
一つの兄弟姉妹として幸せに暮らせるその日、
今日を生きている世界の指導者と人類が決断し、
天の声を聞いてひまわりのように整列された国になって、
真の人類の平和と一家族になれる日が来れば、
すべての問題が解決されます。

考えてみてください。
全ての国が自国を守るために軍備に投入するお金は、
天文学的な数字です。その10分の1でも
民のために使う、そういう豊かな国になったら、
戦争を考えることができるでしょうか。

戦争をしなくても豊かな国になるのに、
なぜあえて血を流しながら、
さらに欲を出さなければならないのでしょうか?

天は私たちに最後の警告を何度もくれました。
もうこれ以上遅らせることはできません。
悟らなければなりません。

韓民族が中秋の満月を眺めながら天を崇拝し、
散らばっていた兄弟姉妹が集まり、
天と父母の前に感謝し、隣人と一つとなって暮らす
その世界が、心配や苦心のない
地上天国でなければ何でしょうか?

私はアメリカに注文します。
アメリカは神様が祝福した国であることは
間違いないでしょう。
しかし、米国だけのための祝福ではありません。

天はアメリカの基盤を通じて、
世界人類を抱こうとされました。
アメリカは、天の父母様を侍る立場に
立たなければならないでしょう。

創造主である神様を考える時、私たちは
自然を愛さなければなりません。

この天正宮の庭を手入れして
花を育てるようになりました。
すると、どこから飛んでくるのか、
数十種もの蜂が飛んできて、花の蜜を吸います。
季節が変わって朝晩は肌寒いです。
それでも蜂たちは一生懸命働いています。
(花が咲くのを)どんなに待ったでしょうか。

韓国の山が、世界中の国々が自然と共に
幸せに暮らすことができる地上天国を、指導者の皆様と
共に作っていけることを切に願っております。

77億になる人類が2050年になると
100億人を超えるそうです。
ところが、だんだん気候変動によって
人が住める地域は減っている現状です。

欲心(欲望)を捨てて、本来の息子と娘、子女として、
これ以上遅くなる前に、この美しい地球を回復させ、
天の父母様が「私はこの日を待ちわびていた!
ありがとう!」と言えるその日を迎える時まで
一生懸命に努力してくださることを
もう一度お願いいたします。


文責:ten1ko2

200928-20200927.png

第2回神統一世界安着のための100万希望前進大会
天一国8年天暦8月11日(陽暦2020年9月27日)
清心平和ワールドセンター
真のお母様の特別講演


妻が夜中までかかって、文字起こしや、
要約をしてくれました。
感謝、感謝です。

正式な翻訳ではなく、
当日の通訳者の訳などを参考にして、
要約しています。
一部割愛させていただいていますので、
ご了承ください。
(参考にした訳は、下に掲載しました)

『世界の指導者はひざまずいて
天の声を聞かなければならないでしょう』

これがお母様の切実な願いであり、
世界平和実現のための最善、最短な道のりでしょう。

そして、名指しで国の名前を挙げていましたが、
やはり、自国中心主義では、いけない、ということです。
このことを本当に悟らなければならないと思います。

お母様は国家的指導者を動かすためにも、
希望前進大会を行っているのだと思います。

昨日もスピーチをしたVIPの名前を上げましたが、
アメリカの元副大統領が二人もスピーチをしました。

昨日、うちの教会で参加した地方議員は、
「一人のゲストスピーカーだけでもメインなのに、
こんなに集まるなんて・・・」
とビックリしておられました。

この基盤を動かそうとしておられるお母様。
熱い熱い思いを感じるのです。。。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


第2回神統一世界安着のための100万希望前進大会
天一国8年天暦8月11日(陽暦2020年9月27日)
清心平和ワールドセンター
真のお母様の特別講演

尊敬する前・現職首脳、各界指導者、そして天の父母様聖会のもと、摂理の完成のため走っている宗教指導者、祝福家庭の皆様!愛しています。
季節はいつの間にか近づいてきます。これから5日後には韓民族が一年の中でもっとも大きな名節とする、秋夕を迎えます。韓民族は農耕文化民族として天を優先し、崇拝しており、天の加護があって1年の農業の(収穫の)秋を迎え、豊かな穀物を与えてくださった天に対する感謝と祖先に侍り、父母や兄弟が集い、満月を眺めながら、これから近づく太平聖代(の世)に向かって、愛を分け合うとても美しい風習を持つ民族です。
そうです。私たち人類はいつ本然のその位置に戻ることができるのでしょうか? 世界中で起こっている予期せぬ天災、特にコロナウイルスの大拡散はいまだに進行中です。これが今回で終わるものではないことを私たちは懸念しています。
人類は創造主、神様とは関係のない利己主義、自己中心的な欲で人類の歴史は葛藤と戦争の歴史でした。今日もその戦争は続いています。しかし人類は必ず元の位置に戻らなければなりません。そうするためには宇宙の中心となる創造主、神様が人間の父母になろうとされたということを悟らなければなりません。今回、予期せぬコロナウイルスだけでなく、気候変動によって集中豪雨や強力な台風、山崩れや山火事が絶えず世界の至る所で起こっています。人間が生命を維持するには太陽と水と空気が絶対に必要です。しかし、今日の現象は、文明の発達と科学の発達によって、生活が楽になったかもしれませんが、予期できない二酸化炭素、排気汚染物質、これは未来の子供たちが、健康に生活できるのかという心配が大きいというのです。
今日を生きている人類は、これ以上の分裂と一つになれない欲心を捨てなければなりません。特に今回一番大きな被害を受けた国はアメリカです。中国です。どうしたらいいですか? 民を愛する指導者なら、このような困難に直面し、多くの人命被害と財物を失うような事態をこれ以上許すことができないで、人間中心では解決する方法がないので、天の声を聞かなければなりません。
科学の発達は創造の数理から見て、平行を失ってしまいました。すべての天地万物、創造の循環法則に従って進んでいます。しかし、人間が邪魔してはいけません。人間がもはや無知な立場で本然の価値を失った立場では、人間の未来はもとより、この地球の未来も保障されることはできません。私はこれ以上天が待ち耐えてこられた姿を見ることができません。世界の指導者はひざまずいて天の声を聞かなければならないでしょう。
本来の堕落しなかった人類は永遠性を持って創造されました。創造主は私たちの父母です。父母の前に進めない人類になったということです。今からでも気をしっかりとして、父母を探し、出会ってこそ、人類の未来があり、地球の未来もあるのです。私はこの地球、大陸の40%が砂漠化しているということを聞きました。胸が痛いことです。生命が生きていく上で最も貴重な空気を供給することが危ぶまれています。それで、私は13億の人類を擁する中国に言いたいです。多くの人口と面積を持つ中国にあるゴビ砂漠を科学技術で緑地化できるなら、領土を広げるために莫大な資金を投入することを砂漠を緑地化することに使ったら、どれほど祝福であるかということを悟らなければなりません。
世界のすべての国が創造主である天の父母様の子供になるその日、天の父母様に侍る真の人類の一家族です。約200カ国が、天の父母様の下で一つの兄弟姉妹として幸せに暮らせるその日が、今日を生きている世界の指導者と人類が決断し、天の声を聞いてひまわりのように整列された国になって、真の人類の平和と一家族になれる日が来れば、すべての問題が解決されます。考えてみてください。全ての国が自国を守るために軍備に投入するお金が天文学的なお金です。そのお金を10分の1でも民のために使うことができるなら、そういう豊かな国になったら、戦争を考えることができるでしょうか。戦争をしなくても豊かな国になるのに、なぜあえて血を流しながら、さらに欲を出さなければならないのでしょうか?天は私たちに最後の警告を何度もくれました。もうこれ以上遅らせることはできません。悟らなければなりません。
韓民族の中秋の満月を眺めながら天を崇拝し、散らばっていた兄弟姉妹が集まり、天の前に父母の前に感謝し、隣人と一つとなって暮らすその世界が、心配や苦心のない地上天国でなければ何でしょうか?もう一度言いますと、天は私たちのために、この美しい地球を創造してくれました。これまで堕落で親不孝だった人類が、今は天に侍る場で悔い改め、本来の姿を取り戻す、努力するその日が、真の人類平和、人類一家族の日であることを肝に銘じてください。
私はアメリカに注文します。アメリカは神様が祝福した国であることは間違いないです。米国だけのための祝福ではありません。天はアメリカの基盤を通じて世界人類を抱こうとされました。そうしてキリスト教基盤として400年となる今日、アメリカは天の父母様を侍る立場に立たなければならないでしょう。どうして人間の無知によって壊された地球を捨てて宇宙へ行くという考えをするのでしょうか。すべての科学技術を通じて、まず私たちが暮らしているこの地球を創造当時の本然の状態に戻すことが、天の父母様の子女としての道理だと思います。
創造主である神様を考える時、私たちは自然を愛さなければなりません。私はこの天正宮の庭を歩く時、蜂の蝶はあまり多く見かけることができませんでした。それで私は庭を手入れして花を育てるようになりました。すると、どこから飛んでくるのか、蜂の種類が数十種も飛んできて、蜂蜜を吸っていました。どんなに待ったか!その自然の姿を見ると、人間の無知が、人間の考えがこのように変わってくるということを、我々はこれまで自然についてあまりにも管理できていませんでした。季節が変わって朝晩は肌寒いです。それでも蜂たちは一生懸命働いています。私は韓国の山が、世界中の国々が自然と共に幸せに暮らすことができる地上天国を、 指導者の皆様と共に作っていけることを切に願っております。
77億になる人類が2050年になると100億人を超えるそうです。ところが、だんだん気候変動によって人が住める地域は減っている現状です。もうこれ以上欲を捨てて本来の息子と娘、子女として、これ以上遅くなる前に、この美しい地球を回復できることを天の父母様は「私はこの日を待ちわびていた!それでもありがとう!」と言えるその日を迎える時まで一生懸命に努力してくださることをもう一度お願いします。
(翻訳 : LoveTP)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする