2011年04月30日

日本の父?『昭和の日』に偲ぶ天皇陛下の姿


hisaitihoumon.jpg


昨日は、昭和の日でした。
言わずと知れた、昭和天皇の御誕生日です。
陛下が崩御されてから、『天皇誕生日』ではなくなり、
最初は「みどりの日」と呼ばれていましたが、
昭和天皇を偲び、「昭和」への思いを呼び起こしたいという
多くの国民の願いを受けて、法律改正により
2007年から『昭和の日』と呼ばれるようになりました。

昭和天皇は、第2次世界大戦の敗戦後、
日本各地を慰問されました。
以下、その様子です。

<戦傷者への慰問>
午後は戦災者用宿舎をご覧になった。
どの部屋もみすぼらしい。
ある部屋では「ご主人はどうしているの」と聞かれた女性が
「フィリピンで」と答えると、戦死したと思われ、
「困っていることはないか」とお言葉をかけられた。
女性が「いいえ負傷だけで工場に行っております」と答えると、
「ずいぶん働いてくれたんだね、ご苦労だったね」のお言葉に
彼女はせき上げる涙にむせぶ。
陛下のお言葉も平素とは違い、
もしかしたら陛下も泣いておられるのではと
お側の人がそっとお顔を拝したほどであった。

<広島巡幸>
十二月七日原爆の地広島にお入りになられた。
市の入り口近くには八十四名の原爆孤児が並んでお迎えしていた。
陛下は子供たちのそばへ歩まれ慰めのお言葉をかけられた。
そして原爆で頭の禿げた男の子の頭を抱え込むようにして
御目頭をしばしば抑えられた。
周囲の群衆は静まり返りやがてすすり泣きの声が広がった。

(ともに「御製に仰ぐ昭和天皇」副島廣之著 善本社・一部訂正)


昭和天皇の人柄に触れることの出来る場面ですね。


今回の東日本大震災において、
天皇皇后両陛下は、東北・関東各地の慰問をされています。(上記写真)
それは、亡きお父上である昭和天皇のお姿を偲ばせるものがあります。
語るお言葉や膝をついて被災者の話を聞く姿は、
心の中身がその如くに表れたものであると思います。
どこかの政治家がパフォーマンスのように訪問し、
罵声を浴びせかけられている姿と正反対です。

天皇陛下は、皇居において自主停電をされ、
震災を受けた人たちに思いを馳せておられるとも聞きました。

まさに父の姿そのものであると思わされます。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

「あなたたちの家庭に将軍が生まれるだろう」李妍雅様の証し

hyungjin_1[1].png



文先生ご夫妻が統一教会の創始者の立場で、
道を切り開いてきたとするなら、
そのあとに続くのは、文亨進世界会長ご夫妻であるといえます。
昨日、二世の話題を記事にしましたが、
二世の代表に立つのは、このお二人であると思います。

神様の祝福を受けた立場でありますが、
古い先輩家庭の二世ほど、先駆者として、
壮絶な道を歩まれた方たちが多いのかも知れません。

5月号の「トゥデイズワールドジャパン」において、
世界会長の令夫人であられる李妍雅(イ・ヨナ)様の証しが掲載されていました。

ご両親は、777組の合同結婚式に参加され、
文先生によって、マッチングを受けました。
その時に、「あなたたちの家庭に将軍が生まれるだろう」
と言われたのです。

そんな祝福の言葉があったので、
予言通りの子供が生まれることを信じていかれました。
そうしたら、3人の娘が生まれました。
三女が妍雅様なのですが、もう一人ということで、
5年後に生まれた子供は、まさに男の子でした。
しかし、その子は障害を持って生まれたのです。

妍雅様のご両親はどれだけの試練を越えていかれたでしょうか。
外からの迫害はものすごいものでした。
妍雅様の弟さんは、学校でいじめを受け、
また遊びに耽ってしまったこともありました。
内部からの試練もたくさん受けてこられたと思います。
お母さんは、弟さんと死の道を行こうと考えたこともあったといいます。

そして、妍雅様ご自身も
「何故お父様は将軍が生まれるといわれたのに、
弟のような方が生まれてきたんだろう」
と悩んだといいます。

以前、妍雅様はあまり笑われない方であり
その原因も家庭の中にあったと聞いたことがありました。
それが弟さんにあったということは、
今回の証しで初めて知りました。

今はとても素晴らしい笑顔を絶やしませんが、
それは、世界会長と家庭を持たれたことが大きいと思います。

しかし、実際は弟さんのことに関しては、
つい最近まで悩んでおられたといいます。

そんな妍雅様が、世界会長の聖霊治癒礼拝を通して、
物事の捉え方を変化させることが出来たと証ししておられます。

聖霊治癒礼拝で悔い改めた土台でひとつの答えが与えられました。
「どうして男だけが将軍にならなければならないのだろう。
神様と真の父母様の前に、私が将軍になってさしあげよう」
妍雅様ご自身が将軍になる決意をしたというのです。

あの微笑の裏側には、深い信仰の世界と
ものすごく強い精神力を秘めておられると感じました。

自分自身が心の底から悔い改めることにより、
本心が浮かび上がって、本心の啓発により、
善なる解答が与えられるということなのかと思います。

そして、妍雅様は「祝司長」という立場を与えられています。
この立場こそが将軍なのではないか、
元々、文先生は、妍雅様が生まれることを
「将軍が生まれる」と予言されたのかも知れない、
そんなことも思わされました。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

統一教会の未来は明るい! 全国拉致監禁解放集会に参加して


ホフマン 12才のイエス.jpg


昨日、全国拉致監禁解放集会があり、
私も後藤徹代表に誘われて参加させていただきました。

内容としましては、
● 昨年1年間の拉致監禁撲滅のための活動報告
● 今後の拉致監禁撲滅に対する取り組み
● アメリカでの活動内容
● アメリカを始めとする世界との連携
● 拉致監禁被害者へのケア
● 各地での取り組み報告
● 質疑応答
盛りだくさんの内容でありました。

全国では多少の温度差はあるにせよ、
必死に取り組んでおられる姿に希望を感じました。

何よりも、文國進理事長が
本当に兄弟姉妹として心配してくださり、
拉致監禁被害者の解放が、
真のお父様の解放につながるということを
常に意識して歩んでおられることが、
とても感謝であり、それゆえに
ここまでプロジェクトが進んできていることを
改めて感じました。


拉致監禁の件とは少し話題が離れていきますが、
今回参加して、感動したことがあります。

文國進理事長の相対圏に立ち、手足となって働く
成長された二世の方たちの姿です。
大先輩たちのお子様が、今回の集会でも
前面に出られて、活躍されている姿には
とても希望を感じました。

梶栗本部長は、統一教会会長のご長男ですが、
一つのセッションの責任を持たれて、
とても素晴らしいスピーチをされました。
参加した方から、本部に対する要望なども出ていましたが、
うまく対応されながら、全体を統括されていかれるところも
本当に素晴らしいと感じました。

また、小山田先生のご子息も
梶栗本部長をサポートする立場に徹しておられました。

途中、堀家庭局副局長も参加されました。
今回は短い報告でありましたが、
いつも文亨進世界会長が来られた時の通訳をされるので
お馴染みですね。
通訳をされる内容もわかりやすく、
安心して聞くことができます。

私の個人的な所感ですが、
(それぞれが知情意を兼ね備えておられると思うのですが)
小山田2世が知的、堀2世が情的、梶栗2世は意的な世界を感じました。
三人が、知情意の天使長して
世界会長や、國進様を支える確かな基台となっているという
感銘を受けたのです。

休憩中に、梶栗本部長と堀副局長が
談笑していましたが、
子供の頃からの付き合いがあるのでしょう。
本当の兄弟のように親しく話しておられました。

上記の3名だけでなく、
多くの二世が教会スタッフとして活躍されています。

その背後には親である先輩の方々の精誠があるなぁとも
感じました。
こうやって、子女たちに実っていくのでしょう。

これからも二世たちがさらに育っていけば、
統一教会はさらに発展するに違いない。
そんなことを思わされた昨日の全国集会でありました。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村画像は:ホフマン「12才のイエス」



posted by ten1ko2 at 08:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする