2011年04月15日

後藤代表の民事裁判の報告〜拉致監禁解放プロジェクトに参加して(1)


davidサンタマリア・デラ・サルーテ教会の天井画.jpg


昨夜、後藤徹代表を迎えて行われた
拉致監禁解放プロジェクトに参加してまいりました。

先月は、震災の影響もあり、
約2ヶ月ぶりの開催です。
(名称が、「被害者の会」から「拉致監禁解放プロジェクト」に変更し
新生してスタートしています。)

最初に後藤代表から報告があり、
最近の被害状況や今後の取り組みについて、
また、ご自身が提訴した民事裁判に関して
説明がありました。

特に民事裁判については、第1回口頭弁論(3/22)
について、詳しく報告がありました。

第1回口頭弁論は、弁護士が準備書面の確認をして、
次回開催日を決めるという簡単なやり取りだけなので、
原告・被告当事者が参加することはあまりないのですが、
今回は、原告である後藤代表が出席しただけではなく、
被告である、宮村氏と後藤代表の兄・妹も参加するという
異様な雰囲気の中で行われました。

彼は、約3年前に監禁場所で生活をともにした
兄と妹、そして首謀者である宮村氏と対面したのです。
なんともいえない陰鬱な気分になったといいます。
フラッシュバックのように、
過去の出来事が浮かんだといいます。

この重たくなる気分は、体験した人でなければ
わからない世界です。
被害者として、共有できる世界です。

12年5ヶ月の期間、信仰を全うして、
見事に乗り越えて、神様の前に戻ってこられた
後藤代表でさえ、過去に対しての思いが
湧き上がってくるのです。

そういうことを考えたとき、
拉致監禁・強制改宗の被害を受けた
多くの兄弟姉妹が心の傷を負って
生活しているという事実があるということを
改めて認識させられました。

被告側は一人につき、弁護士が二人もついているという
重装備に対して、
原告は、後藤代表と弁護士一人という
丸腰での戦いです。

被告本人が参加したことを含めて、
まさに向こうの決意を感じます。

しかし、かつてダビデが巨人ゴリアテを倒したように、
私たちは、神とともにある者として
誇りと信仰を持って戦うならば、
必ず勝利するのです。

そして、神様が導いてくださるためにも、
私たちは、祈りと声援を送っていきたいと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
写真は「ダビデとゴリアテの戦い」
サンタマリア・デラ・サルーテ教会の天井画(ヴェネツィア)



posted by ten1ko2 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

傲慢不遜?!神を解放する道を行かれた文先生


CHRIST BEFORE PILATE .jpg


私が2度目の拉致監禁をされたとき、
牧師がこのようなことを言っていました。

すなわち、
「文鮮明は傲慢不遜である。
なぜなら彼は、
『神を解放しなければならない』
と言っている。
神様は永遠・不変・絶対であり、
栄光の神様であるので、
『解放する』なんておかしい」
と言ったのです。

かつてイエス様が十字架につきました。
その原因は何でしょうか。
次のような聖句があります。

「あなたは神の子キリストなのかどうか、
生ける神に誓ってわれわれに答えよ」。
イエスは彼に言われた、
「あなたの言うとおりである。
しかし、わたしは言っておく。
あなたがたは、間もなく、
人の子が力ある者の右に座し、
天の雲に乗って来るのを見るであろう」。
すると、大祭司はその衣を引き裂いて言った、
「彼は神を汚した。
どうしてこれ以上、証人の必要があろう。
あなたがたは今このけがし言を聞いた。
あなたがたの意見はどうか」。
すると、彼らは答えて言った、
「彼は死に当るものだ」。

マタイによる福音書第26章64節〜66節


2000年前、神の子であると宣言されたイエス様。
当時は、自分が神の子であると表現することが
神を冒涜する行為でありました。

しかし、イエス様は真なる神の子であったのです。
当時のユダヤ教徒たちは、
イエス様の真実の姿がわからなかったのです。

文先生が「神様を解放する」
と語られたことに対する批判も、
2000年前と同じなのではないでしょうか。

子供である人間が、堕落して以来
苦しみを負って生きている姿を見て、
人間以上に苦しみ悲しんでいるのが、
親である神様であり、
その神様を慰めるために歩んでこられたのが、
文鮮明先生の生涯であります。
ですから、神様に親孝行する意味で、
「神様を解放する」と語られたのです。

文先生のこの言葉は、
傲慢ゆえの発言ではなく、
神の息子として自然に出た表現なのです。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村写真は、CHRIST BEFORE PILATE「ピラトの前のキリスト」




posted by ten1ko2 at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

堕落の根源を解明された文先生、誹謗スキャンダルは真実か?!


resizeCARYRAL1桜の木 菜の花.jpg


震災から1ヶ月と2日が過ぎました。
普通ならば、余震もなくなって、
復興のために全てを注いでいく時期でありますが、
未だに、大きな余震が続き、
福島第一原発での放射能問題も未解決であります。
復興を目指しながら、不安を抱えておられる
被災地の方は、本当に大変だと思います。

この期間は、拉致監禁に関する話題を控えてきました。
しかし、今年は後藤徹さんと宇佐美隆さんの裁判があり、
これを勝利的に越えることによって、
様々な意味で道が開けていくことを考えると、
そろそろ再開する時かと思います。
震災から1ヶ月経ったことを契機として、
拉致監禁に関して、再度取り上げていく所存ですので、
今後とも、よろしくお願いいたします。


文先生のスキャンダルを今もなお、
批判材料としている反対派もいますが、
うわさはあくまでもうわさでしかありません。

早稲田留学時代に体験したことを
文先生はこのように話しておられます。


街頭の女性たちに対して、
訪ねていって、悪いことをするのではなく、
事情を聞いて、そのような女性を
どのように解放するかと涙の同志になることが出来る道を
探してさまよったそのような男でした。
女性たちは私をたぶらかすために、
あらゆることをしました。
先生が日本にいたときにも、
女性たちが裸になって、
布団の中にこっそり入ってくることが
何度もあったのです。
けれども私は、女性たちの前に
罪を犯しませんでした。
そのようにして、世界のすべての女性を任せてもいい男として、
使命を果たすことが出来るようになるのです。
そうした正しい伝統を汚す、
愚かな人にならないようにしなければなりません。
そのような基盤を立てるために、
先生がどれほど苦労をしたのか、
皆さんは知りません。



このみ言葉を訓読するだけでも、
誹謗スキャンダルの内容は、
1000%あり得ないということがわかると思います。

堕落の根源を解明されたということは、
その問題に対しては徹底的に厳しい方であるということです。

罪の根が淫乱にあったと解明されたということは、
男女の性に対しては、徹底的に厳しい方なのです。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする