2011年04月06日

文先生が津波から救ってくれた!


八戸で漁師をしている大山照雄さんの証が
統一教会公式サイトに掲載されています。
3度の大津波を越えて、奇跡的に生還した青森の漁師
もう少し詳しい証を聞くことが出来たので、
紹介したいと思います。

大山さんは、海洋修練会に何度も参加され、
文先生からも直接指導を受けたことがあるそうです。
そして、津波が来たときの対処の仕方を教わりました。

「津波が来たら、恐れてはいけない。
津波を恐れて逃げたらダメだ。
正面突破だ。
津波に向かって進むんだ」

大山さんは地震の時、海の上でした。
そのとき、ふと過去に文先生から言われていたこと。。。
すなわち正面突破しかないと思わされたのです。

そして、3度の大津波を見事に乗り越えて、
奇跡的な生還を果たしました。

doreガリラヤ湖を行くイエス.jpg


この証を聞きながら、イエス様が海を歩かれる聖句が浮かびました。

イエスは夜明けの四時ごろ、海の上を歩いて彼らの方へ行かれた。
弟子たちは、イエスが海の上を歩いておられるのを見て、
幽霊だと言っておじ惑い、恐怖のあまり叫び声をあげた。
しかし、イエスはすぐに彼らに声をかけて、
「しっかりするのだ、わたしである。恐れることはない」
と言われた。
するとペテロが答えて言った、
「主よ、あなたでしたか。
では、わたしに命じて、水の上を渡ってみもとに行かせてください」。
イエスは、「おいでなさい」と言われたので、
ペテロは舟からおり、水の上を歩いてイエスのところへ行った。
しかし、風を見て恐ろしくなり、
そしておぼれかけたので、彼は叫んで、
「主よ、お助けください」と言った。
イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかまえて言われた、
「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」。
(マタイによる福音書 第14章から)


大山さんが文先生の言葉を信じないで、
自分なりに津波から逃げていたらどうなっていたでしょうか。
そういう意味で大山さんは、
文先生のみ言葉をひたすら信じて、
その如くの行動をとった結果、
命が助かったのです。

まさに「絶対信仰は運命を革新する」のです。

また、港に帰ってきて、
車がどうなっているか調べたところ
まったくそのままの状態にありました。
しかも水にも濡れていなかったのです。
ちなみに車の中には、天聖経が置いてあったといいます。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 06:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする