2011年04月27日

「今日の私の救世主になって下さりありがとうございます」世界会長から岩手の食口へ


5vdyc[1]iwatesikku.jpg
文先生の元に行かれた岩手のメンバーたち


先週の4月17日、岩手教区のメンバーが
アメリカの地で、文先生と出会いの場を持ちました。

世界会長のツイッターでは、以下のように記述されています。

今日(4月17日)の私の救世主は、
今回の津波被害の中でも
真の父母様へ自分達のりりしい姿をお見せする、
こちらに訪ねてきた岩手県、
日本食口達でした。
今日の私の救世主になって下さりありがとうございます。

文先生は、2日前の4月15日に
岩手教区のメンバーが訪ねてこられることを知りました。
「 いつ来るんだ。あとどれくらいで来るんだ」
と側近の方に何度も何度も尋ねられたそうです。

岩手のメンバーの中には、
津波で家が流された方もいたといいます。
そんな状況の中でありながら、
真のお父様を慕い、訪ねてこられました。

文亨進世界会長も
「今日の私の救世主」
と語っておられますように、
文先生の心もどれほど癒されていかれたでしょうか。
地震と津波の被害を受けて、
苦しい状況の中を過ごしている日本食口に
思いを馳せておられる先生の元を
直接元気な姿を見せられたのです。

nardo.jpg


教会長は、ナルドの香油の話をして
解説してくださいました。

マグラダのマリアは、高価な香油を
イエス様の足に自分の髪でぬぐったといいます。
300デナリという量をすべて使ってしまったので、
弟子もその行為を見て止めさせようとしましたが、
イエス様はこう語られました。

この人のするままにさせておきなさい。
わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから

300デナリというのは、
当時の労働者1年分の賃金に値するといいます。
それだけの価値を持ったものを
イエス様にすべて捧げたのです。

自分の事情を越えて、
アメリカに行かれた岩手のメンバーは、
精一杯の真心を捧げていかれたので、
まさにマグダラのマリアのような姿だったというのです。

この日に、文先生は、ヨーロッパ行きを決められました。
4月17日というのは、
76年前である1935年のこの日、
イエス様が文先生に霊的に現れて
「私の使命を果たして欲しい」
と願われて、先生ご自身が、再臨主としての道を
決意していかれた記念すべき日です。

そんな歴史的な日に、特別な出来事があったのです。
偶然とはいえない、そんな思いにさせられます。

そして、翌日の18日
講演文を何度も訓読され、
一度も席を立たれることなく、
しかも水を一滴も飲まれることなく、
12時間もみ言葉を語りつづけられたといいます。

岩手の食口たちと真の父母様の精誠、
その土台で、今回のヨーロッパ大会があると思わされます。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする