2011年05月25日

スイスで文先生に報告されたひとつの証し


untitledす.jpg
☆スイスで文先生ご夫妻と宋会長☆


ある教育センターでの証しです。
教育センターとは、
文先生が解明された統一原理を学ぶ場所であり、
全国各地に拠点があります。

その教育センターは、人通りの多い繁華街にあります。
ビルの1階に構えていることもあり、
街を歩いている人たちにも、
統一教会・統一原理を知らせるべく、
教会のポスターを掲示して、
統一運動のDVDを流しています。

ある日のこと。
一人の男性が立ち止まって、DVDを見ていました。
頭からフードをすっぽり被り、
近寄り難い雰囲気を醸し出しています。

しばらくして、立ち去っていきましたが、
次の日も、DVDを見に来ました。
やはり同じ格好をしています。

そして、3日目。
男性はまたやって来ました。
さすがにスタッフも、3日間連続で来るのだから、
何か関心があるからなのだろう、
ということで、おそるおそる声をかけました。

近寄ってみると、初老の男性は、
DVDを見ながら、目に涙をためていました。

教育センターに招きいれ、話を聞いてみると、
彼は若い頃、み言葉に出会い、
教会で献身的な活動をしていたといいます。
様々なことで、み旨を歩めなくなり、
36年前に教会から遠ざかったのでした。

最近、あることで人生の転機に直面し、
「もう一度、教会に行きたい、
文先生がどうしておられるのか知りたい」
と無性に思っているところ、
たまたま通りかかった場所で、
文先生の姿を見て、涙を流したのでした。

91歳の今もなお、
ご苦労されている先生の姿を通して、
彼は再び教会に戻ってこられたのです。


実は、責任者の方が、スイスに行かれた時、
このことを、文先生に直接報告されました。
(おそらく上記の写真のような環境だったと思います)

先生は、この男性が教会から離れていた期間に
苦労していたことに対し、
とても心を痛めるような表情をされたそうです。
しかし、また戻って来られたことを聞き、
うなずいておられたといいます。


私の知っている方も、長い期間、
教会から遠ざかり、その方は、
「自分はもう教会に戻ることが出来ない」
と思っていたそうです。

実際、メンバーから辛辣な言葉を
受けたこともあったと聞きました。

「でももう一回、教会を訪ねてみよう」と
思い切って訪ねてみて
そうしたら、あまりにもすんなり受け入れてくれ、
拍子抜けしたのと同時に、
「何で、もっと早く教会に行けば良かったのに・・・」
という思いにもなったそうです。

昔、教会で歩んでおられた先輩たち。
私たち以上に最前線でご苦労してこられた、
お兄さん、お姉さん。。。
是非、楽な気持ちで教会にお越しください。
後輩である、弟の願いです。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

世界会長のツイッターlovintpが知らせた世界巡回


securedownload3.jpg
☆世界会長ご夫妻☆


今回、文先生ご夫妻のヨーロッパ・中東巡回に対して、
様々とコメントをさせていただきましたが、
ブログに掲載しようと思ったきっかけというのは、
やはり何と言っても、世界会長ご夫妻のツイッターです。
http://twitter.com/#!/lovintp

今年の3月9日から始められていますが、
一番身近におられる世界会長が、
先生のご様子をダイレクトに伝えてくださり、
写真やみ言葉も、いち早く見ることが出来るので、
これ以上の恩恵はありません。

ヨーロッパでの大会の様子や、
観光しておられる姿なども
世界会長のツイッターでなければ、
ここまで詳しくわからなかったと思います。

それでは、世界会長がツイッターを始められた
そのきっかけは、何だったのでしょうか。

私なりの解釈ではありますが、
アカウント名(lovintp)の如く,
愛する真の父母様を多くの人に伝えたいからであり、
さらには、父母として歩まれている
真の姿を正しく伝えていきたい、
そのようなことが動機となって、
ツイッターを始められたのではないか・・・
そんな風に思っています。

また、世界会長は、末息子であられますので、
臆面もなく、父母様に接しておられるところが
また共感を呼ぶところでもあると思います。

securedownload1。。.jpg
↑ こんな写真などは、世界会長でなければ、
撮ることができないですよね〜


securedownload2..jpg

世界会長が父母様にバラの花束をプレゼントされ時の、
妍雅様のツイートです。
亨進様が真のご父母様のために作られたバラの花・花・花^^
(このようなこともされるのを見れば、本当に末っ子ですね)



アメリカから始まったツイッター。
いまや、世界各国に広がっています。
ちなみに投稿数が最も多いのは、アメリカですが、
利用者数が多いのが、日本なのだそうです。
さらには、1秒間のアクセス数が最も多かったのが、
今年の1月1日であり、6939回だったとのこと。
もちろん、どこの国かと言えば、日本です。

ツイッターを活用することで、
世界に父母様を証すことになりますが、
まだ、フォロー数もそれほど多くはありません。

言葉の壁もありますが、
多くの人に伝えていきたいと思うし、
私自身もつたないブログではありますが、
これからも、文先生ご夫妻の真の姿を証ししていきたいと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

《拡散希望》「拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会」を応援しよう


c776d2580b84ea7f4144ecb4de07cce5.jpg


「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」の後藤徹代表が、
12年5ヶ月に渡って受けてきた、
拉致監禁・強制改宗の真実を訴えるべく、
関与した親族・牧師・職業的強制脱会屋を相手取って
民事裁判を起こしています。

皆様も教会のHPや信者の方のブログなどを通して、
ご存知であると思います。

この裁判に対し、
「拉致監禁被害者後藤徹氏の裁判を支援する会」
が発足しました。

とても興味深いのが、世話人として名を連ねている方の中に、
元信者の方がいらっしゃるということです。
「アンチ統一しかし、拉致監禁断固反対」という立場です。
統一教会を既に脱会しているにも関わらず、
ご自身が受けてきた拉致監禁は間違っていると
良心の思いをそのまま行動に移しておられる姿は、
本当に頼もしい限りです。

「統一教会は、過去に迷惑行為をしたことがあった」
と仮にしたとしても
「だから、拉致監禁をしてもいい」
という論理はどう考えてもおかしいのです。

人間の良心に訴えかけたい部分です。

支援する会の方がブログを作っています。
このブログの特筆すべき点は、
裁判に提出する答弁書などを
そのまま全文記録しているところです。

反対派の訴えとしては、
「統一教会はこんなに悪いところだ。
だから私たちは反対しているし、
後藤氏を監禁したわけでなく、
家族で話し合う場を設定しただけだ」
という一貫した主張を繰り返しています。

本当に保護説得の場を提供しただけで、
拉致監禁ではない、というのでしょうか。

私自身も体験したことに対して、
「あれは拉致ではありませんでした」
などと言うことは絶対に出来ません。
たとえ口が裂けたとしても、言えません。

以下、ブログの名前とURLです。
『拉致監禁by宮村の裁判記録』
 http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/

信者でブログを作っておられる方は、
是非リンクを張ってくださるようにお願いします。

そして、信者である私たちも
関心を持っていかないといけませんが、
このブログを一般の良心的な方、
また法律に詳しい方に是非みていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




posted by ten1ko2 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする