2011年05月12日

イギリスにおられる文先生、今日の大会の成功を祈りましょう


275px-Westminster_Abbey_-_West_Door.jpg
☆ウエストミンスター寺院☆


イギリスにおられる文先生ご一行は、
昨日、ウエストミンスター寺院などを訪問されました。

ウエストミンスター寺院と言えば、
先日、ウィリアム王子とキャサリンさんが
結婚式を挙げられましたが、
歴代の王たちが戴冠式をあげた場所でもあり、
歴代の王や女王、政治家たちが埋葬されています。

イギリスと日本はともに、島国であり、
40代にわたる王室と、万世一系の皇室。
左側通行。マナーの意識が高い(?)
何かと共通点がありますね。

文先生も何か、格別な思いを持って、
この地を訪れておられるような気がします。

今日はイギリス大会が行われる予定です。
大会の成功を祈りつつ、共通点の多い、
イギリスの地に愛の振動を送っていきたいと思います。


私は生涯、
平和のために身を捧げてきました。
「平和」という言葉を思い起こすだけで、
今も喉が締め付けられて
食べ物が通らず、目頭が熱くなります。
世界が一つになって平和を享受する、
その日を思い描いてみるだけでも、
これ以上ない感動があります。
平和とは、そのようなものです。
思想が違い、人種が違い、
言葉が違う人たちを連結することです。
そのような世界を慕い、願う心です。
平和は具体的な行動であって
漠然とした夢ではありません。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする