2011年05月15日

ヨーロッパ巡回を支える日欧の食口たち


be0lw[1].jpg
☆スイス・ジュネーブで亨進世界会長夫妻と日本人宣教師たち☆


第1次世界巡回もスイス大会が終了し、
いよいよドイツ大会を残すのみとなりました。

ドイツでは、リトルエンジェルス公演も
行われると聞いています。

妻がかつて歩んだ東欧の地からも
ツアーを組んで、文先生の大会に参加しています。

今回、参加した東欧の姉妹の感想が流れてきましたので、
一部、紹介させていただきます。


親愛なる皆様へ

私は真のご父母様のローマでの大会に参加するという
恩恵に預かりました。

真のお父様は本当に強いと感じました。
微笑まれたり、冗談を言われたり、
時には、口笛を吹いたりもされました。
また、講演文から外れて、別なお話をされたりもしました。

誉進様、仁進様、亨進様、国進様にもお会いできて
本当に幸せでした!

そして、夫は亨進様を通して、
真のお父様に傘をさし上げることが出来たんです!!
さらに、夫は真のご父母様のお荷物を降ろすという
特別な任務もしたんですよ!


ご父母様や子女様との因縁を持てて、
とても嬉しそうな雰囲気が伝わってきますよね。

私自身は海外で歩んだ経験はありませんが、
国ごとに言語、風習、文化、歴史的背景などは違ったとしても、
神様を慕い、文先生ご夫妻を真の父母として慕う、
その心情の世界は共通であると感じます。

そして、なんといっても、
世界中ありとあらゆるところで活躍しているのが、
日本の宣教メンバーたちです。

写真にも世界会長ご夫妻とともに、
現地で活動していたり、
日本から応援に行っている婦人たちの姿がありますが、
彼女たちの歩みがあってこそ、
世界に統一運動の輪が広がっていると言っても
過言ではないと思います。

様々な事情を超えて、歩んでいる婦人たちに
敬意を表したいと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする