2011年05月22日

李妍雅様にイムジン河を歌わせた文先生〜「ドイツでの三日間」情報


800px-ImjingangRailRoad[1].jpg
☆イムジン河と京義線☆


ドイツでの3日間の様子を
宣教師のメンバーが報告してくださいました。


大会会場のテンポドームは、
12の山(とんがり)の形をした王冠のドームで
御父母様をお迎えするにふさわしい白い建物でした。
2日間大盛況で興奮冷めやらぬ中で大会は大勝利で終了しました。

宿泊されたアドロンホテルは、
ベルリンを東西に分断したベルリンの壁を臨む、
ブランデンブルグ門が目の前にある伝統ある最高のホテルでした。

16日の午前中に到着され、少し御疲れの御様子でした。
しかし、次の朝の訓読会では、
御子女様や幹部の方々の歌や報告で、
終始和やかな雰囲気で2時間ぐらいが過ぎ、
最後は御父母様も歌や踊りも出て、
最高のひとときでした。

その夜はリトルエンジェルス公演に参席され、
最後は舞台に笑顔で立たれました。
会場は立ち見席も埋まり、
一つ一つの踊りが終わるたびに感動の拍手の嵐でした。

18日も同じように会場は満席となりました。
91歳とは思えない力強い口調で、
時より叱責される場面もあり、
ヨーロッパ巡回最後の講演という事もあり、
歴史を清算し、新しい出発をさせたい
御父母様の願いがあるように感じました。
それは、19日のドイツを出発される訓読会でも同じであり、
全ヨーロッパから集まった500名近い兄弟姉妹の前でも同じでした。

3日間の訓読会で、お父様は李ヨナ様(亨進世界会長の奥様)に
“イムジン河”を毎回歌うように指示されました。
南北統一を願われる、
御父母様の決意ではなかったかと思います。




3日前に私が書いた記事、
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/202187109.html
(統一を夢見て〜第1次世界巡回を終えた文先生)
において、東西ドイツの統一を通して、
南北統一を願っておられるに違いない先生を思って、
金蓮子(キムヨンジャ)が歌うイムジン河を添付しましたけれど、
まさか実際に李妍雅様に歌わせていたとは・・・!
何か先生と心情を共有できた思いになりました。

しかし、そのあと次のような思いが湧いてきました。
「先生のご心境は、どれだけ深刻であり、切実であろうか・・・」

先生は神様と約束をしていました。
1950年、38度線を越えるとき、神様にこのように決意されました。


両手で38度線の土をすくい、
『必ずこの手で共産党を消化し、
何年かのちには必ず戻ってくる』
と決意しました。
『私のこの手で自由世界を収拾し、糾合して、
北韓を解放するぞ』
と祈祷したのが、昨日のことのようです


(真の御父母様の生涯路程より)


1950年から今に至るまで、
未だに神様との約束を果たすことが出来ない、
その現状に対して、
「神様、申し訳ありません。必ず約束を果たします」
という深刻なる思いを持ちながら、
ヨナ様の歌を聞いておられたのだと思います。

ヨナ様の心に響く歌声は、Peace TV 韓国版の
「5月18日ドイツ訓読会」で聞くことが出来ます。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする