2011年05月31日

「世界滅亡の日?!」5月21日に終末のみ言を語られた文先生《世界巡回路程報告》3


55pjl.jpg
☆ラスベガス大会で講演される文先生☆


既に何人かの方がブログでも記事にしていますが、
アメリカのラジオ伝道師ハロルド・キャンピング氏が
地球の終末を予言していました。

先週の集会でも、そのことを取り上げておられました。

彼は、ノアの箱舟による大洪水が起きた年を
紀元前4990年と解釈し、その時から7000年後が
今年の2011年であるとしています。
そして、さらに詳しく計算をすると、
その日が5/21であり、
真の信者はキリストとともに天へ昇り、
そうでない者は地上に取り残されるとまで名言していました。
こちら参照のこと。

アメリカをはじめとして全世界が注目していた5/21。
特別なことが起こらずに、時間が過ぎ去っていきます。
「何もありませんでしたね」とインタビューを受けて、
彼は次のように答えたそうです。
「計算を間違えた」

彼は本当に計算を間違えたのでしょうか。
本当にその日に歴史的な事件が起ったのです。
しかも、予言の発祥地は、ラスベガスから飛行機で
約1時間の距離にあるオークランド市です。
彼らが主張する終末の日、まさに近郊のラスベガスで
歴史的天宙大会がなされていきました。

ラジオ伝道師が人類の終末であると示した5/21。
まさに文先生は、人類の終末の地ラスベガスで、
終末のみ言葉を語られたのです。

神様は全てを啓示で表すことが出来ません。
啓示も比喩・例えで象徴的にしかなせません。
謙虚な姿勢を持って、物事を見ていけば、
全てを悟ることが出来、真理が明らかになります。
原理で言う、人間の責任分担5%が必要である、
ということなのだと思います。

神様の伝えたいことを真に悟っていくためには
何よりも神様のための精誠がなければなりません。
文先生の歩まれてきた道は、精誠の中の精誠の道でした。
私たちも共に精誠の道を行き
神様の真意を悟っていきたいと思うのです。

ちなみに計算を間違えたと言い逃れをしたキャンピング氏は、
「本当は10月だった」 と言っているようです。
この時にも、私たちは歴史的な集会を行う月でありますけど。。。


今回の報告の中に、
ラスベガス大会より1ヶ月以上前になりますが
ラスベガスの篤志家が来られたという報告がありました。
とても由緒ある家系の末裔であり、世界各国に土地を所有し、
数カ国の大統領とも懇意にしている方だそうです。
熱心なカトリックの信者であったその人が、
あるきっかけで統一教会に出会い、食口になったといいます。

文先生の元を訪ねた時、先生はこう質問されたそうです。
「あなたは、先生の弟子になりたいのか、
それとも息子になりたいのか」
彼はこう答えました。
「私は息子の方がいいです」

そして、真の父母様に対して、親孝行したい思いを持って、
最高のプレゼントをされたそうです。

今後は、このような現象が
たくさん起こると言われていました。
そうであるはずですし、そうしなければならない、
そんなことを思わされました。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする