2011年06月12日

地獄を天国に変える、天国ゲーム大会inラスベガス


securedownloadラス.jpg


地獄を天国に変える戦いは、
観念的ではなく、具体的であり、
文先生はそのことを真剣に考えておられます。

先日聞いた報告の中にも、
そんな内容がありました。
(何回かに渡ってお伝えしている本部の先生の報告です)


5月22日の世界会長のツイッターにも
少し紹介されていますが、
ラスベガスのホテルでゲーム大会がありました。
それぞれが参加費を出し合ってゲームをしたのですが、
そのうちの半分が寄付金にあてられたといいます。

ラスベガスでカジノをする人たちは、
一攫千金を夢見てやってきます。
みんなが獲得できればいいのですが、
そういうわけにはいきません。
むしろそうでない場合がほとんどです。
最初、これくらいのお金を使おうと思って、
ラスベガスにやってきたにも関わらず、
負けが続くと、今度こそと思って、どんどん深みにはまり、
全財産を使い果たしてしまう人もいるといいます。

特に個人経営の社長が多いと聞きました。
最終的には、事業資金まで使い果たし、
会社を破綻させ、妻と子供を国に残し、
結局国に帰ることが出来ないのです。

その人たちは身寄りがないので、
貧しく、寂しく生活しています。
ラスベガスに金儲けをしようと思ってきたのに、
次の日は、ホテルで掃除人として働いているのです。

今回の大会でその老人たちをケアーしている団体に
寄付をしたといいます。

ちなみに優勝した方も、賞金を全額寄付されたそうです。
ゲームだけ楽しんで、あとは、寄付と大会経費に使われた、
そんな感じだったのではないでしょうか。

負けても、そのお金が寄付に使われるし、
勝っても寄付をしてしまう・・・
今回、会場を提供したホテルのスタッフは、
ゲーム大会をしている人たちの表情と、
大会の雰囲気があまりにも明るく、楽しそうであったので、
とても驚いていたそうです。

ラスベガスで精誠を捧げられつつも、
カジノのルールまで変えようとしておられる文先生。
凡人ではあり得ない発想の中に、
この地を天国に変えようとする、
真剣であり、切実であり、深刻な思いが込められていると感じます。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



追記:このゲーム大会に参加されたというLukeさんから、情報を頂きました。
   コメント欄をチェックしてください


posted by ten1ko2 at 09:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする