2011年06月18日

「一点の影のない、きれいな人生を」霊界に行くために〜私のおこなった自叙伝講演会2〜


1pfBclz9ccMAiiRcSKK3GOpVGhfz_wgg.jpg
☆クィーンコーヒーの農場にて文先生一行―ハワイ・コナ☆


一時的に、肉体の機能が止まり、
霊界を垣間見た人たちがいます。
いわゆる「臨死体験」をした人たちは、
過去の自分の人生が映し出される場面を見たといいます。
「フラッシュバック」というものです。
自分の目の前に、生まれたときから息を引き取るまでの、
人生の歩みがそこに再現されるのです。

自分の人生を振り返りながら、
あまりにも細かいことまで全て蘇るので、
もし、良心に引っかかる人生ならば、
「自分の一生は恥ずかしい、
もう一度生まれ変わることができたなら、
それらを全て償いたい」
そう思うのではないでしょうか。

逆に言えば、人に尽くした人生、
良心に負債なき人生を送った人であるならば、
その人は顔を上げて、過去の人生を振り返ることができると思います。

文先生は、はっきりと語っておられます。

地上での人生を終えて霊界に入っていけば、
生涯、自分が生きてきた人生が、
録画テープが回るように展開します。
天国に行くか地獄に行くかは
自分の人生によって決定するのです。
ですから、一点の影もない、きれいな人生を
生きなければなりません。
(自叙伝340ページ)


文先生は、地上の世界と霊界の関係をこのように表現されています。

川は人生を表し、海は霊界を表す。

鮭のような魚は、川から海にそして海から川に戻る特殊な魚です。
しかし、生まれたばかりの鮭を海に入れたらどうなるでしょうか。
浸透圧をコントロールできずに死んでしまうでしょう。
少しずつ海に向かって泳いでいくので、海の生活に慣れていくのです。
すなわち、霊界に行く準備をしないで、突然霊界に行ったら、
大変なことになるというのです。

川も海も同じ水ですが、
海にあって、川にないものがあります。
そうです。塩です。
鮭は少しずつ塩を味わう準備をして、海に入っていくわけです。

それでは、霊界において塩に該当するものは何でしょうか。
それが愛なのです。
霊界は愛の海です。
愛だけが全ての世界であり、
愛が空気となっている世界なのです。

愛の中に生まれ、
愛の人生を生きたのですから、
生を終える墓の中に残るものも愛だけです。
愛によって生まれた命が、
愛を分かち合って生き、
愛の中に帰っていくのが、
私たちの人生なので、
私たちは皆、
愛の墓を残して旅立つ人生を生きなければなりません。
(自叙伝239ページ)


海が近づくと塩を受け入れる訓練をするように、
とりわけ晩年の人生は愛が全てである、
という人生を送らなければならないのです。

さらにいうならば、霊界天国には、全てが準備されているので、
文先生は地上に執着するものは何もないといいます。

私は生涯に手にしたものをすべて差し出し、
身軽にこの世を旅立つでしょう。
天の国に行けば、
金銀財宝があふれるほど散らばっているのに、
地上から何を持っていくのでしょう。
(自叙伝338ページ)


この世でいくら財産を築いても、
また地位・名誉を得たとしても、
それを霊界に持っていくことが出来ません。
自分の生涯でどれだけ愛を与える人生を送ったか。
結局、真の愛の人格を形成すること、
これに優る準備はありません。

生きている間に愛を呼吸して生きる人間になりなさい。
愛なくしては生きられない人間になりなさい。
愛することしかできない人間になりなさい。


そのように語りながら、
文先生は、何よりも霊界をハッキリ知っておられるがゆえに、
そして、私たちを天国に連れていきたいがゆえに、
苦労の道を歩ませるのだ。
そんなことを思わされました。

ちなみに、今回セミナーに参加された方は、
ゆっくりではありますが、
今後も学んでいかれることになりました。

浅川先生の講演会を参考にさせていただきました。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする