2011年07月31日

そして、夫は還ってきました〜被害者の妻から見た拉致監禁12


mary-magdalene-in-ecstasy-at-the-foot-of-the-cross-1629.jpg


11の続きです。

ヨーロッパの責任者(大陸会長)に夫の拉致監禁を直接報告することができてから、
全てが変わってきました。
霊的な壁を突破できたような感じでした。

首都から、任地の地方に戻り、私たちは新しいリーダーを迎えました。
彼は日本人を奥さんに持つ英国人で、再び英国に呼び戻されるまでの間、
私たちはとても有意義な日々を過ごすことができました。
人事されて来てすぐに、
彼が夫の拉致監禁の詳細を話してみるように言ってくれた時は、
とてもありがたく感じました。
それまでが嘘のように自然に、メンバーたちで、毎日祈ってくれるようになったことも。

その頃、夫は偽装脱会をし、拉致監禁は解かれ、
(反対派の)教会からの教育を受けていました。
もちろん、行動が自由になったわけではありませんが、
監禁状態とは違います。
そして、自由時間が持てたすきに、
所属していた(統一教会の)教会に連絡を入れることができました。

その内容を知らせる電話を私が受けた時、みんなが喜んでくれました。
夫は車で迎えにいく約束をして、反対派の教会から逃げてくる手筈になりました。
その時間に私たちはメンバー全員でずっと導かれるように祈りました。
結果として、夫は無事に教会に戻ることができました。

あの頃、悲壮な思いで必死に毎日祈りながら歩み続けたことを思い出すと、
自分自身でも健気に思えるほどです。
恥も外聞もなく、食口の知り合いにはみんな知らせて祈ってもらったり、
国の責任者に手紙を書いたり、ヨーロッパ会長に直に報告したり、
断食をしたり、できることは全てしました。

そして、後で聞いてみると、霊的には私と夫は共に歩んでいたかのように、
見えない大きな壁を越えたタイミングが同じでした。
神様に深く感謝すると同時に、
私は不遜にも、内心、彼が助かったのは自分の勝利だと思っていたくらいです。

夫の拉致監禁という危機の時には、自分を褒められるくらい頑張れたことを思い出しながら、
あの時のように真剣に、精誠を尽くして歩むならば、怖いもの知らずだと思います。
あれは火事場の馬鹿力だったようですが…(笑)。

今でも、もしかして(彼が還って来れなかったら…)と考えると感謝しかありません。
夫の拉致監禁前に文先生が夢に現れて、
「信じ合っていくんだね」と言ってくださった、
それが彼の監禁中の、私の心の支えでした。
そういう霊的な支えがあったとしても、
それでもどうなったかわからないくらい、
反対派の拉致監禁での強制改宗の手口は半端なものではありません。
還って来てくれたことは、奇跡的なことと言ってもいいでしょう。

私たち家庭が存在すること自体、なかったかもしれないのですから、
そこに戻ると何もかもが感謝です。
そして、あれから15年以上もたって、
4人もの子女を与えて頂いたことは、
やはり、神様からのプレゼントとしか思えません。

今、この時にこのブログを通して、
この体験を発表できる日が来るとは思っていもいませんでした。
なぜかブログ村で1位になっていることは、
これも私たちの力ではありません。
神様と、御父母様(文先生ご夫妻)のことを証すことが、このブログの目的です。
そして、統一教会の真実を
少しでも教会外の人たちに知ってもらえればと思うのです。
今のところは教会員の方々の支持を多く頂いていると思うのですが、
読んでくださっている方々、本当にありがとうございます。

これからも、日本中で、また世界のあちこちで、
神様のために歩んでいる人たちに、私たちが知り得る情報を、
お伝えしていきたいと思います。

今、私たちの人生の中で、一番精誠を捧げる時かと思います。
頑張っている方々に、あの時私たち夫婦にも働いた神様が
きっと守って導いてくれることを信じています。
健闘をお祈りいたします。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



2011年07月30日

ラスベガスで名節、二転三転その背後の「奥妙な天の摂理」

DSCF2814.jpg

☆訓読会で食口たちの輪の中に入って、文先生が頭を叩かれている場面
(文先生の姿は見えませんが、みんな笑っているので雰囲気を感じると思います)☆


「天の摂理は奥妙である」といいます。
そのことを感じた出来事を書きたいと思います。

ラスベガスツアーは、私たちの地区においては、
3回に分けて行われることになっていました。
最初と2回目のツアーは無事に終わりました。

そして、3回目のツアーは今日(7/30)出発予定になっていました。
また、数箇所の地区から代表者が参加するツアーも控えていました。
しかし、これが二転三転したのです。

7月24日、日曜日の午後。
ラスベガスに参加したメンバーと
これから出発するメンバーに対しての勉強会がありました。

地区長は、代々木から船橋中央教会まで、精誠を捧げるべく、
お一人で行軍をされてから、勉強会に臨まれました。

ところが、船橋中央教会に到着する直前、
思いがけない電話が本部から来たのです。
「お父様が韓国で名節を捧げることになったから、
28日から、韓国に戻られることになった・・・」
つまり、ラスベガスツアーは中止になった、という意味です。

7・1節の名節も7月31日に行われる予定でありましたが、
既に8月6日の7・8節と一緒に行われることになっていました。
ラスベガスから韓国に変更になったのです。

既に1週間を切っていましたので、
キャンセル料がどれくらいになるでしょうか。
また、仕事の休みを取った方もいるでしょうし、
何よりも延期になったことに対して、
心情を切り替えるのも大変でした。

ところが翌日の25日朝、
もう一度本部から地区長に連絡がありました。
「日本からラスベガスツアーを組んでいたと聞き、
お父様が『それなら、名節はラスベガスでやろう』
ということに変更になった」
というのです。

ですから、ラスベガスツアーは
予定通りに開催されることになりました。
日曜日に「中止になった」と連絡があったので、
チケットはキャンセルしませんでした。
平日であれば、すぐにキャンセルをしていたでしょうから、
何というタイミングだったことでしょうか。

参加するメンバーたちにとっても、
何か悟らせるべきものがあったのかも知れません。

それとともに、名節という重要な行事を、
日本のメンバーが来るからといって、
変更された文先生の姿に感じることがありました。

神様の願いに応えようと歩まれる文先生が、
日本のメンバーによってスケジュールを変更されました。
ですから、日本メンバーに神様の願いがある、
と捉えることが出来るのではないでしょうか。
さらには、精誠を感じて、心が動いたこともあった、
と思わざるを得ません。

世界会長のツイッターによれば、
文先生は今、アラスカにおられるということです。
そこで精誠を捧げられてから、
日本メンバーとお会いされることになります。

また、貴重な出会いが待っていると思います。
奥妙な天の摂理に、私たちの精誠が関わっているということが
感謝でもあり、まだまだ精誠が足りないと感じます。
もっと感謝しよう、もっと精誠を集めようと思うのです。


◇世界会長のツイート

全ての世界の一つの中心は真の父母です。
私たち統一家は私たちに与えられた贈り物が
真の父母様として生きるべし。
絶対信仰、絶対愛、絶対服従の生活をすべし。
統一天下万歳!アージュ
コディアク、@lovintpより


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 07:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

「焦げた木の枝にも新芽は生える」妻の書いた自叙伝感想文


52jje.jpg
☆文先生がサインされた自叙伝漫画3巻完全版の1冊☆


先日、文鮮明先生の自叙伝「平和を愛する世界人」の
感想文コンクールがありました。

うちの教会からも「最低一人は書いてもらわないといけない」
と思いつつ、誰に頼もうかと思案していましたが、
一番頼みやすかった妻にお願いしてみました。

何度も家族で訓読していたこともあり、
すらすらと書いてくれました。
その結果、賞をいただくことが出来ました。

さすが、私のブログの校正担当であります(笑)。

昨日、賞状と記念メダル、賞金をいただきましたので、
記念に感想文を掲載したいと思います。




西大門刑務所に収監された文先生は、
「ここで死ぬことはできない。
これは解放の世界に向けて跳躍するための踏み台にすぎない」
と考えて越えていかれました。

日本が東北の大震災の被害を受け、
多くの犠牲者を思えば、痛ましいという思いですが、
流されて何も残らない瓦礫の中から、
新しい芽が萌え出してくるのに違いないと思うのです。

この文先生の生き様の中に、
それは確かであると証明されていて、
ただ言葉だけの慰めではなく、
ただ聞いて気持ちのいいだけの美辞麗句ではなくて、
本当にそうなのだ、という真実に基づいていることが、
とても貴重で希望なのです。
立派なことを言う人はたくさんいます。
しかし、私もこのようにしてみようと心を奮い立たせてくれるのは、
文先生が、誰よりも困難な所を決してあきらめることなく、
自ら越えてこられたからです。

私たちは多くを持ちすぎたのかもしれない、と思います。
私たちは、きっと傲慢すぎたのかもしれない、と思います。
私たちは、自分の価値を発揮し切れていないのではないか、と思います。
私たちは苦労を知らな過ぎる、と思います。
いろんなことを気づかせてくれました。

文先生の生涯を、この自叙伝を通して見た時に、
デマや中傷、迫害、死を越えるような茨の峠の連続でした。
何も非がないのに、打たれてきたのだなぁ、と
その苦労はこの一冊ではもちろん語り尽くせないと感じるのです。

新しくこの本を通して、文先生の生涯を知る人もいます。
年配の苦労して来た人は、「私以上に苦労した人がいた」と涙を流し、
それだけで有り難い思いになって、この人はすごいと言われます。

私は息子と訓読していて、何よりも教育になると思いました。
親の後姿から、多くのことを学ばせてあげなければなりませんが、
必ずしもよい姿ばかりは見せられなく、立派な親ではないと反省する中で、
文先生の生き方に触れさせてあげることは、子供にとって大きな刺激となり、
お手本となるものと信じています。
親がお説教をしても、子供の心に入らなかったりするのですが、
文先生の真実の生き様から出たお言葉は、すんなり子供に響くようです。
訓読を続けていた頃、引っ込み思案で、授業でも手を挙げられなかった長男は、
どこか背筋がシャンとするようになり、人前で発表したり、
児童会役員として、学校行事の司会までするようになりました。

未来の希望を持つ子供たちや、若者たちにも、
そして、苦労の多い人生を生きてきた年配の方々にも、
全ての人々に力を与えてくれるものだと確信します。

文先生の生き方の中に、真実があるので、
私たちが幸福になるには、
このように生きなければならないと、教えてくれます。

お説教はいらない、と若い頃私は思っていました。
「こうすべき」という言葉は分かりきっていると。
ただ、その方法を知らなかったのです。
私は正しく生きたいと思っているけど、
そうなり切れないし、幸せになりたい、
と思っているのに、うまくいきませんでした。
私自身の弱さが一番身に沁みていましたが、
簡単に直るものではないし、
幸せになりたくても運命そのものを変えることはできなかったのです。
欲しい、欲しいと思うだけでは幸せは得られないようです。

この本と、文先生の生き方の中に全て答えがありました。
「神様、私たちの教会を建ててください」とは祈らなかったという文先生。
多くの人の話を十時間でも二十時間でも聞き続けられるといいます。
そして、真摯に祈り続けられるといいます。

私は文先生に師事し、気がついたら、
神様からささやかな幸せを頂いていました。
「幸福の源は『ために生きる』人生」であると、
この自叙伝の中でも言われています。
ほしいほしい、と思っているだけでは得られないけれど、
無心で人のために尽くし、自分のことは祈らず、
人に対して涙を流して祈られる文先生のような生き方が、
最も幸福の道なのだろうと思います。
文先生は、世の中で一番中傷を受けた人であると自ら言われるのですが、
だからこそ、本当の幸福を知っておられるに違いないと思うのです。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする