2011年07月25日

代々木聖地と教会を一日で往復!100kmの行軍をしたある教会長の証し


srobd.jpg
☆103日目を越えた國進様のお子様・信便様と共に
訓読会に参加される文先生ご夫妻☆


行軍の精誠において、
韓国で有名な方は、この方↓かも知れません。

以前紹介した、坡州元殿(パジュウォンジョン)を守っている
任(イム)教会長だと思います。

韓国本部教会で行われる名節の時、
毎回、坡州から行軍して参加されると聞いたことがあります。
地図でみると50キロは優にありますから、
10時間以上は行軍していると思います。

行軍というのは、ただ歩くというだけでなく、
神様を思い、文先生を思い、また御旨の勝利を思い、
ひたすらその思いを持ち続けていくので、
自然と、祈りと瞑想の世界になっていきます。
ですから、「精誠」なのだと思います。

地区長は、行軍すると毎回、神様からメッセージが来るといいます。
聖地から教会に向って行軍すれば、
その教会にふさわしい言葉が与えられるといいます。


3地区のある教会長の行軍の証をしたいと思います。
天の願いに応えきれずに、
精誠として教会から代々木聖地まで、
50キロの道のりを行軍されました。
しかし、当初教会員からは、
「どうせ、そんなことしたって・・・」
そんな声が聞こえてきたそうです。

それで丸一日で、教会から代々木聖地まで、
往復100キロを行軍する決意をされました。
単純に計算しても、時速5キロで歩いたら、
休憩が4時間しかないわけですから、
簡単ではありません。

ちょうど、昨日フジテレビの「27時間テレビ」で、
ナインティナインの矢部浩之が100キロマラソンを
無事に完走したとありましたが、
まさにこんな基準かも知れません。

教会長が片道の50キロ行軍を終え、
代々木聖地から教会に向かって歩き始めました。
途中、肉体の限界に差しかかっても、
それを越えて歩きだして、しばらくしてからのことです。

前の方に、見知らぬ男性が座っていました。
誰かと思って近づいてみると、文先生だったといいます。
すなわち、文先生の幻を見たのです。
文先生が霊的に教会長とともに行軍しておられたのです。

「お父様は私と一緒に行軍してくださっていた、
しかも私より先駆けて歩まれているお父様なんだ・・・」
その後は、むせび泣きながら行軍したといいます。

教会でその証しをしたときに、
教会食口たちは、本当に悔い改めて、
教会長と一つになったといいます。
そして、天の願いに大きく貢献していったそうです。

訓読と敬拝が精誠条件の中心でありますが、
行軍も重要な精誠だと思わされます。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

今日の画像は最新の訓読会直前のものです
@lovintpより



posted by ten1ko2 at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

ラスベガス訓読会で文先生に何度も名前を呼ばれた地区長

私たちの地区の精誠といえば、
行軍条件だと言えるでしょう。

教会の各拠点から、代々木の聖地まで行軍をしたり、
教会と聖地を往復したり、
教区の各教会を行軍したり・・・。
その距離が半端ではありません。

3地区は埼玉・千葉・茨城なので、
代々木聖地までは、近いところで26キロ
遠い教会は、100キロ以上になります。

そこから早くて7時間、遠いところは1昼夜かかります。
聖地を目指して、ひたすら歩き続けます。

実は、
『3地区では行軍をしているらしい、
中心が罰として、やらせているんだ・・・』
そんなうわさが飛び交っていると聞きました。

しかし、全くそんなことはありません。
何故なら、一番たくさん行軍をしているのが、
3地区の中心である地区長だからです。

教会の祭壇を代々木聖地に連結し、
天の運勢を教会に連結する、
その思いを持って、一心の思いを持って、
行軍されます。

天の願いに応えられない時にも、
すべては自らの責任である、
という思いで、お一人で行軍される時もあります。

          ◇

先日、ラスベガスにおいて、
私たち3地区のメンバーが
文先生の元で、訓読会に参加する恩恵がありました。

初日の千葉メンバーは10時間、
翌日の埼玉メンバーの時は、9時間
それぞれ訓読会がありました。

その時、文先生がやたらと地区長の名前を呼ばれたそうです。
数回ではなく、数十回だったとのことです。
地区長は、あまりに何度も呼ばれるので、
「何か、特別なことを聞かれたらどうしよう」
と緊張の面持ちだったといいます。

この時の様子をあとで総会長が
次のように言っておられたそうです。

「教区長や地区長であれだけ名前をたくさん
呼ばれたことは見たことがない。
私もお父様が名前を呼ばれている時、
黙っているしかなかった。
でもこれは意味があると思う。
それはあなたが、特別な精誠を尽くしているからだ。
その精誠は私はよく知っているけれど、
みんな、知らないんだ」

地区長は、
「行軍のことをお父様は知っておられるのかな」
と言っておられましたが、
3地区のスタッフは、誰もが、
「地区長の行軍の精誠を
文先生がご存知だと思います」
と断言します。

そして、今日も行軍をされたと聞きました。
心から感謝したいと思います。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ラスベガスでの父との涙の出会い《参加者の報告》


17584039.jpg
☆天福宮でつくった統一饅頭、世界会長いわく「健幸」食品です☆


ラスベガスツアーに参加した方の中で、
私が父のように慕っている方がいます。

以前、記事にも書きましたが、
私が一度監禁されたあと、
訪問に行ってくださり、
父から「牧師に200万円渡した」
という情報を入手された方です。

すでに80歳近く、最近は足の調子も悪く、
ラスベガスまで行く不安もありましたが、
無事に帰ってくることができました。

この方は、天聖経を拝受されてから、
毎朝訓読をされています。
その精誠は半端ではなく、
既に10回以上読破されています。

祈りと訓読の日々で、
文先生のことを思えば涙する方です。

その方が、今回ラスベガスに行きました。
本人ではなく、教会長が話されていましたが、
お会いした瞬間、40分近く涙を流し続けたそうです。

それ以外にも、ことあるごとに泣き続けました。
教会長は、「今回参加した100名の中で、
このお父さんが間違いなく一番涙を流されました」
と語られました。

涙を流した分だけ、恩恵を受けられたに違いありません。
直接、文先生から言葉をかけられたり・・・
と言うことはありませんでしたが、
それでも、このお父さんの涙は、
神様に、文先生に届いたことだと思います。


会えて嬉しい、懐かしい、慕わしい・・・

私たちには、このような方、文先生がおられることが
どれだけ素晴らしいことであるか、
この報告を聞き、改めて思わされました。



世界会長のツイッターより
7.21の訓読会のみ言葉

見えない神様のみ旨が、
見える人間によって完成するのです。
人間は初め、
神様の心情から生まれたので、
神様抜きでは、何者にもならないのです


上記画像の解説: 

天福宮でつくった統一饅頭です。
黒あんと白あんがあります^^
統一マークの力が入って、
食べると元気が出ます
〜あ〜と言ってください
(菜食ベーキング饅頭
ノンバター、ノン卵、ノンシュガーなので、
カロリーが少なく消化のいい「健幸」食品です)^^

世界会長のツイッターより



応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする