2011年07月22日

文先生が10時間のみ言葉を語られる理由とは


46bw.jpg
ナイジェリアから戻られ、訓読会後の特別祈祷をされる文先生


今回のナイジェリア大会勝利のために
文先生は、訓読会の精誠をされたと記事に書きました。 こちら

ラスベガスツアーで、文先生との出会いを成された教会長は、
10時間の訓読会に参加された時、
「ただ単に精誠だけで、長い訓読会をしておられるのではない」
と感じたといいます。

日本食口がラスベガス訪問をする時、
必ず同行するのが、宋総会長です。
毎回、訓読会に参加すること自体、
肉体的には大変だと思いますが、
「文先生のみ言は、60%くらいしかわからない」
と語られたそうです。

だいたい訓読会の流れは、
鄭元周(チョンウォンジュ)補佐官が、文先生のみ言を訓読し、
それから、文先生がみ言を語られ、
幹部の先生が証しや報告をされたり、
また、歌を歌われたりして終わっていくという感じだと思います。

ところが今回は、最初から文先生はみ言を語られました。
途中和動会もありましたが、
10時間、ほとんど文先生お一人でみ言を語られたのです。

知り合いの男性は、今回参加して、
「途中、ぼーっとしてしまったり、
居眠りしてしまった時もあったかも知れないけれど、
それでもほとんどの時間、一生懸命聞いていた。
でもお父様が話されているみ言は、
90%くらい理解できなかった」
と言っていました。

10時間、文先生はほとんど姿勢を変えず、
ずっとみ言を語られるといいます。
参加している食口たちは、
居眠りをしたり、体を動かしたり、
ぼーっとしてしまったり・・・。

それでも文先生は、怒ることもなく、
ひたすらみ言を語られていかれます。
相手がわかっていると思って話されているのではない、
とにかく話し続けられるのです。

教会長はこの時、
「お父様は、私たちにわかって欲しいと思って、
語っている言葉ではなく、
親として語っている姿なんだ」
そう感じたといいます。

相手がわかるわからないは関係ない、
ずっと話したい、久し振りに会う子供たちなんだ、
だからずっと一緒にいたい、
そんなことを思って、語り続けていかれたのだ、
教会長は、そう感じられたのです。

親は子供にひさしぶりに会った時、
嬉しくて嬉しくて、いろんな話をしたいから、
沢山話すんだけど、
子供は10分も聞けば、うんざりして聞くのが嫌になる、
でも親は話したくて、仕方がないんだ・・・
教会長はそんな話をされました。

文先生は、ナイジェリア大会において、
「もう次にアフリカに来ることは(ないかも知れない)
(だから)今、真の父母と正しく出会えないと大変なことになる。
この次は百年、千年後に先生の息子が来るときまで機会がない」
と語られたといいます。

「この人と会うのが最後かも知れない、
だから全てを投入して語るんだ・・・」
そんな思いを持ち続けて、み言を語られる
文先生の姿を感じるひとときでした。




世界会長のツイッターより

「今日この一日を、ナイジェリアに行って来て、
遥かに高く、草木から、この乾いた砂漠に
オアシスの澄んだ水が流れさらに流れ、
子孫万代、清算することのできる多くの子孫たちを
育てることができますようにお祈りします」


〈訓読会後、お父様の特別祈祷〉


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




posted by ten1ko2 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

アフリカ54カ国に伝えた神様の教え(ナイジェリア・アブジャ大会レポート)


11eef746c95b675e8c863a346319e401[1].jpg
☆講演後、万歳をしておられる文先生ご夫妻と文亨進世界会長☆


Peace TVの韓国語版にアブジャ大会の様子が掲載されていました。
統一教会の公式HPにも当日の写真がたくさん載っています。

受付の様子を見ると、一列に秩序的に並んでいました。
コンベンションセンターに参加した方たちは、
アフリカの指導者たちということもあるかも知れませんが、
アフリカに対する印象が変わりました。

昨日も記事に載せましたが、文先生の講演は、
予定時間をはるかに越えて、5時間に及ぶものでした。
それでも、参加者たちは、ほとんど誰も帰ることなく、
みんな最後まで、文先生にみ言を聞いていました。

み言の通訳をはっきり聞くために、
多くの方が、通訳機であるFMラジオを手に持ちながら、
拝聴している姿が印象的でした。

みんな、文先生に魅了されてしまったのです。                    

韓国語版にその時の様子を
報告してくださっている記事がありました。
以下、掲載いたします。


真のご父母様は午前10時まで訓読会をされて、
しばらく準備時間を持たれた後、
午後4時20分頃にホテルを出発されました。
会場のアブジャコンベンションセンターに到着されると
午後5時頃からみ言を開始し、
夜10時頃にみ言を終えて、行事を完了されました。

この日の行事には約3千8百人もの観客が集まって、
真のご父母様のみ言を拝聴しました。
この日、真の父母様実体み言宣布大会では、
用意された原稿以外にもお父様が情熱的なみ言をくださり、
蒸し鍋のように暑かったコンベンションホールの熱気を
忘れてしまうほどの恵みでした。
舞台に集中しているスポットライトや
コンベンションホールの熱気により、
お父様の体は汗が雨のように落ちるような状況の中で、
5時間のみ言を語られました。

真のお父様は
“目に見えるものと見えないものの中で、
見えないものが中心だ。
目に見えない神は、存在する。
神様を知るためには、神の中に入って
暮らしてみて触ってみるべきで、
目に見えない神様を中心として、
参加者3千8百人が伝統も一つであり、
血筋も一つに相似するモデルを作り、
一つにならなければならない”
と話されながら、グッドラック・ジョナサン大統領に
与えられた訓示のみ言を改めて強調しました。

さらには、“120歳になるまでは、
私が霊界に行くと決心する前には行かない”
という話をされながら、まだ地上ですることが多いことを、
間接的に示唆されました。

行事を終えて階段を降りて来らながら、
静かに“万歳”を叫ばれた真のお父様の心の中は、
体から湧き出た汗を服にたっぷり含ませたように、
暗黒大陸アフリカに祝福をたくさん与えてくださったものとしての
満足の“万歳”ではないかと思いました。

今回の真のご父母様のナイジェリア訪問は、
外的に大きく成功した行事でありますが、
成功したかどうかを抜きにして、
地上のすべての人類に無限の愛を与えようとする
真のご父母様の真の愛の実践を見る感謝と恵みの一場面でした。
 


ナイジェリアの報告はこれで終わりです。
いつも以上にたくさんの方に読んでいただき、心から感謝いたします。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

「ナイジェリア摂理を勝利すれば、復帰摂理は後3ページ」暗黒大陸アフリカに光を与えた文先生

nigeriailc-12-moon[1].jpg
《ナイジェリア・アブジャの国際会議場でみ言を語られる文先生》


今回のナイジェリア大会は、
ナイジェリア1カ国のみで行われたものではなく、
アフリカ54カ国を代表して行われたものなので、
アフリカ大会であり、ナイジェリア巡回自体が
アフリカ巡回に匹敵する意味合いがあるといいます。

実際、西アフリカを中心として、
アフリカ全域から多くの有識者が参加した大会になりました。
3000名の会場に3800名が入ったといいますから、
まさに超満員であったと思います。

17日大会のメインスピーカーとして登壇された文先生は、
午後5時から10時まで、
5時間にわたってみ言を語られました。

世界会長も、ツイッターで
「真のお父様は5時間にわたって
聴衆にみ言を語ってくださいました。
力の限りを尽くして最後の時間まで、
み言を宣布しようとされる
92歳の真のお父様を見ながら、
この方は再臨主でないはずがないと思います」
と語られています。

玉のような汗をかきながら、
み言を語られる文先生の姿は、
もはや人知を超えた立場、
まさに神がかっているとしか、
言いようがないと思います。

初めて文先生にお会いしたアフリカの有識者たちも、
文先生の姿に圧倒されたに違いありません。

           ◇

参加された韓国スタッフの中で、
『暗黒大陸』アフリカと『夜の神様』を連想するようになった
と報告してくださった方がいらっしゃいました。
その方の報告を見ながら、
アフリカとラスベガスが密接な関係にあるのではないか、
そんなことを感じました。

文先生はラスベガスで精誠を捧げながら、
夜の神様、昼の神様を発見されたといいます。
そして、実体がない、目に見えない神様が
いよいよ顕現する時代が来たのであり、
夜の世界を中心とした、ラスベガスが生まれ変わり、
暗黒大陸である、アフリカも生まれ変わる・・・
そんなことを感じたのです。

そして夜(アフリカ・後進国)が解放されれば、
本当の意味で昼(日本などの先進国)も解放されるのではないか、
そんなことも感じました。

           ◇

最後に文先生がナイジェリアを出発する前に
語られたみ言を紹介したいと思います。
ナイジェリアを長くにわたって宣教師として、
精誠を尽くされた木島宣教師。
その霊の親(紹介者)である
777双の先輩家庭からの情報ですので、間違いないと思います。

『ナイジェリアの摂理を勝利したら、
復帰摂理もあと3ページを残すだけとなったね』
応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする