2011年07月04日

奇跡は必ず起きる〜ヨーロッパに文先生をお迎えできた要因とは〜


securedownloadCAS5F8N4.jpg
☆文先生一行とヨーロッパ・リーダー、スタッフたち
ドイツ・ベルリン―ブランデンブルク門☆


今年4月末から5月中旬まで行われた文先生の第1次世界巡回。

5月10日の記事「文先生が世界を自由に行き来する日」
にも掲載しましたが、
シェンゲン条約により、文先生は10数年間、
ヨーロッパに入ることが出来ませんでした。
しかし、
大陸会長を中心に、VIP渉外が成され、
ある有識者の方を通して、2007年にこの問題が解決されたのです
と書いたように
ヨーロッパ大会を成功させた背景に
大陸会長であるソンヨンチョル先生の存在がありました。

大陸会長がどのような信仰を持って、勝利されたのか
とても知りたいと思っていたことの一つでありましたが、
昨日の礼拝で教会長が語られたみ言を通して、
その答えが与えられた内容がありました。

先月のことですが、
文先生の命を受けて、ラスベガスからヨーロッパに戻られるとき、
日本に立ち寄るように言われたそうです。

その時に、ご自身の証しをする場があり、
何故、文先生をヨーロッパにお迎えすることが出来たのか、
以下のように語られたそうです。



真のお父様をヨーロッパにお迎えできた、
そのきっかけはただ一つであります。
昔、ニュージーランドで責任者集会に参加したときのことです。
その時、お父様は11時間訓読会をされました。
夜8時から水一滴飲まずに座ったまま訓読をされたのです。
訓読会を終えて、お父様が帰ろうとされたとき、
私に対して、このようなみ言をくださいました。
『私のようにやれば、不可能はないんだ』
これが全てです。
不可能はないと言われたお父様のみ言を信じて、
お父様をお迎えしたいという一念を持って歩んだら、
本当にお父様をお迎えすることが出来ました。




この証しは全てに通じるのではないかと思います。
日本に来られて語られたのですから、
大陸会長の歩みを相続すれば、
文先生を日本にお迎えできるという意味でもあると思いますし、
また、個人においても絶対信仰を持っていけば、
奇跡が起きると思わされたのでした。


securedownloadり.jpg
☆リトルエンジェルス、ベルリンにて☆


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする