2011年07月06日

「決意と精誠が大事なんだ」〜欧巡回路程勝利の背景〜


securedownloadCA391BPT.jpg
☆スイス国連本部で講演される文先生☆


昨日の続きです。

スペイン大会の前日に、
文先生は大陸会長を呼び、夜中の2時まで訓読をされましたが、
当日はいつも通り、朝5時の訓読会がありました。
短めに終えられて、トレドという地に行かれました。
大会の勝利のために、祈祷を捧げられたのです。

祈祷を終えて、ホテルに向かわれる車の中で、
韓鶴子夫人が、「食事して帰りましょう 」
そう語られたにも関わらず、
文先生は大陸会長にずっと車の中で、
今後について指示をされていました。
とても食事に行かれるような雰囲気ではありませんでした。

そうしているうちに、大会会場のホテルに着いてしまいました。
大陸会長が車を降りようとしましたが、
文先生は「まだ話が終わってない!」
そして、ホテル前に車を止めたまま、
文先生はみ言を語り続けられたといいます。


ドイツ大会の時のことです。
大陸会長の元に、急に韓国大使館から連絡が来ました。
リトルエンジェルスの歓迎晩餐会に来て欲しい
とのことで、朴普煕先生と共に参加しました。

晩餐会が終わって、お二人で文先生の元に報告に行きました。
部屋に入ろうとしたのですが、文先生が訓読をしておられました。
先生は、晩餐会の間、訓読会をされていたのです。
「お父様の訓読の邪魔をしたら失礼だ」
そう思ったお二人は、隣の部屋で待つことにしました。

しかし、1時間たっても終わる気配がありません。
「お父様に挨拶だけして帰ることにしましょう」
そして、お二人の先生は、
「お父様、リトルエンジェルスの報告で来ましたが、
お父様が訓読をしておられるので、今日はこれで失礼させていただきます」
と挨拶をし、そのまま退散するつもりでありました。

すると文先生が
「おい、どこに行くんだ」
と呼び止められました。
晩餐会の報告をされて、そのあと訓読・・・。
結局、終わったのが朝の4時半でした。
文先生は、着替えてそのまま5時の訓読会に参加されたといいます。


文先生をヨーロッパに迎えることの出来た背景に
ソンヨンチョル大陸会長の決意があり、
大陸会長を決意させた動機は、
文先生の
「決意と精誠が大事なんだ」
と語られたたった一言のみ言でありました。

そして、ヨーロッパ大会においても、
大会の勝利のために、
『決意と精誠』を捧げていかれた文先生の姿がありました。

文先生の生き様がまさに『決意と精誠』の連続であった、
そう表現した方がいいのかも知れません。

securedownloadCA12PFFE - コピー.jpg
ヨーロッパメンバーにみ言葉を語られる文先生inロンドン


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする