2011年07月13日

ナイジェリア直前!連日10時間前後の訓読会で精誠を捧げられる


yf1yt.jpg
☆千葉のメンバーが参加した訓読会☆


ラスベガスからは、直接連絡がなく、
訓読会においては、どんなみ言を語られたのか、
詳しくはわかりません。

世界会長のツイッターを見ると、
12日(埼玉・香川)は、9時間、
そして、11日(北千葉・南千葉)は、10時間、
それぞれ訓読会がありました。

日本の食口のために投入して下さった
文先生に本当に感謝したいと思います。

そう思っていたら、ラスベガスに同行している
本部スタッフによれば、
10日の訓読会には、韓国本部の責任者たちが
来られていたそうですが、
その日は、8時間。
さらに前日(9日)には、朝5時から夜7時まで、
すなわち14時間の訓読会だったそうです。

毎日、このようにみ言葉を訓読し、報告をさせて、
文先生ご自身もみ言葉を語られ、
そして和動会で歌や踊りをさせながら、
ご自身も歌を歌われて、訓読会をしておられます。

ここ数日間、何故、長時間訓読会をしておられるのでしょうか。

文先生は、今週末、ナイジェリアの地に出発されます。
「真の万物の日」記念式典参加報告1
でもお伝えしましたように、平和大使でもある、
グッドラック・ジョナサン大統領に会うためです。
また、重要な大会も行う予定です。

この歴史的な出会いを前にして、
文先生は、精誠条件を積むべく、
これだけ長い時間、訓読会を行っているのだと思います。

ナイジェリア摂理に関しては、
またお伝えしたいと思いますが、
いずれにせよ、文先生がそれほどまでに
精誠を捧げておられる期間ですので、
私たちもナイジェリア巡回が勝利的になされ、
さらには先生を始め、ご家庭と食口たちが
守られるように、祈りを捧げていきたいと思います。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする