2011年07月20日

「ナイジェリア摂理を勝利すれば、復帰摂理は後3ページ」暗黒大陸アフリカに光を与えた文先生

nigeriailc-12-moon[1].jpg
《ナイジェリア・アブジャの国際会議場でみ言を語られる文先生》


今回のナイジェリア大会は、
ナイジェリア1カ国のみで行われたものではなく、
アフリカ54カ国を代表して行われたものなので、
アフリカ大会であり、ナイジェリア巡回自体が
アフリカ巡回に匹敵する意味合いがあるといいます。

実際、西アフリカを中心として、
アフリカ全域から多くの有識者が参加した大会になりました。
3000名の会場に3800名が入ったといいますから、
まさに超満員であったと思います。

17日大会のメインスピーカーとして登壇された文先生は、
午後5時から10時まで、
5時間にわたってみ言を語られました。

世界会長も、ツイッターで
「真のお父様は5時間にわたって
聴衆にみ言を語ってくださいました。
力の限りを尽くして最後の時間まで、
み言を宣布しようとされる
92歳の真のお父様を見ながら、
この方は再臨主でないはずがないと思います」
と語られています。

玉のような汗をかきながら、
み言を語られる文先生の姿は、
もはや人知を超えた立場、
まさに神がかっているとしか、
言いようがないと思います。

初めて文先生にお会いしたアフリカの有識者たちも、
文先生の姿に圧倒されたに違いありません。

           ◇

参加された韓国スタッフの中で、
『暗黒大陸』アフリカと『夜の神様』を連想するようになった
と報告してくださった方がいらっしゃいました。
その方の報告を見ながら、
アフリカとラスベガスが密接な関係にあるのではないか、
そんなことを感じました。

文先生はラスベガスで精誠を捧げながら、
夜の神様、昼の神様を発見されたといいます。
そして、実体がない、目に見えない神様が
いよいよ顕現する時代が来たのであり、
夜の世界を中心とした、ラスベガスが生まれ変わり、
暗黒大陸である、アフリカも生まれ変わる・・・
そんなことを感じたのです。

そして夜(アフリカ・後進国)が解放されれば、
本当の意味で昼(日本などの先進国)も解放されるのではないか、
そんなことも感じました。

           ◇

最後に文先生がナイジェリアを出発する前に
語られたみ言を紹介したいと思います。
ナイジェリアを長くにわたって宣教師として、
精誠を尽くされた木島宣教師。
その霊の親(紹介者)である
777双の先輩家庭からの情報ですので、間違いないと思います。

『ナイジェリアの摂理を勝利したら、
復帰摂理もあと3ページを残すだけとなったね』
応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界巡回路程2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする