2011年07月28日

3年間で500人!韓国で急増する拉致監禁、その背後にあるものは…?!




昨日の続きです。
本部スタッフの報告で、こんな話題がありました。

韓国のキリスト教系新興宗教で、
新天地(正式名称:新天地イエス教証拠幕屋聖殿)
と言う団体があるそうです。
過激な伝道方法で知られていて、
ここ数年で信者が増えています。
しかし、韓国キリスト教諸団体からは異端として扱われていて、
伝道のやり方自体も問題であると批判されています。

この新天地の信者が拉致監禁されているといいます。
その数、何と3年間で500人!
日本統一教会が拉致監禁の被害を受けてきた歴史でも
全盛期の時に匹敵するような数です。

私はこの話を聞いて、
韓国においてもこのような拉致監禁・強制改宗の被害があることに
とても衝撃を覚えました。

何故かと言えば、
以前お世話になった教会長も言っていたのですが、
「韓国の親子関係を考えた時、第三者を使って、
子供の信仰を改宗させることなどあり得ない」
からなのです。

しかし、そんな韓国の伝統を覆すような
悲しい出来事が頻繁に起こっているというのです。
こう考えると、拉致監禁・強制改宗のきっかけが
どこから出発しているのか、
皆さんも察知されると思います。

そうなのです。
韓国の新興宗教信者を拉致監禁・強制改宗するアドバイスを
日本の活動家(牧師や弁護士)が行っている可能性があるのです。
韓国と日本の人間関係を見ると、
また新天地信者が拉致監禁・強制改宗を受ける手口を見ても、
日本のそれと似通っているといいますから、
相当その可能性が高いのではないでしょうか。

日本の統一教会反対派は、韓国にも手を伸ばして、
拉致監禁・強制改宗に加担しているとするなら、
とんでもない過ちを犯していることになります。

この問題を根絶させる意味でも、
彼らの違法性を問いただしていかなければならないと感じます。




最新の訓読会での祈祷  

過ぎてみると、すべてが愛でした。
天を知ってみると、言葉なく打たれて奪ってくる、
耐えてこられた天を知りました。
悲惨な状況でも、
歓喜と希望を与えるために
苦難の道を与えてくださった天であられることを知りました。
過ぎてみれば、すべてのことが神様の愛でした。


世界会長のツイッター、@lovintp より


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする