2011年08月12日

天運を受ける秘訣とは〜昨夜、宋榮渉総会長から受けたみ言葉


resizeばら.jpg


昨夜、宋榮渉総会長を北千葉教区にお迎えし、
原理大復興会が開催されました。

突然、前日の朝に連絡があり、
「明日はそちらで復興会を行うから」
ということで、急遽準備して行われることになったのです。

総会長のメッセージはとてもシンプルです。
表現が豊かで、説得力があります。
新しく来られたメンバーたちにもわかりやすく、
とても惹きつけられるみ言を語ってくださいました。

印象に残っている部分を紹介したいと思います。

              ◇

天の運勢を受けるためにはどうしたらいいでしょうか。
このように例えることが出来ます。

自分の愛する妻が料理を作った時、
夫が「おいしい、おいしい」と喜んで食べたなら、
妻はどれだけ嬉しいでしょうか。
次の日は、「もっとおいしい料理を作ろう」と思うというのです。

それと同じです。
目に見えない神様が万物を創造されました。
誰のために創造されたのでしょうか。
そうです。私たち人間のためですね。

このバラは神様が作りました。
「とても綺麗なバラ。美しいバラだね」
とバラを褒めたら、バラが「ありがとう」
と応えるというのです。

そして、この姿を見ている神様は
どんな気分だと思いますか?
神様も喜ばれるというのです。

そして、神様が
「自分が丹精込めて作ったこのバラを褒めてくれた。
この人に何か与えなければならないな」
そう思われて、恵みを与えてくださるのです。
それが天運です。

私は、可能な時には朝、代々木公園を散歩します。
その時、花や鳥すべてに
「神様、このような万物を作って下さってありがとうございます」
と賛美しながら散歩するのです。

「ありがとうございます」は10文字ですから、長いですね。
日本には、「どうも」という言葉があるではないですか。
ですから、私は花を見るたび「どうも」
鳥に出会うたび「どうも」、と賛美するのです。

そのように「おめでとうございます」「ありがとうございます」
「どうも」と言いながら、万物とやり取りをしていきます。
毎日100回200回そのようにしていくのです。
神様が創造された万物を賛美することによって、
その私を神様が愛さざるを得ないというのです。

ですから、天運を受ける秘訣は、何かというなら、
神様に惚れられる者となることなのです。

人間は和動の中心体であり、
霊界と地上界を結びつけるのが、私(人間)です。
ですから、私が神様と一つになれば、
私を通して天宙が回るのです。

文先生ほどではありませんが、私は霊界を通して、
メッセージをもらうことがあります。
そして文先生が何を話されるかわかる時があります。
「あなたにはそんな感性があるんだなぁ」
と文先生に言われたこともありますが、神様と通じれば、
全てに通じるのです。

              ◇

夜9時前から始まったみ言はあっという間に10時を過ぎて、
10時半くらいまでになりました。
私たちの反応が良かったのか、総会長は語りやすかったようでした。

その後、写真撮影などをして、
全てが終了したのは11時を回っていました。

素晴らしいみ言を与えてくださった総会長に
この場をお借りして感謝したいと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする