2011年08月18日

「人を憎めば、もはや私には存在価値がない」16歳にして立たれた文先生《亨進世界会長の詩の朗読つき》


86369394.jpg
☆韓日カープ学生たちと文亨進世界会長☆


「汝の敵を愛せよ」とはなかなか言える言葉でもありませんが、
実行できる言葉でもありません。
イエス様が、ただ口先だけの言葉として語られたのではないことは、
結局十字架に掛かられたとき、
「彼らを許したまえ」と言われたことでも明らかです。
文先生も「恩讐を愛せよ」と言われますが、
これもただの言葉ではありません。
数えの16歳でイエス様の使命を受け継いだ時にすでに、
その決意をされています。その1935年当時の祈祷文が、
後に詩として優秀賞を取りましたね。
自叙伝にもありますので、抜粋します


人を疑えば苦しみを覚え、
人を裁けば、耐えがたくなり
人を憎めば、もはや私には存在価値がない

しかし、信じてはだまされ
今宵、手のひらに頭を埋めて
苦痛と悲しみに震える私

間違っていたのか
そうだ、私は間違っていた
だまされても、信じなければ
裏切られても、赦さなければ
私を憎む者までも、ひたむきに愛そう
涙をふいて、微笑んで迎えるのだ
だますことしか知らない者を
裏切っても、悔悟を知らない者を

おお主よ!愛の痛みよ!
私のこの苦痛に目を留めてください
うずくこの胸に主のみ手を当ててください
底知れぬ苦悩に心臓が張り裂けそうだ

されど、裏切った者らを愛したとき
私は勝利を勝ち取った

もし、あなたも私のように愛するなら
あなたに栄光の王冠を授けよう


自叙伝p64


文先生というのは、人生をかけて自ら実践されながら、
誰よりも愛し許して来られました。
そして、人がどうしたら幸せになるかということを、
90年を越える人生の中で、示し続け来られました。
幸せになるためには、やはり、愛しかないようです。
他のものを求めたとしても、
結局、幸せを得ることはできません。
一番愛したものが、その人の人生を決めるのですが、
お金、地位、名誉、仕事…そういうもので本当の幸せはつくれません。
「健康」という人もいますが、丈夫な肉体と健康だけでは
やはり幸せにはなれません。
「愛」というもの以外、幸せをつくる素材はありえません。
「愛」を考えた時に、「ゆるし」というものがないと
本当の愛に至れないようです。
「あなたも私のように愛するなら
あなたに栄光の王冠を授けよう」と言って下さっていますが
とても高度なことですね。
まず、私たちはそうやって、文先生にすでに愛され
許された立場だということを感謝したいです。
(参考:浅川先生の自叙伝書写講演会
「私を憎む者までも、ひたむきに愛そう」)


和訳は違いますが、文亨進世界会長が日本語で朗読されたものがあります。



「栄光の冕旒冠」と言われているのは「栄光の王冠」のことです。
2002年 国際詩人協会 最優秀作
(1935年、16歳のイースターの朝、神様からの召命を受け入れられた時の祈祷文)

間に文先生の祈祷の場面が入ります


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする