2011年08月28日

自叙伝書写の証し〜夫の暴力に耐えかねた女性が…


n3ddj.jpg
☆バスの中で手をつながれる文先生ご夫妻 8.26☆


文先生の自叙伝配布と自叙伝書写で様々な証しが出ています。
他地区ではありますが、これも素晴しい証しですので、
紹介したいと思います。

その方は、30年ほど前にご主人の暴力で離婚されました。
その時の怨みがずっと残っていて、無くそう無くそうと思いながらも、
湧き出てくる怨みの衝動が抑えきれず、何とか解決したいと思って、
いろんな宗教を遍歴してきましたが、
変わらない自分に自己嫌悪になることもあったといいます。

そんな中、知人から文先生の自叙伝を紹介されて読み、
感銘を受けて、原理を勉強し始めました。
しかし原理で言っていることと、今まで別の宗教で学んだことが
色々と違うことに葛藤されました。
何よりも、夫婦でなければ天国に行けない、怨みを残しては天国に行けないと
聞けば聞くほどに苦しくなる毎日だったといいます。

そんな折、自叙伝書写を始めたところ、
『私を憎みものまでもひたむきに愛そう』と毎日書く中で、
「このような人生を生きてこられた文先生の心情は、
私が個人的に受けてきたこととは比較にならないくらいに
大変なものだったんだ・・・」と感じられたといいます。
すると不思議と30年間のご主人に対する許せない思いが
スーッと消えていくことを感じたというのです。

その後、ちょっとしたきっかけでご主人と出会うことがありました。
その時に、ご主人が以前の事を謝罪してくれたのだそうです。
ご本人もご主人に対して、以前とは違う態度を取ることができたそうです。

そして、ご主人が「また一緒に暮さないか?」と言われて、
正式に復縁することになったそうです。
この展開に対して、このようにコメントされています。
「何よりも私の岩のように固くなっていた恨みの心を
愛の御言葉で溶かしてくださった文先生に心から感謝いたします。
今後は夫と祝福を受けることが出来るように
更に信仰を深めていきたいと思います」

やはり、自叙伝は霊的な命を吹き込む奇跡の書物だと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



上記写真は、世界会長のツイッター
#lovintpからの転載です

明け方、
真の父母様は束草の天情園に向かわれました。
バスの中で
おふたりがつながれた手が本当に美しいです
〜今日も息を吸って
「私は生きている」、
吐いて
「ありがとうございます」
アージュ
〜太平聖代真の父母様億万歳〜