2011年08月31日

すべての人に神の霊が注がれる時代〜自叙伝・自叙伝書写の証し続々…




自叙伝配布や自叙伝書写の証しは、
ありとあらゆるところで出ています。

私たちの教会でも、自叙伝配布をしておりますけれど、
少しずつ、証しが出ています。
一例をあげてみますと。。。


出会った方が、自叙伝に関心を持ったというより、
配布をしている婦人の熱心な姿に感動して、
教会のセミナーに参加されて、み言葉を学ぶようになった。

街頭で自叙伝を配っていると、
統一教会にはいいイメージがないけれど、
あなたの笑顔に惹かれたので読んでみるわ、
と言って、相手の方の住所を聞いたら、
自叙伝を配っている婦人の職場のすぐ近くだったので、
これから交流することになった。

今まで統一教会という言葉を聞いただけで、
胡散臭いイメージがあったけれど、
自叙伝を読んでみて、文先生の生涯に感動し、
統一教会に対するイメージが変わった。等々。。。


自叙伝を渡して送り返される方とか、
処分してもいいでしょうか、と教会に連絡があったり、
色んなことがありますが、
それでも理解してくださる方がいらっしゃるので、
そんな方との出会いを求めて、歩んでいます。

そんな折、昨日本部の先生と話す機会があり、
こんな証しを聞きました。
また、夢の証しです。

知人から、自叙伝書写を勧められたので、
とりあえず、やり始めてみました。
そうしたら、数日たって、文先生が夢に現れたといいます。
夢の中で、文先生が、ご自身が歩んでこられた
生涯路程を講義してくださったというのです。
「み言葉も勉強していないのに、夢に現れるなんて」
ご本人も相当びっくりされたそうです。
そして、何と、翌日も文先生が夢に現れたのです。
しかも、前の日の続きから、生涯路程の講義をされたといいます。
もう、神懸かっているとしかいいようがありません。

何年も、何十年も文先生とともに歩んでいる方の中でも、
先生の夢を見たくても見ることが出来ない人がいるのに、
夢を見たいと思っていないのに、
見てしまうという不思議な現象が起こっています。

原理講論「人類歴史の終末論」に以下の記述があります。

人間が完成すれば、完全に神と心情的に一体化し、
互いに相通ずるように創造されたということは、既に述べたとおりである。
それゆえに、アダムとエバも、不完全な状態ではあったが、
神と一問一答した段階から堕落し、その子孫たちは、
神を知らないところにまで落ちてしまったのである。
このように、堕落してしまった人間が、
復帰摂理の時代的な恩恵を受けるようになるに従って、
漸次その心霊が復帰されるので、終末に至っては、
使徒行伝二章17節に「終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。
そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、
若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう」と言われたみ言のように、
多くの信徒たちが、神と霊通するようになるのである。

まさにそんな時代に入ってきていることを感じます。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村