2011年09月30日

台風一過、代々木聖地の聖木の近くに倒れていた大木


1yoyogi6.jpg


今月は大きな台風が2回も日本を襲いました。

特に9月12日の巨文島海洋天正宮ホテル開館式は、
台風12号を巡って様々なエピソードがありました。

今回の台風は、まさに9月12日に
麗水を直撃する予報でしたので、
責任者の方たちは非常に緊張していたといいます。

文先生が12日の秋夕に式典を行うことを願われているのに、
台風が来ることを心配するとともに、
この時期は必ず道路が渋滞しますし、
どちらも悩みの種でした。

しかし、文先生は次のように指示をされました。
「台風の心配はしなくてもいい。行事をしっかり準備しなさい」

そして当日を迎えました。
台風は式典の2日前に熱帯低気圧になり、
どこかに行ってしまいました。
晴れ晴れとした暑さを感じるほどの天気になりました。

さらに必ず渋滞するはずに道も全く混みませんでした。
韓国のお盆で高速道路が混まなかったのは、
今までになかったことでした。

全て文先生が言われた通りになったのです。

私たちが真剣に、真心を持って従順に歩めば、
すべてが良い方向に進むということだと思います。

台風15号は、日本列島を縦断しました。
今回の台風は多くの被害をもたらしました。

本部のスタッフが台風15号の通過したあと、
代々木公園の聖地に祈祷を捧げに行かれたそうです。
聖地近くの大きな木が倒れていたといいます。
倒れた木を見てみると、中が腐ってボロボロになっていました。


代々木公園は東京都が管理しているところなので、
樹木に肥料をあげ、虫がつかないように薬もまかれていますが、
木の中が腐っていることまでは
素晴らしい庭師でもなかなかわからないでしょう。

木の治療方法は、人間の助けもありますが、
木自体が元気を保つしかありません。

教会長は、その報告を受けて、
次のようなみ言葉を語られました。

「中心が腐ってしまったら、全てが引っくり返ってしまう。
中心軸が絶対にずれてはいけないのだ。
中心軸として立っておられるお父様は、『私が倒れたら全てが崩れてしまう』
そんな思いを持たれて、しっかりと根を張って、強く雄々しく立っておられる。
しかし、患難の時は周りが騒ぐのだ。
だからこそ、絶対に変わることのない、お父様を見ていかなければいけないのだ』

代々木の聖木である銀杏は、
統一教会を反対する者から、切り刻まれましたが、
強く雄々しく立っています。
しっかりと根が生えて、
太い幹が、サタンの誘惑を排除しました。

そんな聖木のように、
しっかりと立っておられる文先生を仰ぎ見ながら、
私たちも台風のような嵐が来ても、
倒れることなく、しっかり立っていきたいと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





posted by ten1ko2 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

もう一つの診断書があった?!後藤代表の食事制裁を否定する反対派


20110913093419769.jpg
☆後藤代表の一心病院からの診断書☆


昨日、拉致監禁by宮村の裁判記録がアップされていました。
医師の診断書から検証する監禁時の食事制裁(2)

是非、読んでいただければと思いますが、
今回は、二つの診断書が掲載されています。

後藤代表が拉致監禁から解放されて50日以上してから
診断を受けた病名は以下の通りです。
「全身筋力低下」
「廃用性筋萎縮」
「栄養失調」
「貧血」

「廃用性筋萎縮」という耳慣れない病名は、
筋力量と筋力低下ということであり、
基本的には加齢によるものですが、
エネルギーとタンパク質の摂取量不足、
すなわち飢餓状態でも起こると解説されています。

ですから、上記の4つの病名を見ただけでも、
短期間で起こったものではないということがわかります。

しかも、「貧血」と単純に書かれているのではなく、
「長期栄養不良からの回復期にあるが貧血の改善は
今のところ認められておらず」と付加されています。
解放後に治療と体力回復のために入院したにも関わらず、
50日以上経っても、「貧血」の症状が出ているというのは、
本当に長い期間に、大変な状況だったということを
立証しているに他なりません。

反対派は「後藤さんの写真は作り上げたものだ」
と反論していますが、診断書を見ただけでも、
監禁中に長期にわたって食事制裁がなされていたことが、
はっきりするのではないでしょうか。

さらに反対派は「診断書もでっち上げだ」と主張します。
しかし、診断書を捏造したら犯罪です。
そして診断書は一心病院と北里大学病院の2通あります。
(上記サイトには北里大学病院の診断書の写真も掲載されています)
一心病院においても到底捏造することなどあり得ませんが、
一般にも知られている北里大学病院を巻き込んで
何か偽の診断書を作ったとでもいうのでしょうか。

後藤さんの食事制裁をでっち上げだ、捏造だ、
そのように解釈する反対派弁護士たちの思考回路は
いったい、どのようになっているのでしょうか。

後藤さんのやせ細った写真は、後藤さんが12年5ヶ月にわたって
戦い続けてきた勝利の証しなのです。

食口皆様には更に応援していただくことをお願いしつつ、
良識ある方たちにもご関心を持っていただきたいと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

「自叙伝が伝道するときが来るよ」〜自叙伝伝道の証し続々…2


1tjopv.jpg
☆令夫人に電話される文先生☆


教会の月刊誌(トゥルーワールドジャパン)10月号に
越谷教会の自叙伝配布の証が掲載されています。
第3地区自叙伝配布の凄まじい勢いの先駆者となった教会であり、
その出発が一人の壮年の方からです。

以前にも紹介しましたが、
その方は、ラスベガスでの訓読会で、
文先生から突然声をかけられ、とても愛されたといいます。
1000冊の配布を終えて、さらに頑張っておられる方ですし、
自叙伝配布に火をつけた方ですから、
文先生も霊的に感じた世界があったのだと思います。


最近、聞いた自叙伝配布の証しを二つ紹介します。

駅頭で凄まじく自叙伝配布をしている教会があります。
配っているところにある男性が訪ねてきました。
「その本、3冊ください。
この前、読んで感動したので、渡したい人がいるんです」
どこで自叙伝をもらったのかを聞くと、
思いがけない答えが返ってきたといいます。
「皆さんが配っていた本が駅のゴミ箱にあったんですよ。
たくさんあったので何だろうと思って拾って読んでみたら、
とても感動したんです。」
そして、原理の勉強を勧めたら、承諾されて
喜んで勉強をされているそうです。

もうひとつの証しです。
(これも不思議な証です。)

自叙伝配布活動をしていたとき、
報告のために公衆電話に行き電話をしようとしたら、
見知らぬ男性からテレホンカードをもらったそうです。
突然のことでびっくりしましたが、とっさに職場を伝えていました。
後日その方が職場に来られて、なんと自叙伝を見せて
この本は良い本だから読んでみてくださいと言ってきたといいます。
自叙伝のことで話が盛り上がり、
自叙伝書写の話になりました。
その後、感謝祭に参加し、書写をしているということです。


「自叙伝が伝道するときが来るよ」と文先生が語られていましたが、
まさにそんな時が来ていることを感じます。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


1l4amb.jpg

真のお母様と電話で通話~^^
真のお父様は、
真のお母様の声を聞くと力が出ると言われました
〜太平聖代真の父母様億万歳

@lovintpより 9.25



posted by ten1ko2 at 20:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする