2011年09月24日

み言葉の1ページ毎に滲んだ父の血と涙《訓読の恩恵とは》


1gzbki.jpg
☆巨文島の海と空☆


昨日、ソウル在住のnetkoreaさんからコメントをいただきました。
netkoreaさんは、早朝の訓読とともに移動中にミュージックプレイヤーに入れて、
聞き流しておられるということです。
やはり効果があるようで、心が落ち着くだけでなく、
何より神様の血統の重要性と、偽りの血統につながってしまっていた人類であった
ということが、よくわかるようになったそうです。
さらには、堕落性やサタンの罠についても客観的、冷静に見えるようになり、
修正や対応ができるようになったといいます。

訓読しているものを聞くことだけでも、霊的恩恵があるということですね。
時代の変化によって、このような形でも恩恵を受けることが出来るのですね。
プロゴルファーの石川遼で有名になったスピードラーニングなども
何か似通ったものがあるのかも知れません。

私たちは、本当に貴いみ言葉を頂いていることが本当に感謝であります。
文先生が命を削って勝ち取ったみ言葉であるがゆえに、
文先生の勝利の恩恵を、訓読を通して受けることが出来るのです。

文先生は、もともとは活発な性格であったようですが、
神様からメシヤとして召命を受けられてからは本当に口数が少なくなったそうです。
特に原理を究明する10年間、ちょうどその頃に、
文先生と共に留学生活をされた厳徳紋(オム・トンムン)先生の証しによれば、
その時の文先生の特徴は一言で表現すれば「沈黙」であったと言われます。
文先生は「沈黙」の中でみ言を尋ね求めて行く路程を歩まれたのだと思います。

真剣な準備をした。
人と会わなかった。
1分しゃべれば、
その流れた心情をとり戻すのに3週間、3ヶ月かかった。
だから語らなかったんだ。
語れば流れる。
だから深刻な準備をしたよ。
・・・口を閉めたから、誰もわからなかった。


(1981.7『運動史』)

文先生のみ言葉を解明された時の証しです。

文総裁はこの原理を探すために満身創痍になって、
一日に12時間も14時間も祈祷したことが
何年も続きました。
その悲惨な姿を、皆さんは知っていますか。
原理の本には血と汗と涙が絡み合っています。
1ページごとに滲んだ先生の血と涙が、
皆さんのような若者たちに
訴えているということを知らなければなりません。
先生が、青春を犠牲にして投入したのです。
血と涙が皆さんに訴えているというのです。


(文鮮明先生の生涯路程1より)


文先生がそのように苦労して勝ち取ったみ言葉を訓読することによって、
文先生が勝利された恩恵を相続することが出来るのです。
ですから、奇跡的なことが様々と起こっているのだと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

私と共に霊界が聞く!《100回訓読7年間の証し》4


makbz.jpg


訓読の恩恵のインタビューもこれで一区切りです。

アダムとエバは、み言葉を不信して堕落してしまったために、
再創造の摂理においては、失ったみ言葉を取り戻さなければなりません。

旧約時代においては、神様はモーセを通して、十戒のみ言葉をくださいました。
新約時代は、み言葉の象徴であるイエス様を通して、救援摂理を完成しようとされました。
文先生は、2010年2月7日に八大教材教本を確定してくださいました。
成約時代、天一国時代は、再臨主であり万王の王、み言葉の実体である
真の父母様を通して、人類救援の摂理を完成されるのです。

み言葉が確定されたがゆえに、訓読を通して神様が霊人体の生心に臨在されて
神様との心情因縁がさらに結ばれていくといいます。
そして、家庭訓読教会において、訓読をしている方たちは、
悪霊人が復活することを実感するといいます。

原理講論の復活論によれば、悪霊人の業が、神の罰として
地上人の罪を清算させるような蕩減条件として立てられたときに、
悪霊人の再臨復活の恵沢を受けるとあります。

長い間うつ病で苦しみ、主婦業を全くできなかった婦人は、
毎日悪霊がやってきて、自分の首を締め付けられていたと感じていました。
しかし、訓読を通して、自分の霊人体が復活することによって、
悪いことも嫌なことも甘受するようになったといいます。
そのことによって、悪霊人復活の蕩減条件が成立し、
悪霊が再臨復活することになったのです。

また徘徊するお母さんに対して悩みを抱えていた婦人も、
訓読を通して、悪いことを甘受することが自然に出来るようになり、
お母さんを見ても、苦しんだり悲しんだりすることがなくなり、
「何で、こうなってしまうの?」という思いにもならなくなったのです。

私たちは一人で生活しているように思いますが、
霊人たちとともに生活しているので、
一人で訓読していても、霊人たちとともに訓読をしているので、
霊的には訓読大会をしているのであるといいます。
ですから、訓読をすると自分だけでなく、
霊人たちも復活するというのです。

アジア大陸のリーダーは、100回単位で、
訓読を八段階に分けて身につけていくように指示されています。

@ 個人・・・1時間用チャート100回
A 家庭・・・3時間用チャート100回
B 氏族・・・12時間用チャート100回
C 民族・・・原理講論100回
D 国家・・・自叙伝100回
E 世界・・・天聖経100回
F 天宙・・・平和神経100回
G 神・・・八大教材教本(上記を除く)100回

訓読をする人がいたら、そこが訓読家庭教会になります。
いつでもどこでも誰でも出来ます。
訓読の伝統を立てれば、神様が主管する家庭になります。
神様の心情文化世界に霊肉ともに感化されていきます。
訓読をすればするほど、神様の愛を感じ、霊人体が成長します。
神様の主管を受けて活動できるので、不安がなくなります。
神様によって、真の家庭がつくられていきます。

八段階を見ると、簡単なことではないと思ってしまいますが、
まずは、出来るところから始めていきたいですね。
そうしていくうちに次の段階に行きたいと自然と思うのではないでしょうか。
ともに、善なる競争をしていきましょう。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

引き続き応援をお願いします!《拉致監禁撲滅プロジェクト》


1resizeCA0JB59K.jpg


先日、拉致監禁・強制改宗被害者の会代表、後藤徹氏を迎えて、
拉致監禁撲滅プロジェクト会議が行われました。

最初に後藤代表の報告がありました。
● ミニコミ誌の兵庫通信に拉致監禁の記事が掲載された こちら

● 韓国の「新天地」という新興宗教における迫害
 日本統一教会が受けてきた拉致監禁が行われている
 1年100件、日本と同じ手口であることから 
 日本の反対派が関わっている可能性が大である。
 日韓の牧師たちも会合を行っている。
 韓国統一教会日本婦人も気をつけるべし。

● 「やや日刊カルト新聞」の代表が、親鸞会の小冊子全文を
 掲載したということで、著作権法違反の疑いで、
家宅捜索を受けたという話題。

● 宇佐美氏の裁判に関して
 残り2回(10/13 11/8)の反対尋問を経て、
 判決が言い渡される予定。

● 後藤氏の裁判に関して
 今年一杯は書面のやり取りを行った土台で、
 来年からは証人尋問が行われていく。

● 今後の拉致監禁撲滅プロジェクトの方向性
 

その後、参加した被害者の体験談がありました。
被害者の方の、親・兄弟や親族を通して拉致される場面は、
何度聞いても自分が受けた時の体験と重なり、
何とも沈痛な面持ちになります。

その後、分科会があり終了となりました。

具体的には書くことができませんが、
私も微力ながら、今後のプロジェクトにおける、
新たな取り組みに対して、関わっていく立場でありますので、
改めて拉致監禁撲滅のために頑張っていく所存であります。

また、今回参加した担当者の方の中にも
後藤代表の裁判に関するブログ
「拉致監禁 by 宮村の裁判記録」
を知らない人も若干名おられました。

一部の食口だけしか関心がないかのようにも見えるのも、
摂理の忙しい最中ですから難しい部分もあるのかも知れませんが、
このブログでも改めて定期的に紹介しながら、
皆さんにもっと関心を持っていただかなければと思いました。

ちなみに、今回は後藤代表の監禁時の食事制裁に関する記事がありました。 こちら
拉致監禁現場から出てきて時の、後藤さんのやせ細った姿の写真。
反対派はこれが捏造であるといっているのです。

・拉致監禁はなかった。
・後藤氏のやせ細った写真は捏造である。
こんな話を反対派がするたびに
一部でも後藤さんと同じ体験をした者として
真実が社会に認知され、反対派が活動できなくなるまでは、
戦い続けなければならないと思っています。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする