2011年09月01日

統一教会は拉致監禁・強制改宗を見過ごさない!意識と応援をお願いします


47022_40316_3647.jpg


少し前(8/25)になりますが、
拉致監禁by宮村の裁判記録が更新されていました。

「後藤代表が12年5ヶ月もの間、監禁場所にいたのは、
伝道目的のための居座りであった」
と理解不能な主張を述べる反対派に対して、詭弁である理由を
こと細かく説明しています。

コメント欄に元信者の方が、
この裁判記録に関して、無反応な信者たちを批判していました。
実際、ブログを読んでいる数字を見ても、
毎日、数十人しかいないので、
「無反応」だと思われても仕方がないのかも知れません。

そのコメントにジャーナリストの米本氏がこんな返答をしています。
そのまま転載させていただきます。 

教会が組織する「拉致監禁反対」のデモや集会は、
全国で行なわれてきました。
後藤さんが集会でスピーチすると、
「なんとひどい」「裁判頑張って欲しい」といった声が飛び交います。
しかし、デモや集会が終わると、解離性障害者のように、
頭のスィッチが切り替わるのか、
後藤さんの裁判のことが関心から失せてしまうようです。
そうでなければ、後藤さんが東京地裁に提出した「陳述書」は熟読し、
コメントを投稿せざるを得なくなるはずですから。
長年、ネジ曲がってしまった上意下達の「アベルとカイン」をやってきたから、
上と下には目がいくけど、横と横の関係、
隣人への愛と労りといった雰囲気が完全にといってもいいほど、
この組織から喪失してしまった結果だと思います。
「中心」さんがブログを読め、ブログに反応せよといったら、
ものすごい反応になるでしょう。
そして、ブログはもういいといえば、とたんに引いていく。
いま、日本の社会で「絆」ということが盛んに言われていますが、
絆がより喪失したのは社会ではなく統一教会社会だという印象を強く受けています。
でも、ここの世話人さんたちが地道に継続的にコツコツと努力していけば、
少しずつであっても、連帯の輪は広がっていくものと確信しています。



鋭いご指摘であると思わされます。

ある新興宗教の大幹部が、
統一教会で反対派による拉致監禁が行われていることを聞いたとき、
このようにつぶやいたといいます。
「もし私たちの教団でこのようなことが起こったら、
ただではおかない」
教団をあげて、信者一人の命を守るために、
ありとあらゆることをして、奪還すると宣言していたといいます。

私たちの教義は本当に素晴らしいものであり、
それを実践していけばどれだけ素晴らしい人間関係が築けるでしょうか。
しかし、日本の使命と責任があまりにも大きいので、
責任者の方たちはそれを果たすことに全力投球せざるを得ません。

私自身も拉致監禁被害者であるがゆえに、
ブログを通して、訴えていますが、当事者でなければ、
自分もどうしていただろうか、そう思うこともあります。

(このブログでも拉致監禁の記事と、証しなどの記事を比較すると
アクセス数に歴然とした違いがあります。)

しかし、過去の姿とは違うところ、
すなわちご指摘いただいているところと違う部分も現れてきていることも、
起こり始めているのではないでしょうか。

國進理事長からも折々、メッセージやご指示を頂いていますし、
梶栗会長、宋総会長を始めとして、中心者の方々も篤い思いをもって
責任を持ってくださっています。

地区長は、拉致監禁撲滅プロジェクトの会議に、
時間があれば参加してくださいます。
参加されるだけでなく、具体的なアドバイスをしてくださり、
地区として何が出来るかを考えて、行動に移してくださっています。
本当に感謝です。

さらには、被害者ではない方たちも、
ブログを通して、拉致監禁の不当性を訴えてくださっています。
この場を借りてお礼を申し上げます。

拉致監禁に対する関心と取り組みが、
私たちの過去の負債を埋め合わせることにつながり、
現在の問題解決にもつながっていく、
そう考えてこれからも情報を発信してまいります。
後藤代表の裁判に対しても、今後ともご支援をよろしくお願いいたします。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする