2011年09月08日

反対派・分派もある統一教会カテゴリー、反対批判を受けても生存発展する統一教会


1kis0033-012_m.jpg


私のブログにも、何度かコメントを寄せてくださっている、
「かんごさん」という方が、「統一教会の真実」と題してブログを作っておられますが、
今日、ブログ村の統一教会カテゴリーに参席してくださいました。

統一教会カテゴリーは、他の宗教団体とは違って、
統一教会員だけでなく、反対派や元教会員の方たちも、
精力的に記事を書いているという、とても稀有なカテゴリーだと思います。

その中で、シンパの方のブログはなかったように思いますので、
かんごさんが、ブログ村に参加してくださったというのは、
とても嬉しい限りです。

反対派が書いている本もたくさん読まれて、
なおかつ矛盾点を指摘し、論破されているので、
反対派の記事を見て、変に心動かされている食口たちにとっては、
有益なブログであると思います。
http://kurokango.blog50.fc2.com/

統一教会は、昔も今も多くの迫害を受けてきました。
「迫害なんて大袈裟な」といつぞやコメントしてくださった方もいましたが、
拉致監禁・強制改宗を迫害と呼ばずして何と表現することが出来るでしょうか。
法治国家であり、先進国である日本ではありますが、
拉致監禁を放置し続ける限りは、人権後進国と言わざるを得ません。

しかし、それでも統一教会は存在し続けてきました。
何故かといえば、生きた神様が働いておられるからです。
反対、批判をうけながらも、神様がともにおられるからこそ、
世界に広がっているのです。

最後の分岐点で、困難な課題も多くある中ではありますが、
神様の守りの中で生かされて、そしてこの時に、
理解を示してくださり、応援してくださる方が現れているのです。

生きて働いてくださっている神様を証すためにも、
私も「統一教会の真実」を書き続けていきたいと思います。

ちなみに、かんごさんも「六マリアの悲劇」に関して、
その出鱈目な内容を指摘しておられますが、
私も「朴正華氏のシリーズ」として、記事を書いていますので、
ご参考にしてくださればと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 21:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする