2011年09月17日

霊的な奇跡の起こる時〜突然体が動かなくなって…聖酒の証し


1i8jn.jpg
☆四大聖人像の除幕式☆


今日は、朝5時から教会長不在の期間に行われた伝道路程の反省会と
後半に向けての出発式を代々木聖地で行いました。

路程期間(5日間)、自叙伝は地区全体で8万冊近く配布しました。
駅前や訪問、また知人友人に郵送して全体で取り組んだ結果です。
子供が一緒に配ってくれた証しを先日書きましたが、
親は読まずに家に置いていた自叙伝を小学生の子供が読んで感動し、
学校に読書感想文として提出したという証しもありました。

また、私の所属する教会でも数件ありましたが、
以前に教会につながっていた方が、受け取ってくださり、
何らかの形でもう一度み言葉につながるというケースもありました。
みんな自叙伝を配りたくて仕方がないのですが、
5日間で既に4000冊の在庫を配り終えてしまい、
注文した自叙伝もなかなか届かないので、
近くの教会に自叙伝をお借りして配布しているという状況です。
期間中で430冊を配った方が5名もおられます。

また、聖酒も多くの方に飲んでいただきました。
その中で奇跡的な証しを聞いたので報告したいと思います。

80代の姉に聖酒を飲んでもらおうと電話をすると、
お姉さんは、歩けなくなって
一人で動けずに2日間もまともな食事もできずにいたといいます。
その婦人は、電話を切ってすぐに買い物に行き、食料と共に、
聖酒と説明書きを入れて荷造りして発送しました。
荷物が届いたお姉さんが聖酒を書かれた説明通りに飲むと、
急に体が軽くなって歩けるようになった…とのことでした!

その土台で、姉の息子夫婦にも
聖酒を飲んでもらいたいと連絡をすると、
その通りに息子夫婦も飲ませてくれたそうです。
息子夫婦もとても嬉しい気分になったので、
一人暮らしをしている子供に飲ませようと思い、
家を訪ねていったら、突然意識不明になっていたといいます。
すぐに救急車で病院に連れていき、一命を取り留めたのですが、
医師の話によれば、
もし、少しでも後に病院に来たら
手遅れだったかも知れないということでした。


まさに聖酒を通して、一人の命を救ったという奇跡的な証しです。
聖酒を飲むことが、神様に連結される重要な条件になるわけですが、
そのことを通して、肉的生命をも蘇らせたというのです。
もし、婦人がお姉さんに聖酒を飲んでもらおうと思って行動しなければ、
お姉さんの体と、お姉さんの孫の体はどうなっていたかわかりません。

文先生の願いからすれば、あまりにも微々たる歩みであるかも知れません。
しかし、それでも神様の願いであると思い、
行動すると奇跡的なことが起こるのです。

私個人においても、最近、ブログの記事を書こうとすると、
自分の足りなさゆえに、指が動かなくなることがあります。

しかし、自分が足りなくても私を通して働かれる神様がおられるのだから、
自分の弱き思いに負けてはならぬと書き続けています。
こんな私が(ほぼ)毎日記事を書いていること自体が奇跡なのかも知れません。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


@lovintpより 9.15

天福宮で四大聖人像と象徴物の除幕式がありました。
真の父母様の真の愛の圏内において
四大聖人の役事がこの世の中を覆うでしょう。
アージュ〜真の父母様億万歳〜