2011年09月21日

み言は神と共に!実感する訓読の方法とは《100回訓読7年間の証し》3


b2i2011.08.29.jpg


アジア大陸のリーダーは、
訓読により、さまざまな課題を克服した証しを聞いて、
次の聖句が浮かんできたといいます。

「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は初めに神と共にあった。
全てのものはこれによってできた。
できたもののうち一つとしてこれによらないものはなかった。
この言に命があった。そして、この命は人の光であった。
光は闇の中に輝いている。そして闇はこれに勝たなかった」
ヨハネによる福音書第1章1節から5節

この「言」を「訓読のみ言葉」に置き換えると、
その通りであると実感したといいます。
訓読によって、神様の愛を霊人体に受けることができるので、
霊的活力を与えられ、霊人体の成長が成されていくといいます。

それでは、訓読の仕方です。

@ 声を出す
 自分に聞こえる蚊の鳴くような声でもいいそうです。

A 早く読む
 訓読量が重要とのこと。多く読むと成長します。
 分かった、分からないではなく、読むことに意味があります。
 どんな人でも訓読することによって、神様が入ってきます。
 真の父母様は全てを知っておられるので、
 訓読が命であるとして、私たちに勧めてくださいます。
 しかし、私たちが実践していないので、わからないだけなのです。

B 正しく訓読する
 間違いなく読んでいるかチェックして読まないといけません。 
 理解しているかしていないか、何が書いてあるかよりも、
 読み間違っていないかをチェックしないといけないといいます。

複数の人で訓読する場合、代表者が70分一気に読むと、
神様の愛が充満し、喜びの霊界になり、
その場に来るだけで解放され、悩みが解け、役事が起こります。

証を伝えてくださった777双の先輩は、
朝の訓読の時間だけでなく、
一日の中で、時間が取れたらその都度訓読をしているそうです。
まだ1時間チャートを訓読し始めて、1ヶ月もしていないのに、
もうすぐ100回になると言っていました。
特別な役事はまだないと言っておられましたが、
やはり訓読をし始めてから、「霊的に復活している」
ということでした。

昨日も書きましたが、1時間用チャートは、
早く読むと40分くらいで読めます。
今朝、私も実践してみました。
ですから、朝、時間がなくても、
ちょっとした時間に訓読すれば、
一日1回は読むことが出来ると思います。

6時間訓読を実践しておられる方は、
「どうやったら神の力を受けることができるか、
その答えはあまりにもシンプルです。
やることはただ訓読のみです。」
と語られています。

やはり、実践あるのみ、ですね。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする