2011年09月25日

慰安婦問題は解決したのか?


196973039.jpg
☆巨文島の朝☆


ネットのニュースを見ていたら、こんな記事がありました。
日韓外相会談で玄葉氏「慰安婦問題、解決済み」

玄葉外相は24日午前(日本時間同日深夜)、
ニューヨーク市内のホテルで韓国の金星煥(キムソンファン)外交通商相と初めて会談した。
金氏が、いわゆる従軍慰安婦問題を巡り元慰安婦の賠償請求権問題を取り上げたのに対し、
玄葉氏は「1965年の日韓請求権協定で解決済みだ」とした上で、
「この問題が日韓関係全般に悪影響を及ぼすことがないようにするべきだ」と述べた。

すでに日本政府として謝罪と賠償が行われたので、
もう解決しているというのです。

しかし、韓国側はそうではないと主張しています。
元慰安婦の気持ちを考えると解決にいたっていないということなのでしょう。

最近、ネットでは嫌韓論者が幅を利かせているといいます。
上記の記事に対するコメント欄も、
ほとんどが嫌韓論者の方たちばかりです。

「これ以上、韓国に金をやる必要はないと思う人はクリック」
「珍しい、当たり前だけど民主党政権なのにマトモな対応している。
ちょっと驚いた」
このようなコメントに「私もそう思う」のポイントが高くついています。

さらに挙句の果てには、
「拒否以前にこんなつくり話は存在しない。
協議すること自体、無価値」
まるで「拉致監禁はなかった」と統一教会の拉致問題を
完全に否定している反対派のようです。

「私はそう思わない」のポイントが高かったのですが、
こんなコメントもありました。
「いじめでも何でもそうですが、
被害者が受けた心の傷というのはいくらお金を払おうが、
いくら謝られようが、一生消えることはないのです。
加害者である日本が『解決済み』などという
安易な発言をするのはいかがなものでしょうか?」

やはり、いつまでもこの問題が解決できていないというのは、
単なるお金だけの問題だけではないのだと思わされます。

文先生は、「韓国は父の国、日本は母の国」と語られますが、
この問題も解決しない限り、父母が一つになることは、
まだまだこれからなのかも知れません。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする