2011年09月27日

23時間の訓読会をされた文先生〜みあとを慕う道、ある食口の証し〜


1hpxwx.jpg
☆21日訓読会明けの巨文島の朝☆


文亨進世界会長のツイッターによれば、
9月20日に行なわれた訓読会は、実に23時間に渡って行なわれたといいます。

しかも、水を飲まれることなく、
トイレに行かれることもなく、
23時間ずっと訓読会を主管された文先生だったそうです。

92歳のおじいさんが、そのようなことが出来るのだろうか、
本当に超人としかいいようがありません。

以前、重要な摂理の節目を越える時、
文先生は3日間寝ることが出来なかったと聞いたときがあります。
「み旨を果たせないので、神様が先生を休ませないんだ」
そう語られながら、責任を一身に背負っていかれる先生の姿がありました。

今回の23時間の訓読会も、摂理を突破するための条件なのか、
過去の足りないものを埋め合わせるための条件なのか、
あるいは、神様からのご指示なのか、
いずれにしろ、穏やかに時を過ごすことが出来ない文先生なのだと思います。

そんな文先生の前に、あまりにも鈍感で
愚かな姿をさらけ出している者であります。

こういうことを思っていたら、教会に壮年の方が仕事中に
「携帯を忘れたから、電話を貸してくれ」と訪ねてきました。
その方は、以前も記事にしたことがありますが、
「お父さん」と慕われている方であり、
私も拉致監禁後に、とてもお世話になった方です。

少し霊的なところがあり、突然のように話をされるのですが、
ご自身が迫害にあった時の話をされました。
実は、何度も聞いているのですが、今日来て話してくれたのも
意味があると思って、掲載したいと思います。

私たちが青年の時には、親交会というものがあり、
特に、子供が教会に入ったことに反対している父兄のところに、
訪問してくださっていた壮年の方たちがいたのですが、
その方は、親交会の会長として、活動されていました。

ある父兄のところに訪問に行った時、
あまりにも反対が激しくて、
話を聞きましたが、その父兄は気持ちが納まらない感じでした。
住所を聞かれて、正直に話したところ、
「ただではすまないから、覚悟しておけ」
そう言い残してから、数日後、玄関の窓が割られたそうです。
さらに次の日、車のタイヤ4本ともパンクさせられていました。
反対している父兄の犯行に間違いありませんでした。
とうとう数日後、本人が包丁を持って現れ、
親交会会長の腹を切って、逃げていったのでした。

もちろん、救急車に運ばれて、手術を受けました。
入院も数週間必要だったのに、回復が早くて3日間で退院したといいます。
警察の事情聴取を受け、告訴する旨を伝えられましたが、
会長は次のように答えたといいます。
「統一教会の教えの中に、怨讐を愛するというものがあります。
文先生も多くの迫害を受けましたが、全部許して来られました。
だから、私も文先生の歩まれるとおり、その人を訴えません」
警察もこの言葉にびっくりしたのは、言うまでもありません。
統一教会に対する認識が変わった人もいたといいます。

家や車の修理、入院代などものすごく費用がかかったといいますが、
全部ご自身で負担されたそうです。

「私はねぇ、頭が良くないから、かっこよく歩めないんだよ。
でも、お父様が歩んだとおりの道を行こうと思っているんだ」

毎朝、訓読と書写の条件と祈祷を2時間以上されておられます。
慕わしい「お父さん」、私たちの教会の誇りです。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 18:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする