2011年12月31日

ブログ復帰します!今年はありがとうございました。


1cgzyd.jpg
☆文先生の手を握られる亨進世界会長☆


しばらく、ブログの更新をあきらめざるを得なく、
休止のご挨拶をしてから、
それほど長い期間を置かずに、再開できるようになりました。
今年一年の感謝をお伝えするとともに、
来年からの復帰の宣言をさせて頂きます。

実は、突然体調を崩し、入院していましたが、今日無事退院できました。
事情をお知りの方々にはご心配と祈りをいただき、
本当にありがとうございました。

今回のことは、私の人生を深く考えるきっかけになりました。
こうして、何事もなかったように、皆さんにご挨拶できるようになりましたが、
神さまに生かされているのを感じざるを得ません。
(死に掛けたわけではありませんが…《笑》)
私だけではなく、私たち誰しもが、考えてみたら
いつ生まれ、いつどのように死ぬのか予期できるわけではありません。
神さまに生かされているのであり、めいめいの使命があるわけですね。

このブログに掛けられた使命もビンビン感じますので、
しばらく自宅療養も必要なのですが、無理のないようにブログはUPしていきます。

今後とも、応援よろしくお願いいたします。
一年、どうもありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 22:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

しばらくブログをお休みします

しばらくブログ記事を更新するのが難しくなりました。
この間お休みしますが、事情が変わり次第再開します。

年の瀬の慌しい中にあるかと思いますが、
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご活躍を期待しています。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 21:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

私たちも共に夢のようなその日を迎えよう。「神様の結婚式」のその日

来年1月23日から行われる
『真の父母様御聖誕記念・真の平和統一天福祝祭』
まで、あと1ヶ月余りとなりました。

文先生は悲しみの神様、恨(ハン)を持たれた神様に出会いました。
その神様の解放のために全生涯を捧げていかれましたが、
その究極とも言うべき内容が「神様の結婚式」です。

この「神様の結婚式」を願いながらも、サタンに奪われた神様の姿を
既に数十年前からみ言葉で表しておられます。

神にとってエバは未来の奥さんである。
なぜなら、
アダムは神と一体となるのであるから神自身である。
だから神は、
自分の奥さんをサタンによって犯された。
そのように神を蹂躙してきたものを、
今まで始末していない。
神は悲しみのうちにも、
創造理想を取り戻す希望を抱いて我慢してきた。
それを思う時、
あなたたちもまた、
自分のために神の奥さんを奪ってきて、
いい気になって自分の子供たちまでみんな、
父なる神を
何とも思わないようにすることはできないだろう。


理想相対1969年2月4日 日本本部教会


神様は、自分の愛する妻を奪われたとして、
サタンに対して、「姦夫」と表現しておられます。
まさに愛の恩讐だったサタン。
そのサタンを屈服させるべく、
文先生自らが血の犠牲を払い、涙の苦痛を経てようやく
全てを復帰されたのです。
神さまの愛の恩讐であり、
自分では決して条件を立てることのできないサタンの
代わりに、全てを愛し、許し、越えて行かれました。

「数千年間、真の父母様が成し遂げた功績の基盤に
皆さんが同じ祝福の日に同参すると言う、
そんな夢のような日はありません。」

このようなまたとない、夢のような日に同参できることが、
まさしく私たちにとっての祝福なのですね。


『真の父母様御聖誕記念・真の平和統一天福祝祭』に
同参しましょう! 

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 21:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする