2012年02月29日

1200年前の宗教界のアベル・カイン、空海と最澄


文先生の自叙伝をスマートフォンで読んでいます。
http://www.ucjp.org/?p=11382
『日本語版によせて』
の最初の部分に目を惹かれました。
少し抜粋します。

文先生が大勢の人の前で講演されているところを見た。
その時、『あの人は弘法大師そっくりだ』と感じ、
今でも私はそう思っている。
率直に言って弘法大師は美男子ではない。
『高僧』とか『名僧』とかいう感じではない。
強いて言えば『怪僧』に近いのではないか。
あの面魂(つらだましい)の持ち主は
決してただの人ではない。
ひとくせもふたくせもある男である。
それが私の弘法大師に対する感想であるが、
その感想はそっくり、
そのまま文先生にも適用される。
弘法大師と文先生が一番似ているのは、
横顔の一見穏やかな顔の上部に見える
目の光である。
私は最初に先生を見た時からそう思った。
あの目の光は決して凡人のものではない
(『文鮮明 人と思想』 松下正寿著、善本社)

国際政治学者の松下先生が見る文鮮明像です。
鋭い視点で書かれていると思います。

文先生の目は弘法大師そっくりだと表現しています。

弘法大師・空海は言わずと知れた
真言宗の開祖であり、
中国で真言密教を学びました。
真言・即ち真理であるキリスト教を学んだとも言われています。

そして空海と同時代に生きた人物として更に有名なのが、
伝教大師・最澄です。
天台宗の開祖であり、
『明らけく 後の仏の御代までは 光伝えよ 法の灯』
という唄を残しています。
後の仏・・・すなわち弥勒仏、再臨主がくるまでは、
灯をともし続けるということで、
1200年間、開宗以来、法灯が消えることがないといいます。

彼らはよくアベル・カインと称されました。
二人の出会いもあったらしいですが、
喧嘩別れでおわってしまったそうです。

アベル・カインも一つになるのが難しいのです。

本人たちの問題もありますが、
過去の歴史を背負っているがゆえに
越えるのが難しいともいえるのだと思います。

真のご家庭においても同じことがいえるのだと思います。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

「すべてが心情から出発した」み言葉から私たちが得られるものとは?


Af810CXCIAE138m.jpg


私が拉致監禁された時のことです。

私は二人の牧師に説得を受けました。
二人とも「原理講論なんて間違いだらけであり、
むしろほとんどがおかしい」と言いながら、
聖書を片手に原理批判をしてきたものです。

彼らは、何か別の資料も持っていて、
それを参考に原理の一字一句を批判していました。
おそらく反対牧師共通の脱会説得マニュアルのようなものが、
あったと思います。

原理というものをどう解釈するかによって、
受け止め方が、まったく違ってくるのです。

み言葉を真理として受け止め、
何かを感じようと思うと、
さまざまなことを得ることができます。

文先生は、「すべてが心情から出発した」
と考えておられます。
いわゆる心情動機説です。

ですから神様の心情により、み言葉が生まれ
そのみ言葉により、形づけられます。

み言葉を信じ、神さまを信じていくところに
貴重なものが得られるのです。
そしてみ言葉の価値を更に発見していくことができます。

しかし反対に、最初から穿った目でみ言葉をみると
いくらでも批判できます。
み言葉の背後の心情を求めていかないと
おかしなものとして捉えられてしまいます。

最近、別グループの方たちが原理を批判し、
真の家庭を見つめるのも、
そういったところから出発しているのではないか、
そう思ってしまいます。


それでは、神様は、どうして
宇宙と人間を創造することができたのでしょうか。
それは、神様が心情をもっていらっしゃるからです。
心情があるところにおいてのみ生命が現れることができ、
生命があるところに発展運動(創造)が展開するためです。
ところが、その創造には必ず目的があるのですが、
その理由は、本来
心情というものは目的を指向するものだからです。
ですから、創造目的は、
心情を充足させる喜びであるといわざるを得ません。
そして、この喜びは、被造物、
特に人間が神様に似た時に訪れるのです。


文鮮明『宇宙の根本』p.55



応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

posted by ten1ko2 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | *私の拉致監禁体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

英哲学博士が語る「マインド・コントロール」って何?


DSC_8797.JPG
☆アイリーン・バーカー博士☆


前回の『大学の宗教迫害』ですが、
私自身言い出しっぺですので、
早速、アマゾンで購入しました。

さすが、アマゾン、すぐに到着しました。
まだ完読していませんが、
読んだ部分の中で印象に残った点を
私なりの解釈で申し訳ありませんが、
少し紹介したいと思います。

著者の室生忠氏とアイリーン・バーカー博士とのインタビュー
が掲載されていました。

バーカー博士はロンドン大学の名誉教授であり、哲学博士で、
2000年に大英帝国第四級勲爵位に叙せられた人物です。
新宗教の実証的研究には世界的定評があるとのことです。

インタビューの中で、彼女は
マインド・コントロールについて言及しています。

室生氏の「『マインド・コントロール』という概念は、
世界の宗教心理学会において、明確かつ普遍的に定義されているか」
という質問に対して、
バーカー博士はハッキリ「ノー」と否定しています。

マインド・コントロールとは、
簡単に表現すると、
囚人や捕虜のように
物理的に拘束されていることが
前提になっているということです。

しかし、「マインド・コントロール」論者というのは
彼らが反対する宗教が
物理的に拘束しない状況でも
マインド・コントロールした
というように主張しています。

宗教に関する限り、誰かが誰かを支配しているというよりは、
誰もがお互いに影響しあっている、
というのが正しい見方であり、
支配(コントロール)ではなく、影響(インフルエンス)
と表現したほうがいいのではないか。
さらに新宗教運動における「マインド・インフルエンス」は、
日常生活で行われている、
一般の影響の与え合いと大差はないのではないか、
このように述べています。

また、欧米においては
「マインド・コントロール理論」の
司法判断は否定的なものになっているという
事例もあげていました。

室生氏は、バーカー博士のマインド・コントロール批判を高く評価していて、
彼女を超える言説は生まれていないと断言しています。

ちなみにこのインタビューは10年前のものだそうですから、
いかに海外のマインド・コントロールに対する認識と
日本の認識に乖離(かいり)が見られるかを現していると言えるでしょう。


応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




posted by ten1ko2 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする