2012年06月30日

それってマインドコントロール?!4


ファミリーフォーラムが
先日起こったオウム真理教元信者の逮捕に関して
四国新聞のコラムを紹介していました。 こちら
マインドコントロールに対して、的を得た解説ですので、
抜粋して紹介されている内容を掲載します。


オウム真理教元信者、高橋克也容疑者の逮捕劇は、
ドラマを見ているかのようだった。
(中略)報道は熱気に満ち、
ワイドショーなどの情報番組も
多くの時間を関連のニュースに費やしたが、
事件の解説などで多少の違和感も抱いた。
民放のある情報番組で、
高橋容疑者が松本智津夫死刑囚=教祖名・麻原彰晃=の本を
所持していたことに言及した司会者が
「マインドコントロールがまだ解けてないということでしょうか」と質問し、
コメンテーターが「そうでしょうね」と応じたことだ。
どうもこのマインドコントロール、
便利に使われすぎではないか。
逃亡は17年に及んでいる。
長い潜伏生活は本人が選び取ったもののはずであり、
この言葉の安易な使用は当事者の責任を回避する働きがあるように感じる。
(中略)オウム信者=マインドコントロールされた
ロボットのような人間というイメージは、
全てに当てはまるものではない。
マインドコントロールという言葉を出せば、
何となく事件が分かった気になるというのは、
一種の思考停止にすぎない。



マインドコントロール批判は、
一般的な識者には理解されるところでありますが、
専門家の方もHPを作って研究されています。
UPF日本事務次長の魚谷俊輔氏が、
YouTubeに「マインドコントロール批判」として、
いくつかの動画をアップされていました。
 http://www.youtube.com/user/suotanivideo?feature=watch
その中の動画に、
「オセロ中島騒動とマインドコントロール批判」
がありましたので、一部修正して紹介します。
(ここに出てくる、国会議員、弁護士、教授は、統一教会の
反対派として名高い人たちです。)


ワイドショーで発言する『専門家』
カルトや宗教問題に詳しい有田国会議員は、
オセロの中島知子さんが、『占い師』によって、
芸能活動を自粛していることに対して、
「今の中島さんの状況は?」と聞かれると
「強いマインドコントロールの支配の下にあって」
と答えています。

さらに山口弁護士は、
「彼女は依存と恐怖心にしばられた状態だ」
と言及しています。

また、マインドコントロールに詳しい
心理学部の西田教授は、
「情報から判断する限り“マインドコントロール”
されているかもしれない」と話しました。
また「どうやったらマインドコントロールから
解くことが出来るでしょうか」という質問に対しては、
「相手から離すこと、受け皿が必要であり、専門家が必要。
さらには同じ経験者のサポートが必要だ」
と述べています。


  彼らのテレビ出演の目的をこう考えます。

  〇「カルト」や「マインドコントロール」の
   専門家としての権威を高めるため。
   テレビに出ることで社会的信用を高める。
   裁判に対する影響?

  〇大衆に対する露出度を高くすることにより、
   「相談窓口」としての営業に利用することができる。

  〇「カルト」や「マインドコントロール」などの概念が
   風化して忘れられないように、
   事あるごとに大衆の記憶の中に
   リフレッシュさせておく必要がある。

  〇紹介の中に、
   「統一教会や霊感商法の問題に取り組んできた専門家」
   と入れることによって、
   どさくさまぎれの攻撃を行う。


しかし中島さんの状態に対して、
彼らはどれくらいわかっているでしょうか。
実際、西田教授のツイッターにはこのようにありました。
「某テレビ局に頼まれて、オセロ中島さんの件、
検討しましたが、ちっともわからない。
どうコメントしたものか。」
彼の本音がちらついています。

彼らは中島知子にあったこともなく、
自称占い師に遭ったこともないので、
本当はコメントなんかできるわけがありません。
「こうすればマインドコントロールが解ける」
という簡単な方法は存在しないことを
事情をよく知っている人は分かっているのです。

面白いことに、西田教授に山口弁護士がリツイートしています。
「オセロ中島騒動で、取材を受け、マスコミは、
『精神操作された状態(マインドコントロールともいう)』について、
『※※すれば解けます』と簡単な解決方法を
探していることが判りました。
残念ながら、簡単に解く方法はありません。
簡単に解けるという人は、詐欺師か不勉強な人のいずれかです」

  
  彼らの無責任さに対して、以下のように考えます。

  〇ある人の心理状態に関して、専門家である
   精神科医や臨床心理士が、本人に直接会って
   診察やアセスメントをしたこともないのに、
   マスコミで流れている情報だけを根拠に、
  「今、この人はこういう状態です」と断言したら、
   プロとしての見識や倫理を疑われるであろう。

  〇西田教授は「マインドコントロール」の解き方を解説しているが、
   彼自身はおそらくやったことがない。

  〇「マインドコントロール」の解き方が存在しないのは、
   「マインドコントロール」が存在しないからなのです。



なかなか、鋭いご指摘です。
このブログを読んでいる多くの方が、
「マインドコントロール」されていますよ〜。
だって、統一教会信者なのですから(笑)。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

祝福に臨む2世たちの生の姿が好印象、英国TVでドキュメンタリー番組を放映! 


b002.jpg


先日、統一教会のHPでも紹介されていましたが、こちら
イギリスの公共テレビ局『チャンネル4』で、
「Married to the Moonies(ムーニーズと結婚して)」
と題する約1時間のドキュメンタリー番組が放映されました。
イギリスにはBBCという有名な公共TV局がありますが、
この『チャンネル4』も公共TVなのだそうです。

このドキュメンタリーですが、
今回、YouTubeにアップされていましたので、
紹介したいと思います。
ちなみに全編英語です。。。



タイトルにもある「ムーニー」という言葉ですが、
西欧圏ではあまり良い言葉ではないようです。

この番組を制作したイギリスのある映像制作会社は、
今年3月24日(土)の「国際合同祝福結婚式」に参加した
イギリス在住の3人の若者を昨年7月から取材しました。
番組のホームページには、
「これまで前例のない深部にまでカメラが入ることで、
この番組は、知られざる統一教会の世界に視聴者をいざないます」
と紹介されています。

英語もよくわからないままにざっと見てみました。
メインの3人に加えその友人たちなど
出演する2世たち、好印象で、
祝福式に向かっていく素のままの心情が伝わってきました。
またそれぞれ、お似合いのカップルたちでした。

文先生の歩まれた内容を映像で紹介していましたが、
それは少し批判的な印象も受けました。
また、どこで入手したのか、
文先生が二世に対して、
実体マッチングをしている映像も流れました。
(2009年のもの)

しかし、ほとんどが祝福式に至るまでの
二世たちの様子を描いた、ドキュメンタリーを中心に
構成されているようでした。
2世が実体の証し人となっていくのだと感じました。

イギリスでは、比較的多くの方が見ていると思いますが、
これを機に統一教会に関心を持ってくださればと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

「統一教会人であることを誇ろう」仁進様の日本へのメッセージ


a98c6d7e351105d510bcca06134b08489.jpg


先日、仁進様がご来日された時、
妻と娘も参加したコンサートで、
仁進様のみ言葉がありました。

その時の通訳の方は、
全部を訳さないままに
仁進様が話してしまわれて、
しっかりとした日本語通訳が聞けなかったようです。
今回、字幕を入手できましたので、
一部を紹介したいと思います。

挨拶の後話されたのは
佐賀大学のアカハラ問題で、
准教授を訴えた学生と話をされた内容です。



彼女が大学内で受けている苦しみについて、
話す時間がありました。
彼女が言うには、ある一人の准教授が彼女を指して、
「あなたは、あの合同結婚式の子供だろう」と言ったそうです。
「あの合同結婚は犬猫の結婚式だ」と。
「動物たちが集まって結婚式をしているようなものだ」
と批判してきたのです。
このような批判や迫害に私たちは長年の間、耐えてきました。
多くの国の、多くの大学の学生たちが
同じように差別を受け、後ろ指を差されてきました。
ある子女はトイレに頭を突っ込まれ、
何度も何度も水で流されるようなひどい仕打ちを受けました。
ただ、「人と違うものを信じている」という理由だけで
そのような仕打ちを受けたのです。
今こそ私たちは「もう終わりだ!」というべき時です。
もちろん、これからも私たちは犠牲の道を歩み
ために生きる人生を続けていきますが、
私たちには私たちの尊厳を守る権利があります。
そして、信じるものを守るために戦う権利があるのです。




祝福を否定された姉妹の話をしながら、
祝福の価値を訴えられ、
神の子としての誇りを持つように強調されました。



兄弟姉妹の皆様、私たちは何者でしょうか?
私たちは誇るべき神の息子、娘なのです。
私たちは自分たちのことを統一教会員だといいますが、
信じるもの、国、文化や伝統などの背景に関わらず、
我々は皆、神のもとの一つの家族なのです。
あなたが韓国人であろうと、日本人であろうと、
欧米人または、アフリカ人であろうと関係なく、
我々は皆神の子なのです。
たとえ違う国や、人種の人であっても、
私たちは共に尊敬しあい、愛し合い、そして
共に手を携えていくべきです。
そのようにする他に、
どのようにしてこの世界の問題を解決していきますか?
人々が様々な理由でお互いを憎みあい、
お互いを家族のように愛しうことを知らずに
どのようにして、この世の中の憎しみや、
暴力、殺人を乗り越えることが出来るでしょうか?
私たちは皆神の子であると信じています。
そして国際結婚式こそ、それを祝う場なのです。
白人が黒人を真の愛で愛します。
自分たちの幸せの為だけに祝うのではなく、
全人類の幸せをともに祝うのです。
このことが合同結婚式の素晴らしさなのです。
私たちを理解しない人々は、
立ち止まって私たちのことを考えることをしません。
そのため、多くの場合、
私たちは誤解を受け、差別を受け、
そして迫害を受けてきました。

(中略)

今こそ私たちは我々自身を誇るべき時です。
統一教会員であることに
誇りを持たなければなりません。
我々の人生を神様と真の御父母様、
そして世界の人々と共に祝わなければなりません。
私は何度となく多くの人々が、
「仁進様はクレイジーです」というのを聞いてきました。
私がマンハッタンセンターのCEOになり、
また北米大陸の会長になってからも、
幾度となく「仁進様はクレイジーだ」と言われてきました。
「クレイジーだ」と呼ばれること以上に
私をやる気にさせることはありません。
私は人と異なっていたいし、
ユニークな存在でありたいし、
神様の特別な娘でいたいのです。
そして統一教会員であることに誇りを持っています(拍手)。

(中略)

あなた方子供たちは、日本の未来であり、
世界の未来です。
これまで通り一生懸命の頑張り、
将来何になるとしても最高を目指してください。
素晴らしい人間になり、
互いに尊厳をもって愛することの出来る人になってください。

(後略)



仁進様はアメリカでも
数多くの二世と交流され、
慰め励まして来られました。
そして、多くの希望を与えてこられました。

私たちも祝福を誇り、
神の子であることを誇り
統一教会員であることを誇りたいと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする