2012年08月28日

世界会長の礼拝説教「お父様は十字架に架かっている」時速5キロの回復


Az7cWarCEAAyWD9.jpg
☆文亨進世界会長ご夫妻☆


一昨日、天福宮において
文亨進世界会長が
日曜礼拝を担当されました。
その要約(意訳)を紹介します。
世界会長は常に深刻な表情で
説教をしておられました。



まず、皆さんの精誠に対して
心から感謝申し上げます。

今のお父様の状況は
簡単ではありません。

先週も血液に悪いものが感染しましたが、
幸いにも早く発見できたので、
取り除くことが出来ました。

真のお父様は機械をつけたままです。
まさに死生決断、全力投球の姿です。

今、世界情勢を見ても
本当に深刻な状況が起こっています。
領土問題においてもそうですし、
中東の問題においても
いつ戦争が起きるかわからない状態です。

お父様は、2005年に予言をされました。
「島国に問題が起こる」と。
私たちは理解できませんでした。

世界は早いスピードで悪化しています。
その、凄まじいときに具合が悪くなられたのです。
本当に突然のことでした。

私は真のお父様に1年半仕えてきました。
風邪を引かれたときもあり、
具合が悪いときもありました。

今週 心臓の数値など落ち着いています。
だいぶ回復されましたが戦っておられるのです。

医者がこのようなことを言っておられました。
「普通、一般の人が回復する速度が50キロだとすると
文先生の回復する速度は5キロくらいです。」

私はお父様の看病を目の当たりにしてきました。
呼吸できるように長いホースをつけています。
それを長い間つけていると、のどに張り付いてしまいます。
それで、バクテリアに感染しないように
ホースの交換をしました。
取り外すのが、非常に不便で、
お父様はホースをかんでしまったのです。
取り外すのがあまりにも苦痛で
お父様の歯が一本抜けてしまいました。
それだけ苦痛だったのです。

生涯み言を語り続けていかれたお父様が、
2週間しばられているのです。
話すこともまったく出来ません。

このお姿は、十字架よりも苦しいようです。
お父様は十字架にかかっていると感じました。

私はお父様にしたくても何もできないのです。
それが苦痛です。
お父様と話すこともできません。

お父様はまだ集中治療室におられます。
みなさん、ひとつになって精誠を尽くしましょう。



深刻な表情ではありましたが、
涙を見せることはありませんでした。
それでも心の中では、
涙を流し続けておられる
世界会長だろうと感じました。

文先生のご容態は、
まだ予断を許さない状態であると思います。

120拝敬拝を捧げながら、
小さな条件だとは思いますが、
これからも精誠を捧げたいと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


トップのお写真のツイート:
鳥取教会の新しい教会の献堂を祝賀いたします~
クラッカークラッカークラッカー\(^o^)/
内外共の多くの困難を乗り越えた
鳥取教会の今後の勝利を祈願します

8.12
@lovintp
世界会長のツイッターより



posted by ten1ko2 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

文先生のご容態(公文)


昨日と一昨日の文先生のご容態が
公文で流れてきました。

全世界の統一家の食口の皆様。
真のお父様の慰安と快癒のために心を合わせ、
至極なる精誠を尽くして下さっておられることに
心より感謝申し上げます。
今朝の真のお父様の病状は
昨日より快方に向かわれており、
人工酸素の依存度が少しずつ減っているという
主治医からの伝言がありました。
瞬間瞬間ごとに病魔と闘われながら、
摂理のために起きようとされる
真のお父様の壮健なる意志と、
至誠感天の言葉のように
真のお父様の傍を離れずに
一日24時間最善を尽くしながら、
渾身を込めて
真のお父様のお世話をされていらっしゃる
真のお母様をはじめとした真の子女様、
そして全統一家の食口の皆様が
一心で捧げておられるこの上ない精誠が
天に到達した結果であると思います。
しかしながら今も治療のために
重患者室で熟眠状態であられ、
特にこの1週間が最も重要な分、
一日も早く真のお父様が快癒されるように、
食口の皆様の継続的な特別精誠をお願い申し上げます。
ありがとうございます。

天基 3年天暦 7月 8日 (陽暦 8月 25日)
世界副会長 兼 韓国協会長 石竣昊 拝




真のお父様の慰安と早い快癒のために心を合わせ、
不撤昼夜でこの上ない特別精誠を
捧げて下さっておられることに心より感謝申し上げます。
今朝の真のお父様の健康状態は
依然として回復傾向にありながらも、
大きな変化はありません。
治療のために重患者室で熟眠状態であられながら、
摂理のために起きられようと
毎瞬間瞬間病魔と大きな闘病をされておられます。
一日も早く真のお父様が快癒されるように、
食口の皆様の継続的な特別精誠をお願い申し上げます。
ありがとうございます。

天基3年 天暦7月9日 (陽暦 8月 26日)
世界副会長 兼 韓国協会長 石竣昊 拝




文先生は、天正宮に戻られる
準備をされていると伺いました。
それでも外には出ることができない
状態であるということです。
一刻もお早い、ご回復と
ご退院を心から願うばかりです。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

夢の証し「文先生を日本にお迎えしたい!」


文先生が倒れておられる期間、
やはり霊的な証しが見られます。

二つの夢の証しです。


韓国人の夫が、亡くなったお父さんの夢を
初めて見ました。
夫は長男ということもあり、
最後を看取りたかったんでしょう。
夫からその話を聞いた後に、
真のお父様が危篤であると聞きました。
私は夫のお父さんと姿が重なり、
「真のお父様とお会いしたい。
そのお姿を一目見たい」
このような思いが強くなりました。
そして、早くお父様に良くなっていただき、
一日も早く日本にお迎えしなければならない、
このように思いました。


初級チャート100回訓読した翌日に
特別な夢を見ました。
神様が現れたのです。
目には見えない神様ですが、
私に働きかけてこられたのです。
ある方に七福神の絵を描くように言われ、
私は「絵が下手だからどうしよう」
と思っていたのに、
筆を持ったら、その神様が現れて、
神様が私の手を持って、
とても素晴らしい七福神の絵を描いてくださいました。
そのあと、ライオンを描くように指示がありました。
ライオンは薄くしか描けませんでした。



教会長は、
「最初の方の夢は
お父様を日本にお迎えしたいという夢であります。
次の方の夢ですが、
ライオンは『百獣の王』ということで、
動物の王様でもあり、
日本は女王の国ですから、
やはり相対に立つ必要があるということなのだと思います」
このように解説してくださいました。

母として、父を支えるべく
精誠を込めて歩まれる
韓女史のごとく、
日本も母の国の使命を果たしていく時だと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする