2012年08月25日

誰も知らないところで天のために、私のために歩まれる父母の姿。。。


新約聖書へブル人への手紙11章1節に
有名な聖句があります。

「 さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、
まだ見ていない事実を確認することである。 」


見えない世界を求めるのが信仰なのだといいます。
見える現象世界はだれにもわかることであり、
神様も目には見えない如くに、
私たちが知りうる事柄だけで、
物事を判断するのは信仰ではありません。

昨日の夢の証しも
文先生は私の全てを知っておられるのであり、
しかし、文先生の体を触れば、
本当に痛々しい姿でありました。

子供が毎日、部活動で朝早く行くので、
お弁当を作るために、
お母さんは毎朝、子供より早く起きて、
弁当を作り、子供を送り出し、
そしてお母さんも仕事に行きます。

子供は自分の部活動のことしか考えていませんが、
ある時たまたまトイレにおきたとき、
お母さんが居眠りをしながら、
懸命に朝食を作っている姿を見ました。

その時、子供は
「お母さんは自分のために朝早くおきて、
一生懸命に弁当を作ってくれているんだな」
そう思ったとき、
親に対して不平不満を言わなくなりました。

森山操先生の証しにもあります。
継母に対して、一度もお母さんといえなかった。
そして、貧しい生活で、
紙芝居を見たくて、お金が欲しくて、
継母の財布から悪いと思いながらも、
お金を何度も盗んでしまった。
継母はそのことを知っていたが、
仏壇の前で、
「みさおちゃんが悪いんじゃない。
お金を取ったこの手が悪いんだ」
と言いながら、自分の手を叩いていた。
その姿を森山先生が見たとき、
初めて「お母さん」
と言って泣きながら詫びた。

目には見えないところで、
苦労している姿を通して、
人は本当に心を入れ替えるのです。

文先生の歩まれる姿に対し、
統一教会という存在に対して、
あれこれと思う方がおられるようです。

しかし、見えないところで、
言うにいえない事情を抱えながら
天のために歩む姿を知れば、
本当の真実が見えてくるのだと思います。

文先生のために
120拝精誠映像を見ながら、
敬拝を捧げました。

天のために誰にもいえない事情を抱えて、
歩まれる文先生ご夫妻の姿がありました。

こんな大変な時に、
小さな精誠を捧げられるのは
本当に感謝であると改めて思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


今は
風や雨や雪があっても
これが永遠に続くのではありません
照り輝く日が来るのは確かです
それなのに
なぜ心配をするのですか
その日が来るまで
ただ私の仕事をやるんだという思い
それが必要です
猛烈な風を経験する人だけが
快晴の平穏な日々を感謝できるのです
毎日が平穏である人は
決して
日々を感謝できないものです
これは正に真実です
過去において
大いに苦労したその苦労ゆえ
あなたはすべての価値を知るのです


「ひかりの中へ」
Rev.S.ムーンの至言集 より



posted by ten1ko2 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

夢に現れた文先生(証し) 


ある婦人の証しです。
文先生がご病気になられてから、
文先生の夢を見たといいます。
しかも、普段は夢をほとんど見ない、
さらには文先生の夢など、
まったく見たことがない方が、
突然の如くに夢を見られたのです。



私は、基準の低い者ですが
今朝、お父様の夢を見ました。
最初はお母様が現れたのですが、
すぐに場面が変わり、
そのあと世界会長が出てこられました。
そして、お父様が出てこられました。
お父様は、世界会長を慰労しておられました。
そのお父様が裸になられました。
そして、お父様が横になられました。
お父様はお疲れになっておられるようでした。
私は整体の経験がありますので、
整体をしてさしあげました。
お父様のお体と皮膚は
象のように硬い感じがしました。
そして、お父様は私の名を呼んでくださいました。
さらにこのように話されました。
「お前は、今自分の行く先について
悩んでいるかも知れないけれど、
あなたの選択は間違っていない。
これからも自分の思うところにしたがって
頑張って歩んだらいいんだよ。」
そのように言われました。
私が個人的に悩んでいることだったので、
お父様は本当に私のことをご存知だと思いました。




集中治療室におられる文先生。
現在の最先端の医学により、
機械によって、生命が維持されている文先生。
酸素は十分に供給され、
血圧は安定しているとしても
肺と腎臓は機能していない状況です。
早く集中治療室から出られるように、
渾身の祈りを捧げていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

重要な1週間、継続的な特別精誠を! 父を思いつつ臨んだ3度目の上級原理試験は…



昨日の文先生のご容態が流れてきました。
『今朝の真のお父様の健康状態は、
昨日の状態を維持していらっしゃいます。
今も治療のために重患者室において熟眠中でいらっしゃいます。
この一週間が最も重要な分、
真のお父様が快癒されることができるように、
継続的な特別精誠をお願い申し上げます。』

昨日、上級原理セミナーがありました。
本体論で司会進行をされた本部の多田部長が
午前中、講義をされたのですが、
こんなことを言っておられました。



皆さんは、お父様を見つめている
神様の心情を考えたことがありますか。
基元節を迎えるその日、
お父様をまとって結婚式をあげようとされる神様。
そのお父様が生死の境を彷徨っておられます。
どれほど、切ないか。
どれほど、胸痛いか。
その神様の心情を訪ね求めていかないといけません。




文先生は、いつどんな時にも、
神様を慰めていかれました。
神様から見捨てられるような時も
何度もありました。
そういう時であればあるほど、
神様に助けを求めず、
『神様、大丈夫です。心配しないでください』
とむしろ神様を励ましていかれた先生でした。
その文先生が瀕死の状態である。。
神様は文先生をどんな思いでみつめておられるのか、
そんな神様の観点から祈りを捧げ、
精誠を捧げていきたいと思います。

さて、3度目の上級原理試験。
この場に来るのが、苦痛でした。
参加している顔ぶれをみれば、
どの方も兵(つわもの)揃い。。。
『これは難しいかな』
なんて、弱気な思いで出発しました。

結果発表のとき、
多田部長が話されました。
「私は採点をするのが一番嫌なんです。
2回・3回と試験を受けている人に対して、
落とすというのは本当に辛いんです。
でも恨まないでくださいね。
恨むなら地区の伝道教育部長を恨んでください(笑)」

このことを語られたとき、
「私のことかな、また来月もインディアンの雨乞いか」
そんな風に思ってしましました。

それで、結果は。。。
見事合格!

3度目でようやく合格させていただきました。
反省点もあるのですが、
個人的には少し掴んだものもありますので、
これを現場に活かしていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


苦しい試練の時、
私は狼狽して祈ったことはありません。
「神様、あなたのみ旨はなされます。
私は勇気ある子供として生き、
そして死にます。
どのような苦しみも
私の歩みを止めることはできません。
私は進んでいきます。
神様みていてください」


「心の四季」より



posted by ten1ko2 at 09:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする