2012年08月13日

神様と霊界の願いが結集、ロンドン五輪終了!


ロンドンオリンピックが終了しました。
日本は、柔道男子の不振や、
男子体操のミスなどからの出発であり、
スタートダッシュとはいきませんでした。

それでも最終的にはアテネオリンピックを上回る
史上最大のメダル数を獲得しました。
日本にとっても大きな収穫であり、
選手は頑張ったと言えるのではないでしょうか。

今回は、女性の奮闘や
団体競技でのメダル獲得が
日本の特徴だったようにも思います。

また今回で、オリンピックの
日本メダル獲得総数が
ちょうど400個になる
記念すべき大会となりました。

あと数秒のところで、
大逆転を演じてメダルを獲った競技もあれば、
その反対にもう少しのところでメダルを獲得できなかったり、
メダルの色が変わっていたかというような、
本当に紙一重の競技もありました。

メダルを獲得した選手たちのコメントも
自分が頑張った、というよりは
「みんなに感謝している」
「支えてくれたコーチや家族のおかげ」
といったコメントが多かったように思います。

人生の全てをかけて、
4年間、この一瞬にかけた
その内容が感動を与えます。

お盆の期間でもあり、
霊界にいる多くの先祖の方たちも
私たちの一挙手一投足に
注目しているのではないか、
そんなことを感じるオリンピックでした。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


孝子の道を行くためには、
有史以来の迫害が迫り、困難な峠が多かったとしても、
それを克服することのできる
余裕しゃくしゃくとした男とならなければなりません
艱難と試練の中でもまれ、
後退の余念をもって
悲しみの恨の道へと戻っていくのではなく、
億千万世の苦衷と受難の道を克服し、
克服し、決意して誓い、
あすの希望に満ちた再出発の道を促していきながら、
死の道も見分けいくことのできる道を
残して行かなければなりません。
そのような歴史的要求と、
神様の要求があるということを知らなければなりません。


「真の神様の祖国光復」より

posted by ten1ko2 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする