2012年08月21日

真の父母が現れない限り、霊界には親が存在しない〜毎晩の祈祷会より


毎日の祈祷会で、
教会長はさまざまなみ言葉を語られます。

私が個人的に整理されたのは、
以下のみ言葉でした。



30日間の原理本体論教育では、
創造原理が強調されました。
DVD30数巻の中でも、
三分の一が創造原理ですね。
その創造原理の中で、
さらに強調されるのが、
絶対「性」であり、
二性性相の神様です。

原理本体論の本体は、
何かと言えば、神様です。
ですから、神様の存在を教えるのが、
原理本体論なのです。

統一教会の信仰の本質は何でしょうか。
何が一番の根本ですか?
それは、神様と人間の関係が親子であるということです。
そして、真の父母様と私の関係が、
親子であるということなのです。

神様が本体であり、
真の父母様が実体です。

信仰の究極の目的が、
神様との親子の関係を回復するということなのです。




神様と親子関係を回復する、
そして、その実体が真の父母である
このことを何度も強調されていました。

神様はアダムとエバを送り、
真の父母にしようとされましたが、
堕落してなることができませんでした。

すなわちこの世においては、
親子関係がありますが、
霊界においてはどうでしょうか。

文先生は
霊界でも親は兄弟になる
と言われています。

すなわち、真の父母が現れない限り、
霊界には親が存在しないのです。

兄弟はいても親のいない世界、
これはどれだけ寂しいでしょうか。

そして、地上において、
真の父母を親であると実感しない限り、
霊界にいっても親だと思うことができません。

文先生を真の父母として慕うがゆえに、
私達は、先生のご容態を心配するのであり、
また、祈祷会に集う者たちであります。

さらに父母として慕って行きたい、
その思いを持つ中に、
心に安心感が与えられていきました。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


皆さんは、お母さんのお腹を通じて生まれましたが、
養子・養女です。
ですから、その父母の前に忠誠を尽くすべきです。
しかしながら、(略)天の子女を持つためには、
明らかに天の父母がまず出てこなければなりません。
そうして、四位基台を成さなければなりません。
そうする前まで、みなさんは全部赤ん坊です。
赤ん坊です。
ですから、世の中で、いくら優れていて、
何がどうだという人だとしても、
赤ん坊のような心情をを持たなければなりません。
そうして、お母さんのお腹の中と、
お父さんのお腹の中を通じて、
再び出てこなければなりません。


「真の父母」より


posted by ten1ko2 at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする