2012年08月26日

夢の証し「文先生を日本にお迎えしたい!」


文先生が倒れておられる期間、
やはり霊的な証しが見られます。

二つの夢の証しです。


韓国人の夫が、亡くなったお父さんの夢を
初めて見ました。
夫は長男ということもあり、
最後を看取りたかったんでしょう。
夫からその話を聞いた後に、
真のお父様が危篤であると聞きました。
私は夫のお父さんと姿が重なり、
「真のお父様とお会いしたい。
そのお姿を一目見たい」
このような思いが強くなりました。
そして、早くお父様に良くなっていただき、
一日も早く日本にお迎えしなければならない、
このように思いました。


初級チャート100回訓読した翌日に
特別な夢を見ました。
神様が現れたのです。
目には見えない神様ですが、
私に働きかけてこられたのです。
ある方に七福神の絵を描くように言われ、
私は「絵が下手だからどうしよう」
と思っていたのに、
筆を持ったら、その神様が現れて、
神様が私の手を持って、
とても素晴らしい七福神の絵を描いてくださいました。
そのあと、ライオンを描くように指示がありました。
ライオンは薄くしか描けませんでした。



教会長は、
「最初の方の夢は
お父様を日本にお迎えしたいという夢であります。
次の方の夢ですが、
ライオンは『百獣の王』ということで、
動物の王様でもあり、
日本は女王の国ですから、
やはり相対に立つ必要があるということなのだと思います」
このように解説してくださいました。

母として、父を支えるべく
精誠を込めて歩まれる
韓女史のごとく、
日本も母の国の使命を果たしていく時だと思います。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 10:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする