2012年11月30日

「全てを溶かしてゆくのは神様の愛」ある拉致体験者の手記 〜後藤代表裁判に有力な証拠、続々


先日、地区主催の
拉致監禁撲滅プロジェクト会議がありました。

後藤代表が
近況報告をしてくださいましたので、
紹介します。

そのうちの一つが
これです。
 宮村氏恩師の娘、YC氏の手記―宮村氏の計画は完璧だった。
 路上拉致を立案、実行した宮村氏


ある教会施設の倉庫を
片付けていたら、
古い段ボール箱から
大量の資料が見つかりました。

「開運!なんでも鑑定団」
ではありませんが(笑)、
霊的に見れば、
どれもお宝ばかりです。

その中にあったのが
このYCさんの手記です。

YCさんのお父さんは、
宮村の高校生時代の担任であり、
恩師だったといいます。

その娘さんのYCさんを
宮村は可愛がっていました。

彼は大学時代、左翼活動をし、
原理研究会と激しくやり合っていました。

その後、恩師の娘さんが、
統一教会(原理研究会)に
所属しているということがわかりました。

「YCさんを統一教会から
何としても脱会させないといけない」
彼は恩師である
YCさんのお父さんを炊きつけて、
拉致監禁を実行します。

たまたま宮村が住んでいたところと
反対牧師の森山諭の教会が
目と鼻の先にあり、
彼の奥さんと栄光教会の
副牧師夫人が知り合いである
そのような関係があって、
森山牧師が行っていた
拉致監禁活動に携わることになりました。

路上拉致を実行したのが、
宮村本人であることを
手記には書いています。

また、宮村の親族が
YCさんを車に押し込めた
そんな風にも書かれています。

宮村が実行した
拉致監禁事件。

この手記を書いたYCさんは、
その後、残念ながら
再び拉致されて
統一教会を脱会しています。

しかし、最初の拉致のときに
逃げ戻って手記を書いたのであり、
原文が見つかったのですから、
宮村が拉致監禁を実行したのは、
間違いのない事実です。

これは明らかに犯罪です。

どうせ反対派は、
「でっちあげだ」
「捏造だ」
そのように反論するでしょう。

しかし
「事実は小説より奇なり」
なのです。

YCさんは手記の中で、
「拉致監禁・強制改宗に屈しないための教訓」
とも言うべき 私たちにとって貴重なことを
述べておられます。
拉致問題の対策としてだけでなく、
家庭問題対処方法としても、
氏族メシヤ活動にも
参考になるかと思い、紹介します。

******


第一に、中心性を立てること、
連絡が出来る限りは、
何度でも必ず中心と連絡を取り、
そのみ言に、従順に従う事、
この原則をはずすと、命取りになるな、
と感じました。

第二に、知で屈服をせようとしない事、
自分に反対している人には
何を言っても無駄ですから、
知で納得をさせる事は難しいと思います。
かえって、自分の知らない事を
色々突込まれる混沌として来ますから、
そうなったら知的活動をストップさせ、
自分の信仰の基盤である
愛の世界にたち返ってみたらいいと思います。

第三に、傲慢にならない事、
自分は絶対に落ちない、
と言う自負は非常に危険だと思います。
ただ神様を信じ、
全てをゆだねるていく時に
天の知恵が与えられる、と思います。

第四に、よく祈祷すること、
事件の間中、いつもよりも、
ずっと祈りが天に通じるような気がしました。
天の働きを得る条件としても、
本当に祈祷が大切だと思います。


******


この手記は、被告側が
裁判の期日を延ばしていたがゆえに、
奇跡的にみつかったものです。

後藤さんの裁判が続けば続くほど、
さらに重要な証拠が出てくるに違いない・・・
これは神様の役事である
そのように感じます。

******


最終的に、今回の事件の結果として私が、
復帰した内容は、
自己の傲慢さと愛の必要性でした。
自分の力で事を成そうとし、
自分の測りで人を裁こうとし、
それによって私は、
これ迄何人の人を傷つけて、
神様の心情を蹂躙してきたか・・・。
本当にどこまでもでこまでも
悔い改めねば、と思いました。

もう一つ、家庭問題を
最終的に勝利してゆくには、
愛の心情の復帰しかない、ということ。
私の条件が無い故に、
今はかたくなになっている両親も、
私が苦労して、愛の心情を復帰してゆく過程で、
私の中の彼等に対する愛が、
彼らの私に対する愛よりも大きくなった時に、
両親は必ず復帰されてゆく、と思います。
全てを溶かしてゆくのは、
神様の愛ですから・・・・。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


喜びと悲しみの涙が重なり合う
心情の因縁は、
遊び回るところでつくられるのではありません。
血を流して悲惨に死んでいくような
ところでつくられるのです。
言うに言えないほど凄惨な姿で出会うところ、
涙が交差するところでも感謝するとき、
神様と因縁が結ばれるのです。


「天運を呼ぶ生活」より


posted by ten1ko2 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

蕩減とは未来を約束するもの 〜真のお母様のみ言〜


159888_121165_024[1].jpg


先日11月24日
天宙平和連合創設
7周年記念大会が行われました。
そこで語られた真のお母様の
み言葉の一部を紹介します。

******

皆様に一つ頼みたいことがあります。
‘蕩減’という題目で
簡単にお話申し上げます。

(中略)

神様の摂理の歴史は
蕩減なしには
発展はありません。

それは皆様が原理のみ言葉を
聞いた人はよくご存知でしょう。

蕩減とは悪いこと
ばかりではありません。
未来を約束できる
ことでもあるのです。

辛い時期に文総裁は
天の御意を広げられました。
2000年前のイスラエルを
考えてみましょう。

ローマ帝国下にあった
イスラエル民族が
選民という自負のもと
待望した方は
メシヤでした。

彼らはメシヤが来さえすれば
全てのことから解放され
世界で秀でるであろう
と思っていました。

しかし摂理路程は
そのように華麗ではありません。
蕩減と言うことを
知らなかったのです。

結局は神様の一人息子を
死なせてしまいました。
イスラエル民族は
どうなりましたか?

2000年が過ぎても
疎外される民族になりました。
天はある人物や国を
選定した際、
責任を果たせなかったら
摂理は移されるのです。
イエス様の復活後キリスト教の
歴史が始まりました。

そして2000年が経ちました。
彼らの所願は来る
再臨のメシヤを待つことでした。

しかし彼らも
蕩減を知りませんでした。
天の胴鼓を打ちながら
全ての万民が見る中、
雲に乗ってくる
華麗なメシヤを待ちました。

しかし皆様も
ご存知のごとく、
再臨主・メシヤ・救世主・
真の父母として来られた方は
文鮮明総裁であられます。

(涙を流されながら)
蕩減復帰摂理は
簡単に来るものではありません。
段階的に大きく
蕩減を経なければ
発展できません。

有史以来偉大な人物が
当代で当時代で
成し遂げた神様を解放し
私が完成完結完了した
(涙を流されながら)
これから摂理歴史は
新しく出発する
そのように話され
そのように宣布され
そのように生きて来られた方が
今までいたでしょうか?

(中略)

皆様たちの使命は
今、摂理の中心に立っています。
祝福を受けた位置です。

その場に立ったままでは
いけません。
私が総裁の聖和後、
私たち統一教会は
中断はないと言いました。
発展のみあるといいました。

皆様も同じです。
平和は黙っていて
成されるものではありません。

文総裁に会った幼い頃に
私は天の摂理歴史と
蕩減復帰摂理を知りました。

幼い歳ではありましたが、
私の代で必ず成し遂げて見せる
と決心しました。

(中略)

皆様がみ言葉を通して
真理の種を周りに
幅広く咲かせねばなりません。
そうされますか?

(拍手)

天地人真の父母様
真のお父様に今まで
果たして差し上げられなかったこと
栄光をお返しするという
真に勇敢なる真の平和大使に
なられることをお願いいたします。


******


真のお母様は
「蕩減」と語られました。

どうしても「蕩減」と聞くと、
何か重たい雰囲気がありますが、
韓国の辞書で
「蕩減」とは、
「帳消し」「棒引き」
そういう意味なのだそうです。

真のお父様は
今までの歴史全てを
帳消しにしてくださいました。
どれだけ感謝でしょうか。
そしてその土台で、
新しい出発をするのが、
今このときであると思います。

「中断はなく、発展のみある」
もう一度、
お母様のみ言葉を肝に銘じて
基元節まで
走りぬきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


posted by ten1ko2 at 07:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

プチ証しは日常にある 〜霊界におられるお父様と先祖を意識して


16101[1].jpg


最近、家族で行う
朝の訓読会のときに、
「先祖を意識して欲しい」
そういう家内の願いもあって、
他界した私の両親と
今年聖和した
家内のお父さんに対して、
より祈りを捧げるようになりました。

霊的には共に参加しているのですが、
私も家内もまた子供たちも
残念ながら霊的に鈍いので、
感じることが出来ません。。。

しかし、ともにいることを意識して、
またそれだけではなく、
あるお願いをするようになりました。

霊界にいる人たちに対しては、
より具体的にお願いをしたほうがいい、
そんなアドバイスもありましたので、
具体的な細かいお願いをしています。

もし実現できたら、
公開していきたいと思っています。。。

光言社発行の「神様に愛された日」
という書籍があります。

この中に、すでに霊界におられる
ご主人と交流している
婦人の証しが掲載されていました。

紹介したいと思います。

******


夫が他界して16年になります。
当初は寂しくつらい日々を過ごしましたが、
時がたつにつれてその思いは薄れていきました。

あるとき、これではいけない。
もっと夫を意識して生活しよう
と思うようになりました。

朝の挨拶はもちろん、
折に触れて話しかけたり、
楽しかった思い出を
手紙にしたためたりするようになりました。

それを始めてから三ヶ月ほど過ぎたころでしょうか。
「大丈夫だよ、おれがついているから」
と言う声が聞こえてきたのです。

夫だとすぐにわかりました。
このときから、かなり頻繁に
交流できるようになりました。
声に出さなくても、
思いを寄せるだけで通じるのです。

「ヨシ君(孫)の発表会、一緒に行こうよ」
「ああ、いいよ」
「今度、紅葉を見に行きましょう。
デートで紅葉は初めてね」
「おれもうれしいよ。楽しく過ごそう」
「私たち、霊界で会えるかしら」
「大丈夫だよ、迎えにいくから」

こんな他愛もない会話の、
なんと楽しいことでしょう。

あるとき、
「あなた、私に望むことは何?」
と聞いてみました。

すると夫がこう答えてくれました。
「おまえはまじめでいいけど、
男はみんな、支えて尽くしてくれる
女性を好むんだよ。
男はなんと言っても、
自分の女房を一番愛しているんだよ。
だからどんなことがあっても信じること。
今でも愛しているよ。
子供たちを立派に育ててくれてありがとう」

この言葉は私の大切な宝物になりました。

(60〜63ページ)

******


真のお父様が聖和され、
より霊界が近くなった今、
このような証しが
さらに増えてくると思われます。

ちなみにこの本は
霊的な証しだけでなく、日常の
ささやかな証しを集めたものです。
私たちが気づかないだけで、
いつも霊界とつながり、
神様の愛に包まれているのではないでしょうか。

この本を製作した方たちの裏話、
製作秘話が光言社のHPに載っていました。
その最後の部分を紹介します。

「神様の真の愛」はいつも天宙に満ちあふれていますが、
残念ながら気がつかずに過ごしている人が多いのです。

この本はそんな人たちに、神様の愛の感じ方のヒントを与えてくれます。
「こういう体験なら自分にもある」と共感し、
「考えてみればあれも愛だった、これも愛だった」と、
生活の中に常に共にいてくださる神様を探すきっかけとなるものです。

「統一教会って何?」と聞かれて答えに窮したとき
「文鮮明先生の教えを実践している人たちは、
こんな幸せな生活をしています」と
胸を張って紹介することができる本です。


 『神様に愛された日』制作秘話@証し募集
 『神様に愛された日』制作秘話A表紙・タイトル決定
 『神様に愛された日』制作秘話B神様に愛されていたのは私たちだった!

  是非、ご覧になってください。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


いずれは我々のやっていること
我々の真理は勝利を収めるようになります。
先生は分かっています。
だから先生は霊界にいても
地上にいても働き続けるのです。


「主の道」より


posted by ten1ko2 at 08:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする