2013年04月02日

親に騙されていた! 新たな拉致監禁事件が発生!! 日本基督教団の牧師が関与か?!


198819_624098717617239_1287658358_n.jpg


全国拉致監禁・強制改宗被害者の会
HPによると先月末に
拉致事件が発生したそうです。

 新たな拉致監禁事件が発生しました!

内容を転載します。



3月28日(木)、
山口県岩国市の実家へ帰省した
女性教会員のM.Mさん(26歳・西広島教区所属)
の消息が途絶えました。
状況から拉致監禁事件に
巻き込まれたものとみられています。

介護師であるM.Mさんの勤務先では、
30日(土)の夜勤が予定されていましたが、
M.Mさんの母親を名乗る人物から
「娘をしばらく休ませます」
との電話があったとのことです。

かねてより家族から反対を受けていたM.Mさんは、
昨年(2012年)1月、家族によって
約1週間軟禁状態におかれ、
脱会説得を受けた経緯があります。

その際、M.Mさんの兄と
日本基督教団周防教会(岩国市玖珂町)の
村田敏牧師(54)が
連絡を取り合っているメールを
M.Mさん本人が確認していました。

軟禁後は、ご両親がM.Mさんの通う教会を訪ねるなどの
前向きな交流を重ね、
M.Mさん自身も
月に一度は実家に帰省していました。



教会としての対策は万全だったのか、
疑問は残るところですが、
一度監禁されてから
親の態度が軟化して
もう一度拉致監禁をする、
こういうことはよくあるパターンです。

私自身も二度拉致されましたが、
2度目は完全に騙されていました。

親はセミナーにも参加するようになり、
「文先生の水澤里での修練会にも行きたい」
そこまで進展したので、
私自身が礼拝の説教で
「皆さん、親というのは変わるのです!」
なんて、熱く語ったくらいですから。。。

今回起こったM.Mさんの
拉致監禁事件も、
二回目ということで
向こうも相当決意しているでしょうし、
説得するのも時間をかけて
慎重に行っていくでしょう。

M.Mさんが還ってくるように
ともに祈りを捧げてまいりましょう。

尚、今年1月に
婦人が2人拉致された件に関しては、
二人とも無事に教会に
戻ってきているということです。

ゴールデンウィークなどは
帰省する青年たちも多いと思いますが、
用心に越したことはありません。

親を信じられないということほど、
悲しいことはないのですが、
実際に事が起これば
もっと辛いことになりますから、
万全の対策をもって、
備えていかれることをお勧めいたします。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

サタン世界は、
人に対しても、被造物に対しても、
無限に利用し搾取しようとします。
しかし、イエス様は、その反対の立場を取りました。
イエス様はサタンのできない生活をされたのです。
すなわち、温柔謙遜で従順に服従し、
犠牲と奉仕の生活をされたので、
サタンはそのような面では屈服せざるを得ませんでした。

キリスト教の思想とは、奉仕の思想です。
犠牲の思想なのです。
キリスト教が自分の教団のためだけに生きれば、
滅びるのです。


「天運を呼ぶ生活」より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする