2013年05月28日

伝道しよう! 久保木会長を伝道した功労者を、天が覚えている?! 《梶栗会長のメッセージ》


559094_510570135636765_1695189358_n.jpg


教会の公式説教ブログに
梶栗前会長の説教が掲載されていました。

あらゆる功労者が祝福を受けるべき日

昨年、梶栗前会長が聖和祝祭で語られた内容です。


初期のころ、小宮山嘉一という有名な男がいました。
彼は「立体球形授受原理」。(笑)
笑いが出ていますが、「荒唐無稽なことを言う男だ」
と私もそう思っていました。

(途中省略)

祝福家庭は、最強であり、最大の価値のある存在です。
この構造を表現したものが立体球形授受原理とも言えます。
これを四十年前に小宮山嘉一氏が解明して、
世の中に発表すれば、彼は建築界や土木界の
最先端の技術を持つ人物として高く評価されたに違いありません。
それを応用したものが、スペースフレーム
(清心平和ワールドセンターの天井に使われたもの)です。

さらにこれを四位基台哲学で表せば、
ダブルスペースフレームとなります。
これは最強の天井となるのです。
今の講堂よりも、倍も三倍も大きくしても、
堂々とその屋根を受けることができる力となるのです。
この技術はまだ世の中にありません。
四位基台を知った者が、応用すべきではありませんか。 

今考えると、彼には評価して余りあるものがありますが、
後半の人生はどこに行ったか分かりません。
それが問題です。
前半は、統一教会に偉大な貢献をした人物の一人です。
小宮山氏の実績は久保木修己初代会長
(一九九八年十二月、聖和)を伝道したことです。
それは誰も奪うことができません。
カリスマ性もあり、若者たちのリーダーでした。

きょうは、全日本聖和祝祭です。
ですから教会員だけでなく、内外の功労者、貢献した人々も
祝福を受けるべきその日です。
小宮山氏をその中の一人として推薦を申し上げたい。(拍手)
そして、教会が昇華式から聖和式に発展するその恩恵を受けて、
霊界で高く引き上げられることを願うものです。

このような人々がどれほど今までの歴史の中にいたか分かりません。
真の父母様の許可を頂き、写真を掲げて、
共に祝ってあげたら良かったと思います。
そのようにして、盛大な聖和祝祭というものをやりたいのです。

きょうは全国で、亡くなった霊たち、
食口のみならず、統一教会に関係を持った人たちは皆、
共にここに参加して、お祝いをする日です。
もう一度、過去の人物たちの業績を再評価してあげましょう。

『地上生活と霊界』というみ言集があります。
その本の結論は何かというと、
「何人伝道したか? 伝道した人の中の何人が地区長になったか? 
その中の何人が真の家庭の親戚になったか?」ということです。
これが統一教会の善の競争なのです。
皆さん、伝道はそれほど貴重なものなのです。
頑張りましょう。



小宮山嘉一という人について、
周藤先生の証しがありました。
先生が統一教会に入教したばかりの頃の話です。


ある午後、小宮山さんが私の所へ来ました。
そして、「一緒に出掛けよう」と私を誘うのです。

 私は、どこに連れて行かれるのかも、
何が起こるのかも知らないままについて行くと、
 小宮山さんは、(新宿の)最も人通りの多い交差点へ行って、
街頭演説用の看板を取り出し、
身震いするほど大きな声を出して、
腕を振り上げながら演説を始めました。

 しばらくして、一人の人が私たちの所に近づいてきました。
「(小宮山さんが)何を言っているのか
さっぱり聞き取れないのだが、
何か命懸けで話しているように見えるのだけれど、
いったい何について話をしていたのか知りたい」と言ってきたのです。

 そのとき私は、“小宮山さんは私に、
どのように街頭演説をするのか見せようとしているのだ”
と気楽に考えていました。
しかし間もなく、演説をやめ、汗びっしょりになりながら、
「さあ、今度は君がやりなさい」と言うのです。

 私は驚きのあまり、
“このまま走って逃げてしまいたい”、と思いました。
“こんなことをやるくらいなら教会を辞めたい”とも思いました。
しかし、そうすることもできないので、完全に窮地に立たされたのです。
もう私は、死んだも同然でした。
恐る恐るその場所に立ち、
小宮山さんが演説したのと同じように叫びました。

 「親愛なる新宿の兄弟姉妹の皆様!」

 驚いたことには、考えてもいなかった言葉が
口からすらすらと流れ出てきました。



私を導いてくれた紹介者(霊の親)は、
拉致監禁により、反対牧師の説得を受けて
教会を離れました。

以前にも書きましたし、
いずれまた書こうと思うのですが、
実際は深い事情があって
離れざるを得なかったと思います。

しばらくは連絡が取れましたが、
今はここにいるかな、
という憶測しかできず、
連絡の取りようもありません。

しかし、かつて彼が確かに歩んでいた
その実績は
消えはしません。
彼の篤い祈りと精誠で
私がこの場にいるというのは、
間違いない事実です。

ですから、梶栗前会長が
久保木元会長を導いた小宮山さんを
功労者として推薦したい、
という気持ちがわかります。

地上にいる間、
どんなことがあっても導きたいと思うし、
いつかは帰ってきてくれる
そのことを信じて、祈り、
連絡が取れるように
努力していきたいと思っています。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

快晴の尾瀬霊園に祝福の白虹! 全日本聖和祝祭での金永輝先生、総会長のメッセージ


432061_460490624045683_135698783_n.jpg


昨日は尾瀬で全日本聖和祝祭がおこなわれました。

私の教会でも配偶者や、親御さんが
尾瀬に眠っている方がおられまして、
数名の方が現地に行かれました。

参加した方は、
「尾瀬の祝祭は過去最大のすばらしい集いでした。
ご父母様が『太陽の回りを囲む虹』となって、
我々にお姿を現して下さいました!」
と言っておられました。

昨日、尾瀬は天気がよく、
とても暑かったらしいのですが、
太陽の周りの虹ということは、
白虹、あるいは日暈と呼ばれる
現象でしょうか。
とても感動的だったそうです。

昨日は徳野会長が説教をしてくださいました。

今回、新しく天聖経が編纂されましたが、
その責任を持たれた、金栄輝先生が
日本語で講話をされたそうです。


お母様の意図を理解出来ない人もいると思います。
でも、お母様はお父様と50年間摂理を
一緒に歩んで来られたのです。
お母様の意図を理解出来なければ
天一国主人となることは出来ません。
お母様の心情、摂理的価値は
お父様と全く変わりません。
お父様の偉大さとお母様の偉大さは全く同じです。
それをわからなければなりません。



そして、金栄輝先生は、
伝統の確立と
2020までに天一国を建国すること、
この二つを強調されました。


image024.jpg


また、総会長が
特別メッセージを語ってくださいました。
総会長がヨーロッパ大陸会長だった頃の
お父様の証しの部分を紹介します。


お父様がヨーロッパを訪問された時に
訓読に対する姿勢を見せて下さいました。

イギリスで夜11時過ぎに、
お父様の部屋に来るようにと呼ばれました。

部屋のベッドの隣のソファで
お父様は次の日の大会のみ言を訓読しておられました。

二回訓読を終えられたあと、
「もう一回お前と一緒に訓読したい」
と話されました。

私は、
「お父様はお疲れでしょうから
私が訓読いたしましょうか?」
と申し上げたところ、
お父様は次のように話されました。

「私がしてこそイギリスの霊界が開かれ、
イギリスに恵みが与えられる」

そして、ご自身で訓読されたのです。

その後、
「もう一度訓読するが
あなたはもう休みなさい」

と言われましたので、私は
お父様の部屋を出ました。

お父様はそのまま訓読を続けらました。
そのようにイギリス大会で
訓読生活を見せて下さったのです。


霊界では
日本の大先輩がたが
お父様を中心に一つになって、
地上の私たちの歩みを
協助しようと必死であると思います。

あとは、地上にいる私たちが
一つになって、
霊界の協助を受けるにふさわしい者に
なるときだと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

後藤裁判、月刊『宝島』でも掲載!! 素人目にも「監禁していたという印象」!


230531_600859586607819_779475847_n.jpg


統一教会のHPに
今日発売の月刊誌『宝島』7月号に
「統一教会信者 “拉致監禁” 裁判傍聴記」と題する
4ページの記事が掲載されたとする記事が掲載されています。


5月14日(火)に開かれた後藤徹氏の民事裁判を傍聴した記者は、
「素人目にも(後藤氏の家族が)
『閉じ込めていたのではないか』という印象だった」
と感想を綴っています。

また、脱会説得に関わっていたカトリック教会の神父や、
かつて「脱会説得者」だった人物へのインタビューを通して、
「(脱会)説得者側のカルト性」についても言及。
「脱会させる方法・マニュアルは確立されていて、
生活空間からの切り離し、猛烈な自己批判要求、
手記執筆、脱会届、そして教会側への裁判までが1セットでした」
などの証言が紹介されています。

記事は、「オウム事件の明確な総括もない中、
日本人と宗教を考える上でも見過ごせない裁判であり、
黙殺してはならないと思う」
と締めくくられています。




cover_011_201307_ll.jpg

『宝島』という雑誌は
私も読んだことがありますし、
ご存知の方も多いと思います。

これから、もっとネタが出てきそうな予感がします。
どんどんメジャーになってきますね。
おもしろいことになってきました。

後藤裁判の今後の行方が注目されるし、
裁判の成り行きをそのまま掲載しているブログ、
 拉致監禁by宮村の裁判記録
も是非ご覧になってください。

ちなみに、被告尋問(松永牧師、後藤兄嫁)は、
2013年6月3日(月)10〜17時 
804号法廷だそうです。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする