2013年05月18日

(証し)奇跡を起こすためには、訓読でしょう! ペンテコステは天を仰いでいても起きない?! 


309941_600013120025799_1267259866_n.jpg


「真の父母様聖和一周年記念100日精誠祈祷会」
に関して教会から連絡がきていると思います。

昨年9月3日真の御父母様が聖和されて、
本年8月23日に一周年を迎えます。
今日からあと98日後です。

2000年前のペンテコステの奇跡のように、
私達一人ひとりが勝利するためには、
聖霊実体である真のお母様のみ言を中心として
霊界役事が巻き起らなければならない、
と言われています。

ようするに、ペンテコステの奇跡は
空を見上げていれば、天から降ってくるものだ、
というのではなく、
「私自身が起こすものである」
ということなのです。

教育部長さんの記事にもありましたが、
 「私の内に神の御霊が宿っている」
キリストはどこに臨在するのでしょうか、
すわなち、「わがうちに臨在する」のです。

真のお父様は
「基元節は空前絶後の歴史的で、
革命的な大転換期である」
そのように語られたのですが、
実際、言葉の通り、
基元すなわち、これからが出発であるというのです。

そして、基元節以降の主役は誰か、
それは言うまでもなく
私たち祝福家庭であるのです。



先日の研修会で、
新規の礼拝参加数が全国1位の教会の
報告がありました。

そこでは、徹底して
原理訓読をしているそうです。

「真のお父様は、真理(原理)を持って来られ、
真理(原理)を残して聖和(左手に原理)されました。
信仰の原点を原理であると確信をし、
原理訓読をすべての信仰生活、
母の国の使命完遂・伝道に活用しております」
という観点で、
以前、私も記事で推奨したことがあると思いますが、
本当に原理訓読のみを行っています。

すなわち、講師になる為の「原理訓読チャート」ではなく、
私がまず自己伝道・真の父母様に出会う為に
「原理訓読」をするということなのだそうです。
 
すでに、伝道実践をしているメンバーは
1時間用を200回以上訓読し、
教育部のスタッフは300回以上、
多い人は800回も訓読されている方がいるそうです。

また、訪問をして出会った方と
最初に原理訓読をしています。

そして、出会った方の中でも
すでに1時間用チャートを
200回以上読んだ方がおられ、
その方たちが「自分が問題だった」
と悔い改めていかれることで、
周りが変わり、
ご主人との関係が良くなったり、
娘さんの病気が治ったり、
奇跡的なことが起きているそうです。



原理を訓読しながら
本心が引き出され、
まさにペンテコステの役事が
おきているのだと思います。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


私に取り柄があったとすれば、
神を切に求める心、
神に向かう切ない愛がそれだったといえます。
いつ、いかなる場所でも最も大切なのは愛です。
神は、愛の心を持って生き、
苦難にぶつかっても
愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
私を呼ばれたのです。


自叙伝 より


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)