2013年05月23日

我ら個性真理体! 私の欠点、弱点を宝物に変えるには?


542596_540510945999488_1050426988_n.jpg


最近、自分の足りなさを感じる毎日です。
「こんな私でなければ・・・」
と思ってしまうことがありまして。。。
どつぼに嵌りそうになりましたが、
妻と話し、また毎朝の書写を通して、
少し回復しているところです。

そんな最中に
「欠点は個性」
というメッセージをもらいました。


〈元NHK美粧師、岡野宏氏の心に響く言葉より…〉

「おれのこのさー、下がった目はどうにかならないすかぁ」
中村雅俊さんが部屋に入ってきた。
ジャージ姿で入ってきた雅俊さんは、
顔に似合わず低音のかっこいい声をしている。
「どれどれ」
私は鏡ごしに雅俊さんの顔を見た。
なかなかいい顔をしている。
確かに下がっているが人懐っこく愛嬌があっていい目だった。

もし中村雅俊さんの目が二枚目風の凛々しい目だったら
彼はここまで人気が出なかっただろう。

私は雅俊さんに話しかけた。
「雅俊さんの周りには人が集まってきますよね。
初対面の人でも雅俊さんには親しそうに話しかけてるでしょ」
「そうだね」
「それって、垂れ目のせいですよ。
温かそうで、優しそうな顔に見えますからね。
「そうなの?」
「雅俊さんが役者としてここまでこれたのは、
その目のおかげかもわかりませんよ」

顔の中で人と大きく違う部分を欠点と感じる人は多い。
私に言わせれば人より大きいとか小さいとか、
上がりすぎ下がりすぎは欠点ではなく個性である。
人と違えば違うほどその人の「売り」になる大切な場所だ。

渥美清さんも若いときは、あの額の大きなホクロを
取ろうか取るまいか悩んでいた。
今となってはあのホクロは渥美さんの宝である。

ある女優が「きっとあなたホクロを取ったらもっときれいよね」
と言われ続けていた。
その女優は悩んだ末ホクロを取ったのだが、
その途端仕事が減ってしまった。

逆に吉永小百合さんが「夢千代日記」に出演されていたときは、
ファンデーションを塗った後にわざとホクロをつけていた。
ホクロやアザやソバカスというのは意外と良いアクセントになるのだ。

山野美容芸術短大副学長で化粧品化学を担当されている
内堀毅教授に面白い話を教えていただいた。

「香水は臭い香りを一滴混ぜると、他の香りを引き立てて
素晴らしく良い香りができるんです。
良い香りばかりを集めてもいい香りはできないんですよ」

人の魅力も同じだ。
すべて完璧な人よりも、どこか人と違い、
外れているものがある方が全体の魅力は増して見える。

欠点と思い込んで変えてしまうのはもったいない。
自分を助けてくれているものは、実は欠点と思っている部分なのかもしれない。
欠点を隠す前に、その良さを探ってみてはいかがだろうか。

『一流の顔』幻冬舎


「弱い所があるから強い部分が引き立つし、
短所や欠点があるから長所やいいところも生きてくる」
のだといいます。

なので、『欠点は個性』
というのも一理あると思います。

私自身も拉致監禁の体験は、
他の兄弟姉妹と比べて、
不利なこと、欠点・・・と考えてきました。

何度も書きましたが、
家系の因縁が重い、だとか、
とにかくいろいろ言われてもきました。

ところが、前任の教会長から、
「あなたは、いつまでも
被害者意識を持ってはいけない。
それを利用しなければならないんだ」
と言われて、それをヒントに始めたのが、
このブログなのです。

ブログの恩恵も本当に大きいです。

書きながら、また少し
気持ちが前向きになってきました。

さて、私たちは、「個性真理体」
という言葉を知っています。
人間はみな神様の似姿であり、
神様の見えない二性性相を
実体として形作った存在です。

つまり、私たちの個性は
神様似ということになります。

というならば、
欠点としてしか見えなかった部分が
もしかしたら
神様から
私だけに与えられた
貴重な宝物かもしれません。

もう一度、自分の欠点を
いい意味で活かせるように
気持ちを切り替えていきたいと思います。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

 神様が御自身の愛の対象として
人間を創造するとき、
自分に優ることを願う立場で
100パーセント、1000パーセント以上を
投入しようとしたのです。
投入しては忘れ、また投入し、
より貴いものを与えようとしたのです。


「真の神様」より


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする