2013年06月18日

後藤裁判の傍聴に行きました! 妹、さらに宮村峻の登場!!


IMG_1186.jpg


昨日は後藤徹さんの裁判の傍聴に行きました。
被告尋問のオオトリ、宮村峻(たかし)氏が登場するということで、
150人近くが応募する中で、
傍聴席は48。
約3倍もの高倍率でしたが、
無事に当選して、席に着くことが出来ました。

午前は、後藤さんの実妹、そして
午後からは反対派の重鎮、宮村峻。。。
それぞれの尋問が行われました。


午前中は、後藤さんの妹(被告)
の主尋問と反対尋問でした。

反対尋問のやり取りでは、
こちら側の弁護士が、
鋭い質問をするたびごとに、
「わかりません、覚えていません」
という言葉に終始しました。

印象深かったのは
食事の件でした。

陳述書を交わしている時に、
こちら側が食事制裁を受けたということに関して、
向こう側はそんなことはないと、
後藤さんに作った食事の
写真を提供していました。

それは、後藤さんが実際に食べたメニューとは
まったく違い、
ご飯の量もおかずも立派なものでした。

それでも、後藤さんと家族が食べた食事とは
メニューが違っていたことは
妹も認めたうえで、
弁護士とのやり取りがありました。

その中で、ヨーグルトの話になりました。
自家栽培して、毎日食べていたときがあったそうですが、
食事制裁を与えていた後藤さんには
食べさせなかったのです。

弁護士は妹に
断食をしてやせ細った後藤さんに、
何でヨーグルトを与えなかったのか聞くと、
妹は「体に良くないと思ったからだ」
と答えていました。
「ヨーグルトは日本人の体には良くない、
と何かの本に書いてあったからだ」
と言っていました。

また、生野菜も彼らは毎朝食べていたそうです。
その件に関しても
妹は「昼食にちゃんと野菜を出していた」
そのように答えていました。

はっきりした証言のままではありませんが、
「食事はしっかり与えていたのだから、
やせ細ったことはあり得ない。
一心病院で撮った写真は捏造だ。
一心病院は統一教会系の病院なので、
捏造したっておかしくない」
妹と向こう側の弁護士のやり取りを聞いていると
そう言いたいのだと思いました。

統一教会に入ると
アベルの指示で全て動き、
自分からどうしようという発想にはならない、
そのように教えられてきたと向こう側は言います。
妹もそのような表現をしていました。

後藤さんを監禁するとき、
後藤さんの実家には
宮村氏の社員もいたと言います。

妹も向こうの弁護士も
「家族の話し合い、家族で・・・」
と強調し、宮村氏に対しては
あとでお願いをしたというスタンスなのですが、
本当は宮村氏の指示で、
社員も送り込んでいたわけです。

「家族で保護するなら、
何で第3者の社員を使ってやるんだ、
しかも夜中に家の庭に忍び込ませるなんて
おかしな話だ。
最初から綿密な打ち合わせの元で
おこなわれたことなのではないか」
弁護士がそのように質問すると
「知らない、覚えていない」
の一点張りでした。

食事の件を再度取り上げたいと思います。

彼らはヨーグルトの中にフルーツを入れて
食べていたそうです。
しかし、妹は ヨーグルトの中に
何が入っていたのか覚えていませんでした。
ところが後藤さんはこと細かに
何が入っていたのかしっかりと覚えていたのです。

ヨーグルトだけではありません。
生野菜の話も出ていたし、
また、彼らが何を食べていたのか、
はっきりと覚えていました。

しかし、妹は
「そんな物を食べていない」とか
「よく覚えていない」というだけなのです。

妹たちが何を食べていたのか
はっきり覚えていた後藤さん。
それはお腹がすいてすいて、
仕方がなかったからなのではないでしょうか。
どれだけ食べたかったことでしょうか。

妹の件で長くなってしまいました。
午後の、宮村峻氏の尋問に関しては
明日またお伝えします。
実際に、彼の発言、態度を目にしながら、
後藤さんの12年5ヵ月間の
熾烈さを思わずにはいられませんでした。

しっかり記録していたわけではないので、
少し主観も入っていると思いますが
ご了承ください。
また、傍聴に来られた方で
詳細に記憶していて
私の記述に誤りがあればご指摘ください。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

空腹がもたらす苦痛は、
実際に味わってみなければ分かるものではありません。
空腹が極まったときは、
ご飯粒一つでもどれだけ貴いかしれません。
今も興南のことを思うだけで気持ちがさっと引き締まります。
ご飯粒一つがそこまで人間の全神経を刺激できるということが
信じられませんでした。
おなかが空けば涙が出るほどご飯が恋しくなり、
母親よりもっと恋しくなります。
おなかがいっぱいのときは世界の方が大きいのですが、
おなかが減ればご飯粒一つが
地球よりもっと大きいのです。
ご飯粒一つの価値とは、
そのように驚くべきことです。


文鮮明氏自叙伝
「平和を愛する世界人として」より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

「実であり、柱である」真理のみ言が宝石のように一列につながった! 《天聖経・平和経出版記念式のみ言》


e5aa05173300f34244efbd1349143723fc2987c3_04_2_9_2.jpg


このみ言こそが
天一国の実質的な中心となります。

実です。
柱なのです。


韓鶴子総裁



先日、一部情報をお伝えしていましたが、
真のお母様が語られた
協会創立60周年記念および、
天聖経・平和経出版記念式のみ言を紹介します。
お母様は涙ぐまれながら、
語っておられました。



真に嬉しく感謝すべき日です。
協会創立60周年を準備するこの年は
協会が飛躍する体制で
出て行くべきだと思います。
少し変わらなければいけないということです。

父母様が一生を準備された
キリスト教の基盤を通して
歓迎を受ける場で出発されていたならば
どれだけよかったでしょうか。

しかし天の摂理は発展して
出て行くほかありません。
そのため地獄のような場から出発され
協会創立60周年を迎える意義深い日を前にして
皆さんが今や成熟した子女として
天の前に父母様の前に
皆さんがどれだけ精誠と努力を尽くして
み言と一つとなり実践躬行して来たのか?

その誇りある1ページを皆さんが作っていく
そのような胸がいっぱいになる新たなひと日を
新たな時代を開いていくことの出来る
主人公の場に立ったということを考えた時
皆さんはどのようにすべきですか?
最善を尽くして実践躬行しなければならないでしょう?

そのように皆誇りある統一家の祝福子女と
なることを決意しますか?

今日、私は言葉にできないくらい嬉しいです。
聖和1周年をあと2ヶ月に控え、
今日このような天一国経典を奉献することの出来る
この場を持たせてくださった天の父母様と
天地人真の父母様そして金栄輝元協会長、李載錫元会長、元老達と
たくさんの編纂委員、準備委員たちの苦労を
この場を借りて祝賀し感謝に思います。

とても喜ばしいと言いました。
60年間のお父様の業績は
堕落した人類の前に
宝石のような真理の真のみ言です。

このみ言がばらばらにならず、美しい宝石となり、
一列につながっていることを思うとき、
とても喜ばしく感謝です。

今や私たちがこれから天一国時代に
拍車をかけていく立場で
このみ言こそが天一国の実質的な中心となります。

実です。
柱なのです。

このみ言と皆さんが一つとなり、
皆さんが与えられた場で責任と使命を尽くしていくならば
どれだけ天が喜ばれるでしょうか。

私たちにはまだ天が願われる
み旨の前にすべき責任が残っています。

全世界70億の人類を考えるとき、
彼らを一日でも早く、
一国の民としてこの時代に生まれた
責任と使命を尽くすことが来るように
率いていくべき責任が私達にあります。

先に知った者として、皆さんには責任があります。
天一国の孝子・忠臣の場に皆が立つことのできる
主人の立場にあります。

しかし皆さんが現実に怠慢となるならば、
天は待ってくれません。
皆さんがどのように実践躬行すべきなのかを
再三決意してこの日を期し
天が私たちに下さった宝石のような
このみ言を中心に全人類を救援するために
全力を尽くしてくださることを願いながら、
今日この場に金栄輝元協会長をお呼びし、
苦労した人々に小さな精誠の
贈り物をしたいと思います。




以前の天聖経は編集などに問題があり、
こちら側の提案で成されたものです。

しかし、今回の天聖経・平和経は
真のお母様の指示によって成されました。

お母様の指示があったということは、
背後にお父様がおられたのは、
言うまでもないことです。

真のお母様は
「実です。
柱なのです」
と語られました。

ですから、真の父母様によって語られた
真理のみ言が、真の父母様の指示により
今回、編集、出版されたのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

〜父の日に〜 霊界に行っても働き続けている!! 


282911_583495015010943_2118279518_n.jpg


今日は父の日ですね。
以前、お世話になった教会長が
韓国で発表された「父の詩」 を
日本語訳で紹介してくださったことがあります。

父の日ということで思い出したので、
再び掲載したいと思います。



父に対する印象は年齢によって変わってくる。
しかし、あなたが今何歳であれ、父に対する現在の考えが
最終的なものだと思ってはいけない。
一般的に年齢によって変わる父の印象は次のようである。

4歳のとき:お父さんは何でもできる。
7歳のとき:お父さんはものしりだ。
8歳のとき:お父さんと先生ではどっちが偉いかな。
12歳のとき:お父さんは知らないことがたくさん。
14歳のとき:うちのお父さん?世代の差があるよ。
25歳のとき:父を理解はするけれど、既成世代の時代は去ったよ。
30歳のとき:父の意見も一理ある。
40歳のとき:おまえ、私たちがこのことを決める前に父の意見も聞いてみよう。
50歳のとき:父は立派な人だった。
60歳のとき:父が生きておられたら必ず助言してもらったのに・・・

父とは亡くなった後でも、永遠にその言葉が思い出される人だ。
父とは亡くなった後にこそ会いたい人だ。
父は絶対無関心な人ではない。
父が無関心な人のように見えるのは体面と、自尊心と、
申し訳なさのようなものが合わさって、
その心を簡単には表せないからである。
息子娘たちは父の収入が少ないことや、
父の地位が高くないことに対して不満はあるが、
父はそのような心に心の中だけで泣いている。
父は家庭では大人のように振る舞わなければならないが、
親しい友や心の通じる人に出会えば、少年になってしまう。

父、裏山の岩のような名前だ




ディック・ホイトという名前を聞いたことがあるかもしれません。
息子のリック・ホイトが脳性麻痺で生まれました。
その息子が「チャリティーマラソンに出たい」
といったために、車椅子で参加するために
ディックは走る練習を始めます。
そして、完走し、そのあとは、フルマラソン
最後にはトライアスロンに親子で参加するまでになりました。

YouTubeにその様子がアップされています。



息子のためなら、限界を超えて
何でも成し遂げてしまう父親の姿を通して、
真のお父様の姿とダブってきます。

お父様は全人類をわが子として、愛するがゆえに
様々な取り組みをしてこられたのだと思います。

真のお父様に感謝する一日にしたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお父様のみ言

先生はどんなに苦労が絶えなくても
もっと苦労しようと思います。
もっと誤解され、もっと非難されようとも
それにひと言の文句も言わず、すべてを受け
携えて霊界に行こうと思います。
そして引き続いて伝統を立てていきます。
そうすれば
いずれは我々のやっていること
我々の真理は勝利を収めるようになります。
先生は分かっています。
だから先生は霊界にいても
地上にいても働き続けるのです。


「主の道」より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする