2013年06月24日

神様を実感?! ハワイ・コナ島の自然の中で、お母様主管の、真の子女様三世修練会!


1011091_10152924420190416_756238725_n.jpg


真のお母様が約1年ぶりにハワイ・コナに訪問されています。
今回は、特に真のご子女様3世(お孫様)に対して
修練会をされる目的が大きかったようです。

 真のお母様と真のご子女様3世修練会の動静

 続 真のお母様コナ訪問レポート


真のご子女様3世修練の訓読は天聖経の奉読と天一国歌で始まりました。
修練会の全般的な内容は韓国語で進行され、
英語原理講義23講座が含まれました。
修練会講師は韓国、日本、米国2世の指導をパターンに
おもしろくて熱情的に進行しています。


お母様が6月18日朝食会をされた日の午後、
金ギフン北米大陸会長に指示されたみ言葉が掲載されています。


『高等学校の卒業生たちを韓国に送って教育をさせなさい。
韓国は天の祝福と真の父母様の祝福を受けて最近、
急成長しましたが、韓国の人々は、
これらの天の摂理を知らなければなりません。
天の真理とみ言葉を悟って感謝しなければなりません。
イスラエル民族が十字架路程後大変な道のりを歩んできたが、
その理由を知らずにいました。
韓国が責任を果たせない場合、大変なことになります。
天は私たちにすべてのものを与えられました。
私たちがよく整えなければなりません。
感謝の気持ちで、引き受けた責任を果たして
天と真の父母様の前に栄光をお返ししなければなりません。
毎日、毎日、真の父母様と同時代を生きる私たちが
どのような存在なのかを明確に悟って
前進しなければなりません。
私たちを真の息子、娘に立ててくださった
真の父母様に感謝を捧げなければなりません。
責任を果たしなさい。
イスラエル民族が今まで残ることができたのは、
家庭教育のおかげです。
十字架の後、イスラエル民族は、
救済を知ることがありませんでした。
一つの世界をなすための言語統一を目指して、
すべての祝福家庭と2世圏は韓国語を
徹底的に勉強しなければなりません。
そのため、高等学校を卒業生する2世に一定の試験を課して、
鮮文大に迎える奨学金を出す予定です。
金ギフン会長は、全国を巡回して、
これらの内容を中心に、家庭を教育しなさい 』




アメリカでは、すでに学校は夏休みに入っているそうです。
それを待ちかねていたように始められた
修練会だったのではないかと思います。

真のお父様がかつて、
修練会をやるのなら
山、海、川のある自然の美しい場所がよい
と言われていたと聞きましたが、
理想的な環境の中で、行われている
神様の愛を感じる修練会となっていることでしょう。

真のお母様は毎日3時間以上を
真の子女様三世の方々と一緒に時間を過ごされながら、
彼らの教育を直接主管しておられます。

お孫様と表現せずに、
「真の子女様三世」というのは、
何か特別な表現のようにも思います。

また、真のお母様は、夜明けにバルコニーに座られながら
お一人で多くの考えをされ、
周りから声を掛けにくいほどに
深刻かつ真剣に精誠を立てられているそうです。

二世に対して、
しっかりと教育できなかった恨が
真のお母様にあると思います。
三世の教育を通して、
そういった思いが払拭されればと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

自然とは何でしょうか?
神様が、私のために、為に生きる愛を持った
息子・娘が生まれるときに、
贈り物として下さった展示品なのです。

一羽の鳥の声も、伸びていく草の一本も、
愛する息子・娘の生活の美化のためにつくられた装飾品です。
道端にある岩も、
息子・娘が国を治める主人になることを知って、
その国の装飾品としてつくられたのです。
流れる水も同じです。
無味乾燥で単調であってはいけないのです。
無限に調和する和合の園、愛のために生きる、
そのような世界を相続できる夢の王子、
希望の王子にするために創造したのです。


【文鮮明先生のみ言葉】「 天運を呼ぶ生活 」
神様の贈り物 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする