2013年07月05日

霊界はある! 《 科学者・医師が語る霊界篇 》 スウェーデンボルグ・矢作直樹etc.


378998_459751980742879_1696813676_n.jpg


昨日、霊界の存在について書きました。
文先生以下、私たち教会では
霊界と交わる多くの証しを
見聞きしています。

しかし、一般的にも
臨死体験や、様々な霊的体験を通し、
霊界を証している方々がいます。

霊界や霊人の存在は科学的ではない、
一般的にそういう認識があるかと思いますが、
それをくつがえすような
科学者や優秀な医師の証しを紹介します。


スウェーデンボルグは18世紀の
著名な科学者でしたが
近代スピリチュアリズム(心霊主義)の祖として有名です。
霊体離脱により、霊界に行き来し
その内容を記した膨大な「霊界日記」を残しました。
20年余り心霊研究に没頭し、
その他にも多くの著作があります。

彼は霊界は
「天界」「霊界」「地獄界」の
3つに分かれていると言っています。
これは私たちが学んで認識するものに通じます。

こんな文章があります。

天界には、この世の太陽も、太陽を起源に生産されるものも、
姿を見せません。 
しかし、太陽も、光も、熱も存在し、
この世にある万物以上の無数のものが存在しています。
ただし、これらは別の起源からです。
この世にあるものは、自然的なものですが、
天界にあるものは霊的なものです。

天界の太陽は、主です。
天界の光は、〈神の真理〉です。
天界の熱は、〈神の善〉です。




現代にも、霊界を証しする人がいます。

「人は死なない」という本を書いた矢作直樹氏。
先日はテレビにも登場したようで、
今、『時の人』になっていますが、
彼は、東大医学部の教授であり、
東大付属病院の現役医師です。
(東京大学大学院医学系研究科・医学部救急医学分野教授                     
医学部付属病院救急部集中治療部部長)

矢作教授は、仕事柄、
生命が助かるか助からないか、
そのような患者たちを対応するわけですが、
助かるだろうと思っていても、助からなかったり、
また、難しいだろうと思っていても、
奇跡的に命が助かることもあるそうです。

また、ご自身も、学生時代山登りに夢中になり、
ある登山のとき、滑落したのですが、
奇跡的に助かったそうです。
そのときに、山から「もう来るな!」
という声がしたそうで、
その声を聞いてから不思議と山に登りたいという気持がなくなり、
登山をしなくなったと言います。

また、お母さんを亡くされた後、
知り合いの霊能者に霊媒をしてもらう経緯となり、
そこでの会話が、生前のお母さんであると
実感せざるを得なかった、
そんな体験も持たれています。

そして、言われるのが、
「肉体は滅んでも
私たちの本当の体である魂は
永遠に死なない」ということです。



アメリカでも、ハーバード大学での教職歴のある
優秀な医師が、自らの臨死体験を記した著書を発表し
米誌ニューズウィークにも取り上げられ
話題になりました。

また、元ハーバード大学の科学者で脳の専門家が
やはり臨死体験をし、
精神世界のことを、専門の話も交えて
説得力のある話をしているとのこと。

今後、こういう方々がますます増えてきて、
霊界のことを証しし、
解明していくのではないか、と思います。

いずれにしても、霊界は存在します。

そして、お父様は霊界におられます。

したがって、霊界の存在に対しても
さらに地上においても取りざたされる
そのようなことが増えていくことでしょう。
また、霊界も整理されつつあるに違いないと思うのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお父様のみ言

今に超感覚的な時代が来ます。
霊通しない人がいない時が来ます。
サタン、悪魔が今襲撃していますが、
善なる霊たちが襲撃する時が来るのです。
そのような道を築くために、私がこうしているのです。

 誰が否定しても、行かざるを得ない道です。
死の道は、行かざるを得ないのです。
一人で行くようになるときは、どうしますか。
荒涼とした霊界が繰り広げられればどこに行くでしょう。
国籍がない民族はどこに行きますか。
一番恐ろしい世界になります。
そこにはサタンが来るだろうし、
そこには天使も来るでしょう。


「地上生活と霊界」より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする