2013年07月19日

(証し)CIG復興団の霊的背景は真の御父母様!! 天運の中で出会う喜び!


75552_475989799117596_595597016_n.jpg


私たち祝福家庭の先頭として、
(キリ)の先端のような立場で歩んでいるのが
CIG復興団です。
真のお母様が直接命名してくださり、
とても天運のある中、みんな頑張っています。

近くの教会に寄せられた証しをいくつか紹介します。


初めてペアで家に上がらせていただいて、
一緒に書写をすることができた証です。
出発の動機となった出来事は、前日にありました。
その日はいつものように3歳の息子を保育園に迎えに行きました。
その帰り道、「おなかがすいた」と息子が言うので、
息子と私の分のパンを2つ買いました。
息子が1つ食べた後、おなかがすいている様子でしたので
「ママのもあげるね」と渡したところ、
「ありがとう、今度はぼくがママのパンを買ってあげるね」
と言ったその息子の言葉に感動しました。
息子の親孝行したいという心が伝わり、
私も神様にすがる私ではなく、
与えられた任地に責任を持って神様に孝行していきたいと思いました。
 
次の日、朝の出発式において教会長から
「楽しくワクワクする気持ちで歩んだら、良い人と出会えます。
とにかく、最初の出会いで一緒に書写をその家でできる人に会ってください。」
というみ言をもって出発しました。
断られ続ける歩みの中ですが、
「自分はどう思われても良い、
この人の幸せのために話し続けてみよう」
と思っていた時に、出会いがありました。
出会った方はおばあさんでしたが、
これまで按摩のお仕事を何十年とされている方で、
「家の中で一緒に書写を書きませんか」と言うと、
快く家にあげてくださり、家の中で一緒に書写をすることができました。



真のお父様の自叙伝を持って自分の任地を一人で歩んでいる時、
たまたま一週間休みで家にいたと言う73才の男性に出会いました。
工務店をされていた方で、今は息子さんが社長ですが、
まだご自分も仕事はしているそうです。
この方はかつて、久保木修己初代会長と御一緒に、
勝共連合の全盛期に韓国での講演会に参加されたという方でした。
自叙伝も読んでみると快く受け取って下さり、
「教会は今どうなっているかずっと気になっていた」
とおっしゃっていました。
教会の場所を教えると「そのうちに行くよ!」と言って下さいました。



先日、任地を訪問で回っていたところ、ある婦人に出会い、
自叙伝を読んでいただくことになりました。
この方は地元でも有名な家で、亡くなられた御主人は
かつて大臣をされていた方です。
後で分かったのですが、
以前は女性連合にも協力してくださっていたみたいです。
自叙伝を紹介すると、
「いただくのは私の主義に合わないから…良く読んでみるから」
と言われ、購入してくださいました。
CIG復興団の霊的背景は真の御父母様であると思う時、
普段は会うこともできないような方と出会わせていただくように、
霊界からの大きな協助をしていただき歩めるのだと感動いたしました。
今後とも、更に大きな希望と勇気をもって
真の御父母様を証していきたいと思います。
ありがとうございました。



私の所属する教会でも
地元の名士と知人の方がいて、
今までは教会を証しすることが出来なかったけれど、
CIG復興団に所属しているという思いを持って
思い切って教会を証したら受け入れてくださり、
自叙伝も快く受け取ってくださった、
そのような証しがありました。

天運があることを信じて、
これからも取り組んでいきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお母様のみ言

天の摂理をより大きく発展させるために、
私たちは本当に貴い立場に立っています。
永遠なる生命として生み変えられた私たちです。
この立場が、いかに貴い立場であり、
誇らしい立場でしょうか。子孫が永遠に
顔を上げて生きていけるようにできる栄光の立場に
皆さんが立っているということなのです。

正しく立った一人によって世界が回るようになっています。
その中心の隊列に、
皆さんが立ったということを忘れないようにお願いします。


「女性が先頭に立って進むとき」より
天暦3月11日(4月20日)



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする