2013年08月22日

明日、聖和1周年!! お父様を偲びながら・・・ 《妻が捧げる追慕詩》


526839_702177639809346_532045625_n.jpg


真のお父様の聖和1周年に際し、
妻が追慕詩を作りました。



月を見ていました
満ちては欠けて、欠けては満ちる
その意味を教えてくださったあなた
月の傾き方で暦が分かり、消え方で時が分かる
月は太陽の反映 真理の光を映す鏡
人だけがその神秘を知り
人だけがその美しさを記憶する
月を見ながら涙し誓った日々を
誰よりもご存知だったあなた
あの夜の月の明るさを
覚えていらっしゃいますか

星を見ていました
無数に輝く星にも 生命(いのち)があり
一つひとつの星に 故郷(ふるさと)がある
この満天の星は 奇跡の結果
そして過去に光っていた 魂の証し
あなたが星になって現れるのは
過酷な人生を生ききった 勝利の印
一番星は あなたの息子 二番星は あなたの娘
北極星のように ぶれない位置を示し、
明星のように 誰よりも明るく光る

太陽を見ていました
昇る朝日は希望を目覚めさせ
昼間は惜しみなく日差しを降り注ぎ、
焼けた夕陽は 慰労を与えてくれる
私たちに、明るさと温かさ、時に熱さを教えてくれました
眩しくていつも下を向いていた私たちの 
穢れを すべて拭ってくださったあなた

今にして思います。
朝日がのぼり 夕日が沈む、
それがいかにありがたいことか
いかに当たり前で いかに貴いことか
そして、忘れてはいけないことは、
たとえ雲が厚く覆った日も、
その上では太陽が燦燦と輝いていること

あなたは、時に月、時に星、そして常に太陽のように
今もここにいて笑ってくださる

月を見ていました
星を見ていました
太陽を仰いでいました
そこにあなたがいるから

月に星に太陽に、あなたを想います
空に海に大地に、あなたを感じます
朝に昼に夜(ゆうべ)に、あなたに祈ります

春は花のほころぶのを見て
夏は葉が茂るのを見て
秋は紅葉(もみじ)の赤に染まり
冬は雪の白さに浄められ
雨に 風に 飛ぶ鳥に、あなたを偲びます

老いた親の背に、あなたの姿を重ね
兄弟姉妹の声に、あなたのみ言を聞きます
子どもたちの笑い声を 共に聞いてください
愛する人の微笑を 一緒に心に焼き付けましょう

この宇宙より大きい
この大自然より美しい
天一国で 共に住みましょう

月を見ていました
星を見ていました
太陽を仰いでいました
そこにあなたがいるから

月に星に太陽に、あなたを想います


「月に星に太陽に、あなたを想います」



とても素晴らしい詩だと思います。

いよいよ、明日に迫ったお父様の追慕式。
月を星を太陽を見ながら、
お父様を想っていきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

最初に神様に出会ったときの喜びの心、
最初に決心したその心、
それがいつも、
さらに強まっていかなければなりません。
そのためには、祈祷しなければなりません。

一人で静かな所に行き、
月を見つめて感謝し、
あらゆる自然と呼吸できる心霊的生活、
祈祷生活が必要です。それは、
ご飯を食べることよりももっと貴いことです。
寝ることができず、
座って夜を明かすことがあるのです。


文鮮明先生のみ言葉「 天運を呼ぶ生活 」
神様の贈り物 より 




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

(証し)涙が止まらない! お父様はお母様と共におられる!!


13580_709060179121092_1102640851_n.jpg


アメリカ在住の知人が
神明先生の証しを紹介してくださいました。
内容は「お母様とともにおられるお父様」です。
ほんの一部、割愛しています。


今回、韓国で天一国憲法の国際公聴会が開かれ、
私もアメリカ代表の一人として招待され、
それに参加するために訪韓して来ました。
その期間中に、天正宮でお母様と共に会食をする恵みに与りましたが、
その時、お父様が霊的にお母様と共にいらっしゃるのを
はっきり目撃しましたので、ここに報告したいと思います。

現在、教会内では様々な論争が生じています。
食口の間で激しい論争がなされ、教会が混乱し、分裂の兆候さえ見られます。
それ故に私も心を痛めておりましたが、
このような時には人の意見ではなく天の意見を知らねばならないと思い、
ここ一ヶ月は祈ってばかりいました。
今回は、無知なる者が真実に飢え渇き、
天に切に祈り求めるような思いで韓国に行って来ました。

お父様が生前に毎朝の訓読会に使っておられた天正宮の部屋に、
食卓が並べられていました。
国際公聴会参加者である私達一同は、
お母様がそこに入って来られるのをお待ちしていました。
いよいよお母様が訓読士のウォンジュさんと
警護官の男性の方と共に三人で部屋の入り口から入って来られた瞬間、
入り口のすぐそばのテーブルの席にいた私は、
お父様も共に入って来られたことを示すお父様独得の霊的波動の衝撃を受け、
それが余りにも強烈だったので、泣いてしまいました。
お父様独得の咳払いすらも感じました。
恥も外聞もなく大声で号泣するところでしたが、
場所が場所なので、やっとのこと声を殺しながらしばらく咽び泣きました。

食事中に、同じテーブルに座ったウォンジュさんに、
私のこの体験を話しましたら、彼女も急に泣き出し、涙で目が真っ赤になりました。
泣くのを堪え切れなくなって、彼女は席をはずして出てしまいました。

私はお母様の一部始終を観察しました。
食事をされる仕草、報告を聴かれるご様子、
み言を語られる時のお顔などを拝見させて頂きましたが、
正直いって、お父様を霊界に送られたお母様には
一種の弱々しさのようなものを感じました。
決してご自分なりに快活ではあられないようなご様子でした。
しかし、だからこそ、そこにはお母様ご自身の力ではなく、
神様と真のお父様の協助の力が無限に働くようになっているのだと私は直感しました。
その時にお母様は私達にみ言を語って下さいましたが、
お母様の一見して弱々しそうな物腰からは、
お父様からしか来ないような強い確信の波動を逆に感じました。
なので、お母様もお父様と同じような強い確信を持っていらっしゃるのです。

これが今回の訪韓で頂いた最大の収穫でした。
不足なこの身の祈りにも神様は答えて下さったのだと思います。
公聴会では様々な専門的な議論も出ましたが、それ以上に重要なのが、
お父様とお母様は一体となっていらっしゃる、という本質的な点だと思います。
今でもお父様がお母様を通して全てを取り仕切っていらっしゃるのです。
これさえしっかりと分かれば、統一教会を混乱させ
分裂させるような全ての問題は氷解すると思います。
自信を持って進もうではありませんか。



素晴らしい証しですね。
誰もがお母様とともにいるお父様を感じられれば、
何の問題もないのだと思いますが、
こういう方の証しを通して
私たちも恩恵を受けていると感じます。
霊的には見えなかったとしても、
証しに感動するのは、不思議なことです。

あさって行なわれるお父様の1周年記念式典。
間違いなく、お母様とともにおられるお父様だと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

真のお父様のみ言

神様は正に不可能なことをせよと命じられたのです。
それをしなければならないのが
メシヤの役割というのです。
あなた方の中で
メシヤになりたいと思う人がいるでしょうか。
メシヤたる者は神の命令によって
普通の人の目には気違いのように見えることさえも
しなければならないのです。
決して生易しい仕事ではありません。
それをなし得るのは愛の力だけです。
真の愛は時間、空間、そして歴史を超越するからです。
神様は愛を最高のものとして創造されましたから
真の愛は何者にも支配されないのです。


愛のシンフォニーB
「 主の道 」
写真で見る文鮮明氏の路程 より



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

韓国の新聞に掲載! お父様の聖和1周年を前にして明かされる偉業?!


198279_152663_5137.jpg


ファミリーフォーラムに以下の記事がありました。

(連合ニュース)“DMZ平和公園、文鮮明総裁も提案していた”

韓国の一般の新聞に掲載された内容です。
前半部分だけ掲載します。



ヤンチャンシク(梁昌植)統一教(現在の世界平和統一家庭連合)
韓国会長兼統一グループ総会長は23日、
文鮮明総裁の陰暦(7月17日)の一周忌を控えて12日、
ソウルのプレスセンターでプレス懇談会を開いてこのように明らかにした。

南北の平和と統一のために努力した文総裁が
2000年6月の国連総会で、DMZ(DeMilitarized Zoneの略:非武装地帯)
平和公園を造成しようと北朝鮮に提案したのだ。

DMZ平和公園は朴大統領が推進していることで、
パク・サングォン(朴相権)平和自動車社長と最近会談した
北朝鮮のキム•ヤンゴン(金養建)労働党統一戦線部部長は、
“開城工団がよくなればDMZ平和公園の造成もすることができる”
と述べたことを明らかにした。

文総裁は、1993年に統一教会幹部をエギボン統一展望台に連れて行って
北の地を眺めながら平和公園造成の夢を明かしたと梁会長は伝えた。
現在の統一教会を導く文総裁の夫人韓鶴子総裁は、健康な方で、
多忙な日程を送っているという。

韓総裁は、特に文総裁の教えを盛り込んだ
天一国経典の編纂を重点事業として推進している。
この聖典は、文総裁の思想をテーマ別にまとめた“天聖経”、
講演内容をまとめた“平和経”、
文総裁夫妻の生涯を描いた“真の父母経”の3巻からなっている。

韓総裁は、奨学財団をはじめとする教育・文化事業や
多文化家庭支援事業にも大きな愛情をみせている。

梁会長はお金が入れば奨学財団に注がれる。
昨年の文総裁の聖和(死去)に集まった基金は全額奨学事業に入った。
現在5万人と推定されている多文化家庭の子どものうち2万人が
文総裁夫妻の祝福の中で生まれた子供達だ”と説明した。


一般の新聞が、
朴大統領が推進するDMZ平和公園が
お父様によっても既に提案されたものだと明かし、
天一国経典のことまで掲載されているのです。
後半には全国自転車縦走についても書かれています。

また、多文化家庭(国際家庭)のうち
2万人が祝福家庭の子どもたちなんですね。
お母様が教育に力を入れられる成果は
いずれ大きく表れるに違いないと思います。

自叙伝に以下の記述があります。



私たちが精魂込めて準備していることがもう一つあります。
他でもなく、イスラエルとパレスチナの居住地域の真ん中に
立派なサッカー場を造ることです。

二つの国の子供たちを相手に、
ヨーロッパの有名なコーチを呼んで
サッカーアカデミーも開く計画です。
このような活動を通して、
大人たちは互いに銃口を向け合っていたとしても、
子供たちはサッカー場に集まって
ボールを蹴るようにしようと思うのです。

多くの人が非現実的だと首を横に振りますが、
私たちは必ずやり遂げます。
今もイスラエルの長官はサッカー場を
イスラエルの地域に造らなければならないと言い、
パレスチナの長官は自分たちの地域に
造らなければならないと言い張っていますが、
私は必ず二つの地をつなぐ所に造ります。
私は周囲の圧迫に押されて夢をあきらめる人ではなく、
頑固一徹の意志で夢を成し遂げる人です。




平和統一に対しては、
徹底的に成し遂げようとされる
真のお父様であると思います。

霊界のことはわかりませんが、
真のお父様と金日成主席は地上で会っていますし、
金正日総書記は父親が真のお父様を慕う姿を
知っています。

霊界で南北統一の動きが促進されれば、
地上にも働きかけられるに違いないのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする